修羅場・衝撃的の記事一覧

         
2020年08月07日

916 :修羅場な話 2010/03/26(金) 10:13:56 ID:O5AGpj+F
毎年、今頃になると思いだす笑い(?)話

4月の半ばに突然「○弁護士事務所」から電話がかかってきた。
内容がさっぱりわからないが、要するに私は友人A子に訴えられるらしい。
びっくりして職場の弁護士さんに相談、対応してもらった。

当時、私は結婚したばかりだけれど、旦那が1年間の海外赴任
(海外赴任が決まったから籍を入れた、とも言う)
親元から出てはいたが、近所のアパートで独り暮らし
好きに暮らしているように見えたんだろう

すべて委任して相手との対応は弁護士経由、としたためか、
私が忙しくて職場の近くに引っ越してA子の近所にいなくなったためか、
ここでよくあるようなA子の凸はなかった。

ことの発端はその数カ月前、A子と道端で出会ったときに
A「忙しい?」
私「うん、でも、子供いないし、休日は一人だし」
A「子供がいると自分の時間もとれないよ~。母親が入院してもう、毎日が修羅場」」
私「大変だね~。何かあったら手伝うよ」(社交辞令)
みたいな会話(だったらしい)
で、A子は子供を預けようと我が家に来たが、私は仕事に行ってて当然留守。
何回来ても留守(休みも4週9休みたいな形で週末じゃなかった)
私の実家に凸するも、偶然、両親旅行中
頭にきて、らしい。
怖いのは『私が子供を預かります』という署名捺印した契約書をいつの間にか作っていたこと。
条件が事細かに書いてあって、相手の弁護士さんもそれを根拠に契約不履行ということに。



         
2020年08月07日

550 :修羅場な話 2017/01/24(火) 01:40:25 0.net
25歳の頃、繁華顔を普通に歩いていて転んだ
「アイタタ」と思って目を開けたら病院のベッドで寝ていた
気づいたら身体が動かないし声も出ない
私はパニクってしまったが、どこかで「転んで気絶して病院」と思ってはいた
看護師がきて「あ!」と一言だけ言って部屋を駆け足で去っていった
5分もしないうちに医者や他の看護師も3人ほど駆けつけてきた
医者の話だと私は2年意識がなく遷延性.意識障/害と診断され
この病院に移されたそうです。そこは私が住むところから車で5時間かかるところでした

私は転んで後頭部を打ち気絶
脳内出血で手術をしたが意識戻らず
3ヶ月目で遷延性.意識障/害と診断され親戚(両親は鬼籍)に延命処置か安楽タヒか選択したら
みんなが諦めて安楽タヒを選択したら妹だけが猛反対し延命処置になった
これを聞いた時が自分の中の修羅場だった

そして2年間妹が婚約者との縁談を断り私の介護をし続けていた
妹は会社を辞めこの病院の食堂と清掃婦として働いていた
慰謝からはなしを聞いて妹が駆けつけてきて手を握って「よかった!よかった!」と
何度も囁いていた
それからリハビリ受けて半年で退院
生活に多少師匠はあるが一人で生活できるレベルにはなっていた
私は妹の元婚約者のところに謝罪しに行った
元婚約者は「元気になって良かったです」と言うと
そのあと信じられない事を言った
「もう一度妹さんにプロポーズします。妹さんを僕に下さい」と
婚約者はずっと妹を待っていた。影でも妹にわからないように助けていた

私は即答で「もちろんだ!妹をよろしくお願いします」と返した
気づいたら号泣していた

そして先月妹が式を挙げた
妹は世界一綺麗な花嫁になった

         
2020年08月07日

446 :修羅場な話 2016/10/04(火) 17:17:20 ID:mtg
まだ学生で一人暮らししてた時、体調悪くて1人で寝込んでたんだけど、夕方頃窓開けたままうとうとしてしまった。
なんか布団に猫かなんかが乗っかってきたような感じがして目を覚ますと、いつの間にか夜中になってる真っ暗な部屋の中、ベッドの上の自分の足元にパソツ1丁のおっさんが四つん這いになってた。
しかも普通の男性.もののブリーフとかじゃなく、紐パン。
一瞬お互いに硬直して向こうが少し怯んだ、と思った瞬間相手の首を両手で締めてた。
おっさん焦ってて
「いやいや、何もしないから!何もしないから!」
て両手ぶんぶんしながら叫んでた。
けどもうこっちも自分の行動や今の状況にパニックになりすぎてて、首にかけた手を離さずに
「いやいやいやいやここでなにしてんですか」
と聞いてた。
すったもんだあって無事ベランダからお帰り頂いたけど、帰った直後に腰が抜けて手が震えてほんとにあれほど恐怖だったことは無い。
おっさん何故かパソツ1丁で入ってきたくせに「見られたくないんで…」とか言ってお気に入りのブランケット羽織って体隠すし(もちろんその後泣く泣く捨てた)
帰ってください!って言って玄関まで追い込んだ後に(あれ?おっさんネ果じゃん?靴は?)とか変に冷静に考えて
「え、どっから入ってきたんすか?」
「あ、ベランダから…」
「ならベランダから帰ってくださいよ」
みたいな会話があったり
人に話すと何故か爆笑されるけどほんとにあれほどびびったことはないよ…

