義実家の記事一覧

         
2020年04月02日

882 :修羅場な話 2017/07/30(日) 22:56:25 ID:17aGQpW80.net
結婚して一週間弱だけど夫の父親からメールがきたんだけど怖すぎる

子供は1年以内に作ること
毎日30品目以上の食事を作ること
出勤前に忘れ物がないか妻として必ず確認すること(アイロンをかけたハンカチを2枚必ず持たせる)
妻として恥のないように外出時は必ず化粧をして体型も生涯維持し続けること
これら上記のことが出来なければすぐさま離婚するように

と来た。何これ すぐさま離婚したくなってきた・・・


         
2020年02月01日

214 :修羅場な話 2008/04/22(火) 23:21:46
422 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2008/04/20(日) 01:40:30 ID:nJof7mBr
同居している舅が癌で亡くなった。
壮絶な介護生活をしてきた姑が
通夜の最中にタヒに顔を眺めながら
「あぁ、楽になった…。」
とニッコリ笑って顔に布を被せた。
それを見た息子(4歳)が慌てて布を取り払う。
「じぃじ見えなくなっちゃうでしょ!だめ!」

今迄、気丈に振舞っていた姑が泣き崩れた。
「お父さん!お父さん!」
遺体に取りすがって号泣だった。
その取り乱しように子供も吃驚していたが
ずっと姑の背中を撫でていた。

         
2020年01月19日

440 :修羅場な話 2017/07/20(木) 01:21:41 ID:SNIXjHrL.net
先日旦那が仕事の日に姑がうちへ来たんだけど
子どもが寝てたから二人で話しながら子どもの
映ったホームビデオ見てた
その後子どもを起こして帰ったんだけど
次の日舅から旦那にメール
昨日お母さんから悲しくショックなことがあったと聞きました
初節句のお祝いに嫁家だけ呼んだのですか?
順序が違うんじゃないですか
そのビデオを見せられたお母さんの気持ちがわかりますか
って他にも長々と書いてあったんだけど、初節句は親子三人でしかやってない
ホームビデオで初節句のシーンの次が、翌日私家の家族が来たシーンだったので勘違いしたみたい
以前から早とちりしてこっちを責め、勘違いだとわかった後も謝ってこなかったから旦那ぶちギレ
初節句は家族三人でしかやってない、勝手に勘違いしてくるのいい加減にしろ、二度と連絡してくるなって返信してた

旦那グッジョブ

         
2019年12月10日



860: 名無しさん@HOME 2013/01/27(日) 23:02:44.97 I
正月に義実家に行ったときに、
夫がそろそろマンション買おうか迷っていると話題を出したら、
義母が言った。
「嫁子さんの実家は都内の一軒家なんだから、
住まわせて貰えば良いじゃない。わざわざマンション買うなんてもったいないわ〜」

旦那は四兄弟、私は一人っ子。
私の父は昨年亡くなって、実母は1人暮らししている。
私の母と同居を勧めてくれるなんて、優しいトメさんだなぁと思ってた。

しかし後日、義母が実母に用事があって電話したとき、雑談していたら、
「そろそろお仕事は引退なさったら?こちらには安くて良いホームがありますよ」
と実母にニコニコ言ったそうだ。(義母は隣県の田舎住み)

あ、そーいう意味だったの??\(^o^)/
息子にベストな環境を用意したい気持ちよく分かるけど、
実母に直接言うな。



         
2019年12月10日



119: 名無しさん@おーぷん 2016/05/01(日)20:44:21 ID:???
>お前ら結婚しろ

白無垢提供するわ。
姑に染められたけどねっ



         
2019年11月22日

213 :修羅場な話 2013/11/28(木) 00:21:47 0
一言ではないのですが。
新婚時、義理実家に夫婦で呼ばれて行くと姑が
「お昼ごはん作って頂戴、材料はこれ、メニューは○と□と」と言い出し、あんま料理得意じゃないので
やだなあーと思いながら作りはじめると、姑が
「だしの引き方も知らないの?」「アジもさばけないの?」と呆れ顔。
確かに私の料理知識はかなり適当ですが、上から目線過ぎてイライラした。
教えてあげるから見てなさい!これからしばらくは毎週末に来なさい、と言われ
うわーやだーと思って
「ありがとうございます、ごめんなさい毎週末は無理です、平日は私も夫さんも仕事の帰りが遅くて
掃除とかありますし」と断ると
「主婦がそんなことでどうするの?恥ずかしいと思わないの?」とかなりきつくお説教。
カッとなって「うちは共働きです。家計は折半、家事も折半です。
私に仕込んでくださるなら夫さんも一緒にお願いします」といって
リビングでオロオロしてる夫を呼んだ。
姑は「息子はいいでしょ、一家の大黒柱なのよ」
すると夫が「いや、嫁子も俺と同じくらい稼いでるし。オレも料理覚えたいからよろしく」
しぶしぶ姑は私達二人に教えてくれた。
夫は「へー」とか「マジで」とか言いながらちゃんと聞いて、最後にできたご飯を食べながら
「母さんがこんな手間ひまかけて飯作ってくれてたなんて知らなかった、
改めてありがとう」と言うと姑はすっごい嬉しそうに
「い、いいのよ、でもお父さんはそんなふうに言ってくれたことないわあ」

その後は毎週末じゃないけど、ときどき二人で姑に料理を教わっています。
リビングでオロオロしてる時は
「嫁いびりか!?女の戦いか!?男の俺は出て行くべきなのか」
と迷っていたとかで、ガッツリ締めておきました。

         
2019年11月14日



622: 名無しさん@HOME[sage] 2014/02/17(月) 12:36:22.11 0
トメが自分自身の皿を用意しない。人の皿から食べる。

最初に旦那実家でごちそうになった時、食卓には
ウト・義兄家族・私夫婦・コウトくんの分しか出てなくて
トメのが無い。席すら無い。なのに皆普通に食べ始める。
びっくりしてその場で理由を聞いたら、
うちは昔からこうだから良いのよ~ってトメ笑いながら
丸椅子を持ってきて、好きなとこに入り込んで
その人の皿から勝手に取って食べる。手づかみで!!
暫くすると移動して、又別の人の皿から食べる。
5~10分くらいそうやってつまみ食いして終わり。
皆、何も言わない。トメは又お勝手作業に戻る。

結婚前は旦那家族とは外食しかした事無かったので
知らなかった。ちなみに男尊女卑とかはない普通の家庭。
男ばかり大人数の家庭だったから忙しいのかもしれんけど
すっごい下品で、無理。
別居だから気にしないようにしてたけど
遂に私の皿にまで手を突っ込んで唐揚げパクリ、
こっちを見てウフフッって笑った。



         
2019年11月09日



408: 名無しさん@HOME 2009/10/13(火) 15:56:09
思い出した身の上話。 

元夫の実家はけっこう古くからの家で 
「戦争で空襲に遭っても無事だった」 
「幕末には前線基地として使われた」 
がウトトメの自慢。 
別れることになってその家を出るとき 
「二度とうちの敷居をまたぐな!」 
って云われたから、 
壁蹴破って出てきた。 

なにせ別れた理由が、ワタシが空手黒帯で
他にも格闘技修めてて
「うちの跡取りにそんな野蛮な!」
ってさんざんいびられたから。
男の子を産んだらちょっとは扱いよくなったけど、
ワタシが家事の合間に筋トレ修練続けてるのを見て
青ざめたトメがワタシの息子抱いて
「孫にそんな真似はさせない! 出て行け!」

あーほしかったのは跡取りかぁってなんか冷めた。ていうか覚めた。もしくは醒めた。
でも、別れ際にアレでムナクソ悪かったからちょっと蹴破ってみました。

嫁いだ当時から「これくらいなら……」って自信はあったけど、
やってみたらあっさり壊せて、むしろ拍子ぬけ。
「米軍でも長州軍でも壊せなかった」と
さんざん自慢していたおうちをワタシに壊されたのはご近所に知れ渡って、
それからウトトメのおうち自慢は出なくなったらしい。



         
2019年10月30日



487: 名無しさん@HOME 02/09/02 11:24
義母が許せないので、みなさんの知恵を下さい。 

うちの子は食物アレルギーがあり、食べると蕁麻疹がでます。 
たまに義母と食事に行くのですが、義母は勝手に 
「これは食べられるわ!!」と、自分の箸で料理を取り分けてきます。

アレルギーが心配で、食べたことないからと断ると 
「最近は細かいねぇ。」と、うるさいお母さんねと言う感じで言われ、 
ムッと来ることがしばしばありました。 
姑はもちろん、蕁麻疹がでたところを見たことありません。 

先週の日曜日に、トロロご飯のお店に一緒に行ったのですが、 
私は「山芋は食べさせたことがないので、離乳食を持ってきた」 
と言っているのに、義母は「芋でアレルギーなんて聞いたことないわ。」 
と言ってしつこいので、食べさせることになりました。 
もちろん、食べさせるのは姑。当然のように子供は姑の隣に連れ去られました。 
息子は食べものに興味がないのか、差し出したご飯を振り払ってしまうので 
食べさせるのも一苦労です。毎日やってりる私でも手を焼いているのに、 
姑がうまく食べさせられるわけがない。 
いつも一緒に外食すると見ていてもハラハラして、私は食事どころじゃないです。 

続きます。




         
2019年10月24日

715 :修羅場な話 2011/11/20(日) 17:03:45 0
義実家で同居中のコトメの嫌がらせが酷い。
毎回トメのいないときを見計らってあれこれ私のすることにケチをつけ、キレると物に当たる。
近くにあるものを何でも投げてくるので危なくて仕方がないし、投げたせいで壊れたものも
私が壊したとトメに報告。トメもそれを信じて私に嫌味を言うので辛くて仕方がなかった。

そんなあるとき、県外に住んでいる旦那の姉家族が義実家に帰ってくることに。
さすがのコトメも姉には敵わないらしくはじめは大人しかったのだが、姉夫婦とトメが出かけると態度が一変。
姉家族への私の態度や昼に出した料理についてネチネチと小言を言い始めた。
旦那の姉家族も来ているのにキレさせては大変だと思い、大人しく言われるがままでいると、突然部屋の扉がバーンと開いた。

そこに立っていたのは家に残っていた旦那姉の高校生の娘のAちゃん。
Aちゃんはコトメに詰め寄ると
「さっきから話聞いてたけどそれはなくね?(私)さん超頑張ってんじゃん?文句言うとかありえなくない?
(私)さん若いからって嫉妬してんじゃねーよwwwキモッwwww」とpgrし始めた。
はじめはあっけにとられていたコトメもブチ切れ、「あんたに何が分かるのよくぁwせdrーー!」と
近くにあった携帯をひっつかみAちゃんにむかってぶん投げた。
幸いAちゃんにはあたらなかった(ようにみえた)が、Aちゃんは腕を押さえてその場にうずくまり「痛っ、痛あぁ…」と半泣き声。
「あれ?」と思いながらも慌てて私が駆け寄ったところで、何故か出かけていたはずのトメが登場。
私もコトメもぽかーん。Aちゃん起き上がってニヤニヤ。トメは苦々しい顔。
コトメを涙目になるまで怒鳴りつけたあと、「娘のことなのに気づけなかった。今まで本当にごめんなさい」と何度も謝ってくれた。

最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー