子育ての記事一覧

         
2018年01月21日

529: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2014/09/16(火) 14:46:31.84 ID:xyw5rZRo0.net
夫は、大学生のときに家を出てそのまま独立 
義兄は、ずっと実家にパラサイト 

この前、義兄の結婚式があって 
姑が泣きながらスピーチした内容が以下 

「私は、子供は箱の中で育てたら言いと思ってました。 
次男は早くに家を出ていき結婚したけど、お兄ちゃんはなかなか結婚できなくて私の育てかたは間違ってたのかなと思ってました。 
でも、そのお兄ちゃんもこうやって立派に結婚できて、私の育てかたはやっぱり間違ってないと確信できました。」 

聞いてて顔がポカーンとなった 
親戚の人も普通に聞いてるし 
夫も何も言ってこないんだけど 
変なスピーチだと思う 

やっぱりこの人変だなと確信した 
夫が家を出たとき、信じられなかった、私の屍を越えていけと言ったけどあの子は出ていった、と言ってたんだけど 
あれは本当の話だったんだなと気がついてぞっとした



         
2018年01月19日

403: 可愛い奥様 2017/12/22(金) 21:49:35.99 ID:uL8A7J6f0
二週間前に図書館で「ハムスターの研究リポート」
という古い漫画を娘が気に入って借りてきたら見事にハマってしまって 
「ハムスターが飼いたい、クリスマスプレゼントはハムスターがいい」と涙ながらに訴えてきて 
ちょっと困っている。 
色々事情があって動物を飼うのはむりなんだわ 
しかしあの漫画もすごいな、
たしか40オーバーの私が高校生くらいの時にはすでにあったはずなのに 
全然古さを感じさせず現代っ子を虜にするとは。


         
2018年01月19日

509: 名無しの心子知らず 2017/12/23(土) 17:46:11.65 ID:KfzIXP0u
汚話 

息子がトイレ詰まらせた… 
トイレに私がハンカチを落とした(気づかなかった)みたいで
それを拾うのが嫌でそのまま気付いていながら流したらしい 
イライラする 
ラバーカップを買いに行かせた 
これで取れなくて業者呼んだら費用をお年玉から差っ引くと伝えた 
クリスマスももうサンタからは無しで良いかな 
ほんとにイライラしてまずいので愚痴吐き出し


         
2018年01月19日

170: 名無しの心子知らず 2017/12/23(土) 22:58:58.87 ID:xsDytKvD
西松屋で品出ししてる店員に
赤ちゃんへのクリスマスプレゼント何あげたら良いか相談してる小梨男にモヤモヤ 

セレクトショップじゃないんだから量販店の店員にギフトの相談なんかしないで 
本人に何が欲しいか聞くとか、ちょっとググるくらいすればいいのに 
生後一ヶ月の友人の赤ちゃんに贈りたいそうだけど、
結局千円くらいのおもちゃ2つくらい買ってラッピングしてもらってた 
西松屋でギフトとか無いわーと散々言われてるけど、本当に贈る人いるんだな 
子無しの頃でも西松屋でギフトを買う発想がなかったわ 
贈り物なら取り敢えずデパート行って専門性の高い店員に見繕って貰えばいいと思ってた


         
2018年01月15日

699: 名無しの心子知らず 2017/04/16(日) 12:49:05.48 ID:u1dhIRh6
相談お願いします。長いので2つに分けます。 

小5娘と年長息子を弟嫁に預かってもらってから、
子供達が弟嫁と私を比べて文句を言うことが増えました。 
特に下の子は泣いて暴れたりと手を焼いています。

子供達が春休みの間、私がどうしても仕事が休めず
専業の弟嫁に約一週間預けました。 
その際、子供達は毎日弟嫁と一緒に
キャラ弁ご飯やクッキーを作ったりしたそうで、 
弟嫁が御丁寧に作っている工程と写メも送ってくれたけど、
楽しそうな様子が伝わってきた。 

でも正直私はキャラ弁が大嫌いで汚いし時間の無駄だと思うし、
写真見てるだけでもうわ、汚いと思ってしまった。 

また、弟がスポーツをやっていて大食いなのもあって
晩御飯のおかずの量がかなり多かったらしく
そのことも子供達は羨ましかったみたい。 



         
2018年01月14日

98:名無しの心子知らず2017/04/07(金) 19:05:18.15ID:XLlvfL0J
長男がずっとやりたがってた習い事があったんだけど
下の子もいて送迎が難しいこともあって
小学生になるまで待ってもらってた

この度小学生入学して下の子も習い事出来る年齢になったから
このタイミングで2人一緒に通わせたいと考えてた
でも長男が弟と一緒は嫌だと言い出した 
自分は小学生になってからと言われたから
弟も小学生からじゃないと駄目だと
送迎の関係もあって習うなら2人まとめてじゃないと何かと大変だし
何より次男がもう通うことを楽しみにしてるから
いまさら次男だけ駄目というのはあまりに可哀想で
なんとか分かって貰えないか、
最悪2人全く別の習い事かなとか新学期早々頭が痛い…

         
2018年01月10日

634:可愛い奥様2011/03/10(木) 17:16:04.24 ID:MsqW/rnsO
結婚して2年、第一子を出産した

義母や旦那親戚から「オムツ替えが手早いわね〜、あやすのがうまいわ〜」などと育児の手際をやたら誉められている

実は大人の幼●園で働いていたから手際が良いんです
3年位働いてました 

友達の子供の面倒見てたからだと最もらしいウソついてホントすんません 
子のぐずりや夜泣きより、変タイのおっさんのわがままをいなす事の方がキツかったです 
おっさんの両足片手で持ち上げてオムツ替えしてたんで、新生児は軽くて楽だなーと思ってます 


でも基本愛情あるのでぐずりも夜泣きも全然苦じゃないって事はガチです 
本当にかわいくてかわいくて仕方ないです 
墓場まで持ってくんで許して下さい… 

黒いかどうかわからないけど、墓場まで持っていかなきゃならない過去です


         
2018年01月09日

1:ティムポ (・∀・)皮切り屋 ◆Vox57gcM962005/05/13(金) 11:24:10 ID:KETU4CmR0
もう十数年前になるけど、嫁が急逝してドロップアウトした。
赴任先の基幹病院のある地方都市。

俺の嫁は誰も知り合いもいない土地で、
最後まで子供の心配しながら最後まで俺に謝り続けて一人で逝った。
3歳の娘一人残して。

葬式の時、娘は「ママいつ来るの?ママいつ起きるの?いつ起きるの?」
ってずっと泣いていた。
娘は嫁の実家で面倒みてもらいながら仕事に戻ったよ。

忙しい病院だった事に加え、いつも学会準備に追われていたので帰宅は毎日遅かった。
それでも休みの日には嫁の実家に泊まりにいって、少しでも娘と一緒にすごすようにした。
母親がいなくなった事も受け入れているようで、
俺がいくといつも笑って走って来て
「パパー!!」って抱きついてきた。

嫁の実家に行ってからは泣くこともなく娘は楽しく暮らしているように見えたよ。

○続きは>>2>>3>>4あたり


         
2018年01月08日


943: 名無しさん@おーぷん 2016/06/07(火)12:50:53 ID:auq
元旦那に復讐できたかもしれない
前置きも含めてかなり長くなるから二つにわけます

元旦那の彼女が乗り込んできて、
それから1週間後には離婚届を提出したのが6年前
子供は当時5歳と6歳で、
上の子はあと半年で卒園だという時だったので
本当に申し訳ないことをしてしまった


家計は元旦那が管理していたから
私は文字通りの一文無し、頭を下げて実家を頼った
期限は三ヶ月
(同居したら母と私、
互いに甘えが出てうまくいかなくなるだろうから
今はまだ一緒に住む時じゃないという結論)

その間に役所、家裁、
子供の手当などの手続き、慰謝料請求、
アパート探し、保育園探し、所得証明の関係で
離婚前に住んでいた地域(片道一時間)にも
何度か足を運ばなければならずで
毎日毎日、どれだけ時間があっても足りないくらいだった

実家から徒歩10分くらいの近所にアパート見つけて
(私は専業からの無職だったから
借りられずこの時は母名義)
保育園に入れて私が一人で動けるようになってから
あちこち面接に行くも10社は落とされたと思う

元旦那から振り込まれる月6万の養育費は命綱だった
けどいつ振り込まれなくなるかわからないので、
もし養育費がなくなっても困らないように必タヒに働いた
(ちなみに養育費は1年経たず途絶えた)

最初のころは参観日に行くにも
職場には嫌な顔をされたけど、
その分結果を出さねばと信用を得るために頑張れた
結果を出しても母子家庭に偏見を持つパートさんには
色々と嫌な目にあったけど、
雇ってもらえた感謝があるので恨んではいません

2年後には条件のいい職場に
正社員として採用されて転職
昨年、あまりの団地落選続きで
(団地新築ラッシュで競争率がかなり高い)
思いきって築7年の中古マンションを買った
子供の学区も変わらないし、
物件て本当に縁なんだなって思った
私の名前でローンが通った、
社会的信用を得られるようになったんだと嬉しくて泣いた

そして昨日、元旦那とバッタリ再会した
私に気付いて最初は気まずそうにしたけど
私はもう未練もないし、お互い年取ったねとか、
なんとか生活できてるという話をしたら
気を許したらしい元旦那が
離婚してから今までのことを話し出した


         
2018年01月05日


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/12/17(土) 12:45:01.99 ID:IcNJnKVuO
妻との出会いは社会人一年目、23歳のときだった
会社の近くのレコードショップをぶらぶらしていると、熱心にCDを見ている女性がいた
それが妻だった


最新記事
カテゴリー