         
2020年08月06日

1 :修羅場な話 2015/11/21(土) 10:23:27 ID:tYt
書き溜めしてないから遅いが愚痴を聞いてくれ

友人から美味しいラーメン屋の話を聞き行ったんだが・・・
開店してすぐだったので人はまだ2~3人という感じでとりあえずカウンターに座って
店員に一番のおすすめを聞いて注文しました
直後女性.客(以下キチ婆)が入店 席はがらがらなのになぜか俺の横に座る

店員「いらっしゃいm キチ婆「うるさい!塩!大盛り!チャーシュー!味玉!以上!」
店員「は、はいかしこまりました・・・」

何ぞこの婆と思いながらもとりあえず無視してたらカメラであちこち撮り始めた連写で
あまりに異質で他のお客さんも気がついてそっと見たり店員さんも厨房からこっちを見たりシてました
同類だとは思われたくなく席を少しずらすとキチ婆は凄い鼻息立ててこっちを睨んだり舌打ちしてましたが関わりたくない
ので無視しました

         
2020年08月06日

274 :修羅場な話 2013/11/23(土) 12:38:37 ID:h/bJmTOK
一年前に義母が夫の前歯を折ったこと。夫が怒声をあげてきれるところを初めて見た時が修羅場かな。
書き込みは初めてで、文章を書くのも苦手なのでわかにくいかもしれないけれどご容赦ください。

夫の実家は新幹線を利用しなければ行けない距離なので、帰省するのも年に二回か三回くらいです。
夫の実家は義父母と義姉で住んでいるのですが皆さん私に対してもすごく良くしてくれます。
いつも四泊から五泊くらいさせてもらうのですが、ずっと家にいても暇だろうと近くの観光スポットや遊べる場所を教えてくれ車も貸してくれます。
去年もGWをすこしずらして夫の実家に遊びに行き、遊びに行く場所も決めていたのですが、夕飯の際に義母が「明日はどこにいくの?○○に
行けば今は~~があるし××では~~もやってるよ」といろいろ教えてくれました。

         
2020年08月06日

576 :修羅場な話 2020/01/05(日) 01:11:24 ID:i3jnRCVv0.net
年末に娘の不倫相手の奥さんから慰謝料請求されてるのがわかって俺は娘に自分で払えと言ったのだが、嫁は俺が払ってやれと言ってきた
娘は成人してるので自分で責任を取らせるのが当然と俺が主張したのに対し、嫁が長い人生「誰だって」一度位不倫する事はあるといいだしたのでお前してたの?と聞いたら一回位はあるわよと言われて俺呆然
こいつらと縁切りたい

         
2020年08月05日

685 :修羅場な話 2013/04/29(月) 23:40:17 0
あまりに初潮が遅いので妹を病院に連れて行ったら
弟だったことがわかった

         
2020年08月05日

840 :修羅場な話 2011/06/25(土) 19:37:42 0
義実家は不動産管理とちょっとした事業で十分食べていける小金持ち。
後妻であるトメの実子はクソコトメだけで、うちのダンナは前妻の子。
なので小さい頃から差別されて来たらしい。
そんな環境で育ち、クソトメに負けるとも劣らないクソに成長したコトメは
2年前に父親の知れない子残してホストに入れあげてドロンした。
今では消息さえ誰も知らない。関西の某夜の街で風呂に沈んでいると言う噂も聞いたが
本当かどうかも誰も確かめにいかない。クソトメも同じ。
ヤツが残した姪は(今3歳)、クソトメのストレスのはけ口となっていて、
いつもそこら中に小さなあざがある。
何度か児相に話したが、クソの外面が良いのとウトが今でもトメ大好きなこと、
さらに悪い意味で田舎なので、なあなあにされ助けてやることができない。
一度我が家で引き取ろうとしたら誘拐だと騒がれ、ダンナが警察に連れて行かれた。
ここまで前提。
ここから先はちょいフェイク入ります。

で、先週その姪の誕生日。
せめてケーキとごちそう持っていって祝ってやりたいとクソたちに頼み込み、
4日間かかって丁寧に丁寧に仕上げたのを持って、友人も一緒に義実家へ。
リビングにずらりと並べたのは、芋虫のからあげ・ミミズのポトフ・なめくじサラダ・
かぶとむしの幼虫のくずかけとてんとう虫のケーキ。
虫大嫌いなウトメは悲鳴を上げ、虫大好きな姪は喜色満面。
一歩もリビングに入れないウトメ尻目においしーね、おいしーねと
食べてくれました。


         
2020年08月05日

110 :修羅場な話 2019/09/12(木) 13:41:11 ID:Otl
個人でやってる皮膚科医院の待合室で待っていた時の出来事。
杖をついた男性.が入ってきたな~と思うと、30代ぐらいの女性.(以下、女A)があとから入ってきて
男性.を追い抜くように前に割り込んで受付に立った。
男性.はちょっとビックリしたふうによろめいたが、女Aの後ろに並んだ。
この時点で、女Aやな感じだなと思って見てた。
が、この後、女Aと受付の女性.との間で一悶着。

女A「掛かりつけの皮膚科があるんだが、何故か今日は混雑してて
   1時間以上の待ち時間になるらしい。仕事があるのでそんなに待てない。
   明日から旅行なので薬を今日中に貰いたい。なのでこちらで処方してくれ」
受付「それは構いませんが初診ですので診察を受けて貰わないと」
女A「時間がない。薬だけ出してくれ」
受付「それは出来かねます。診察を受けてください」
女A「なら今すぐ診察しろ」
受付「8番目になります」
女A「だから急いでるって言ってるだろう。今すぐ診察できないなら薬だけ出せ」
受付「ですからそれは無理です」
女A「患者は暇なやつばかりじゃないんだよ」

女Aの方は意味優先で書き起こしたが、とにかく口が悪かった。
この辺りで後に並んでいた男性.を気遣って、受付の女性.が女Aに「ちょっと失礼します」と断って
男性.が手に持っていた診察券を受け取った。

女A「診察受けるって言ってるだろう?ただ急いでるから先にしてくれって言ってるだけで!」
受付「順番ですから」
女A「8番も待ってる時間ないっていってんだろ!」
受付「いえ、9番目です」
女A「もういい、二度と来ない」

「9番目です」でなんかワロタw
それにしても、いい年して初めての病院で診察なしで薬を出してもらえると思ってるのが驚き。
ドラ○グストアでもあるまいし。

         
2020年08月04日

401 :修羅場な話 2016/07/10(日) 13:07:00 ID:qTjb1O2P.net
☆★汚ネタ注意!!(特にカレーを食べている、あるいは食べようとしている方)☆★

高校の頃、休日に出掛けたところ、理由は忘れたが腹を下してしまい、
ウ〇コが我慢できなくて早く家に帰ろうと歩いていたら、途中でヤンキー達に絡まれた。
「なんだおまえビビってんじゃんwww」と言うので「お腹壊してるから勘弁して」と正直に言った。
するとヤンキーの一人が「腹壊してんの?www」といきなり腹にパンチ。いきなりウ〇コ漏らした。
「こいつ臭ぇwwww 」と腹抱えて笑うヤンキー共。

高校生がウ〇コ漏らしたら、もう何も恐いものは無いってことで、人生で初めてキレて向かって行ったら
「こっち来んなwww」とヤンキー共は笑いながら逃げてたけど、こっちの尋常じゃない表情と異常なほど
速い走り(当時短距離の選手)に真剣な表情で「こいつマジやべぇ」と真剣に逃げ出した。

ところが当時のヤンキーはズボンをズリ下げて履くのが流行ってたのでまともに走れず、現役の陸上部に
アッという間に追いつかれ、さらに足がもつれて転んだ。殴ろうかと思ったが、それよりもこの恨みを
晴らさずにおくべきかと顔面騎乗。さらに腰を振った。まだまだ在庫は残ってるのでもう一人のヤンキーも同様の刑に。

2人の顔がウ〇コまみれでゲロ吐き出したところで残り2人が降参。何しろこっちは下半身ウ〇コまみれ。
つかみかかることも蹴ることもできない。ヤンキーのくせにウ〇コにびびるとは。

ズボン用意させて勘弁してやったけど、もうね、狭い街だから噂はアッという間に。男連中からは尊敬されたが
女が誰も寄りつかなくなった。卒業して地元を離れて、もう長い間戻ってないが後悔はしていないと思いたい。

最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー