恋愛の記事一覧

         
2020年06月17日

157 :修羅場な話 2014/10/25(土) 20:44:56 0.net
祖父の遺品で祖母が発狂した。
祖父がタヒんで、書斎を整理していたらとんでもない量の手紙が見つかった。
中を見て見ると、とある女性.へ宛てたものでその女性.への思慕の情が書き連ねてあって、
祖父は18歳の頃から3日間隔で60年以上、好きな女性.に手紙を送ることなく書き続けていた。

どちらかと言うと、手紙は日記調で、日常の出来事や仕事の不満などが連綿と続いていた。中には父である息子が生まれた喜びや孫である自分が生まれた時の心境などが書かれてあった。
手紙には祖父の半生と言うか、人となりと言うか、祖父の人格が描かれていて個人的には読んでいて楽しかった。(小説家を目指していたこともあって、読み応えもあった)

続く


         
2020年06月11日

664 :修羅場な話 2017/12/17(日) 09:12:59 ID:YcORPmka0.net
出会いは俺21 、相手は18歳
北海道のとある田舎町
路駐してクルマを降りたオレを向かい側の喫茶店の窓から見かけて一目惚れされ、そのあとニコニコしながらオレのクルマを追う彼女。
面識ない人だし、ヤンキーっぽい風貌だし、ちょっと怖かった。
友達と合流してから、その子のクルマを停めてなんでオレは追われてるの?って聞いたら
『名前、〇〇っていう人でしょ?カッコイイね!』なんて言われてしまい気になる存在に。

とは言えオレに付き合って3年の彼女がいて、さらに彼女の実家で同棲中。
相手も付き合ったばかりの彼氏がいた。
でも隠れてこっそり会った。
オレのこと大好きオーラ全開で、いつもニコニコしてくれてた。
それでもお互いやりたい盛りの年齢だったけどキスしかしなかった。
二人で朝の公園を手を繋いで散歩した。

出会いから2年経った頃、突然その子は街を出て東京に行ってしまった。
オレもその1ヶ月後には同棲中の彼女と入籍。


(長いんで続きますよ)

         
2020年05月10日

1 :修羅場な話 2019/01/25(金) 19:38:26 ID:gfMUO6rw0.net
前の彼女は居酒屋でキュウリを注文すると怒られた
(こんなの切って塩もみしただけで料理にもなってない!10本以上買えるよ!)

今の彼女は居酒屋でキュウリを注文しておかわりまでしてたwww

         
2020年04月20日

1 :修羅場な話 2016/05/11(水) 22:42:33 ID:YgAzya6y0.net
彼女「そうなんだ…私も力になれるよう結婚してからも一緒に頑張って働くね!」

なにこのいい彼女、泣いた

         
2020年04月05日

325 :修羅場な話 2016/10/04(火) 09:46:17 ID:fDX
俺は女を見る目が無いらしい。
いつも半年足らずで相手の浮気やら気移りやらで別れる若しくは一方的に振られる。
高校時代は容姿で選んで痛い目見てたから、卒業以降は顔はイマイチだけど性.格の良さそうな女を選んだが、実は最初から二股だったとかそんなんばかりだから、ツレにはそれをネタにからかわれていた。

ある日父親に「俺たちは見る目がない、俺もそうだった」とカミングアウトされたwおいwこれ遺伝かよwつーかよくそれで結婚出来たなwと思ったが続く話を聞くと、付き合う前に親に会わせて親の意見を聞いた結果が今のおふくろらしい。

俺の当時のばあさんに対するイメージって、頑固で毒舌で怖いイメージだったから勿論そんな人に会わせたくないし、でも父親に1度会わせてみろと言われたから次に付き合った子を合わせてみた。

特にこれといった会話もなく、普通にお茶飲んで普通に毒吐く事もなく終わった。彼女は「いいおばあちゃんだね」と言っていた。
が、次の日ばあさんに呼び出されて、あれはだめだと言われた。
腑に落ちず付き合い続けた結果、案の定浮気相手がいた。
その後もあれはだめだこれはだめだでなかなか付き合えず、結局自分がこの人だ!と思った人と付き合った。

付き合って3ヶ月ぐらいでばあさんとばったりすれ違ったら、その日の晩、ばあさんから今まで見た事もない形相で叱られた。
「あれはだめだ、あれはだめだ、あれと付き合うならお前はここを出てけ」って一方的に言われたもんだから俺も逆上して言われた通り家を出る事にした。
半同棲して1ヶ月、なんと相手には旦那と子供がいた。
歳もごまかされていた。
結局そのまま別れて女はもういいと思ってぶらぶらしてたら30代に入ってた。
そこで知り合ったのが今の嫁。
でもなかなか付き合う気になれない所でふとばあさんの顔を思い出し、嫁を連れて実家に帰ってみた。
そしたら、ばあさんが最初は睨んで来たかと思ったら、嫁の声を聞いた瞬間ベラベラ話出すわけ。
俺に目もくれず、嫁に向かってひたすら話してた。
こんなの初めてだった、案の定ばあさんから夜呼ばれ「あれはいい」と言われた。
正直、嫁は昔でいう黒ギャルでノリがいい見るからに遊んでそうなタイプ。
どうせまた「あれはだめだ」と言われるかと思ってた俺はびっくりした。
その後付き合う事になったんだけど、初めて1年以上続いた彼女になり2年目で婚約した。そして今は2人の小学生の子供がいる。
はっきりいって幸せだ。
でも未だに不思議でたまらない。
話してないのにその人の本質って出るものなのかな。

         
2020年03月13日

889 :修羅場な話 2008/02/03(日) 05:24:58
俺、嫁27

少し長くなるけど聞いてくれ。
嫁との初デートの時(お互い大学生だった)に嫁がある店で見つけたネックレスが綺麗だと言っていたんだが、お互いあんまり金持ってなくてその時は買えなかった。
俺が金曜に仕事帰りで少し寄り道してたら、偶然嫁が欲しがってたネックレスと同じ物が売ってて俺は思わず買ったんだ。
正直8年前のことなんて嫁は覚えていないだろうと少し見くびりながらも、嫁に渡してみた。


嫁号泣。俺挙動不審。

嫁は覚えていたようだ。思わず、「8年前から愛してるよ」と言った。慣れないことを言ったのでかなり赤面した。
向こうのスレはageてないけど、手はつないで寝ました。

文才なくてすまん。

         
2020年02月11日

157 :修羅場な話 2014/10/12(日) 15:24:45 ID:???
思い出して書いてみようと思いました。長くなりそうなのでお暇な方以外はスルーして下さい。

旦那と知り合ったのは学生時代。春休みの制服採寸のバイトでした。
好きだったアーティストの話で意気投合。
やさしくて朗らかで、よく手際が悪い私のフォローをしてくれていました。
妹扱いされていたので、相手にはされないとわかりつつ思いを寄せていました。
どうせこれで最後だと、勇気をだして告白しようと決めたバイトの最終日。
タイミングを見計らっていたら旦那からドライブに誘われました。
その後の予想外だった旦那からの告白。
私も心臓バクバクになりながら手紙を渡し、その日から交際が始まりました。
両思いだったことが嬉しすぎて完全に舞い上がっていました。若かった。

喧嘩もしながら付き合いは続き、就職後おたがい忙しくなってからも連絡は取り合っていました。
ある日、旦那と連絡がとれなくなりました。
マメだったのに数日全く折り返しもないというのは初めのことでした。
会社の帰りに旦那の家まで訪ねましたが不在。気がかりだったものの、私は出張もあったので長居は出来ずに家を後にしました。

しばらくして、やっと旦那から電話がかかってきました。
連絡がとれなかったことを詫びられました。
理由を聞くと、歯切れの悪い返事。重苦しさを感じていたところ。旦那から「本当にごめん、別れよう」と告げられました。
何を言われたかわからず頭の中は真っ白。理由は教えてもらえませんでした。
その後、未練がましいのは承知でやっぱり話がしたくて一度電話をかけました。
やっぱり出てくれず、ああもう終わったのだと思いました。

気持ちに整理がなかなかつかず、それからの私はしばらくはずっと抜け殻でした。
仕事以外に何をして過ごしていたのかもよく覚えていません。
やがて仕事も忙しくなり、気づけば最後に旦那に会った日から2年近く経っていました。
それでもまだ未練はたらたら。
思えば初めて告白するほど好きになれた人だったし、このままずっと忘れられないんだろうななんて思っていました。
誰かを紹介されても何にも感情がわいてこない。
そんな私に業を煮やしたのか友達がこう勧めてきました。
「美化しすぎているんじゃない?理由も教えてくれなかったんでしょ。好きな人が出来ていたんだよ。まだ電話が出来るならもう一度会ってみたら?きっと吹っ切れるよ」
その友達は忘れられなかった元彼に会い、冷めたことで吹っ切ることができたと言いました。

私の場合は、まだ好きなのに会ったら冷めてしまうんだろうかと考えていたのでなかなか電話ができず。
そもそも繋がるのか、繋がったとして番号を見て私だとわかったらとってくれないんじゃないか。
そうこうしているうちに日は経ち、あと少しで旦那の誕生日という時期になりました。
前日、思い切って公衆電話から電話をかけると旦那が出ました。

         
2019年12月30日

56 :修羅場な話 2018/07/18(水) 04:43:46 ID:ucA
天涯孤独と言ってるけど所謂恥かきっ子で、放置子だった事と中卒だった事
夫が敬愛してる夫の従姉に19~29までの10年間を捧げた事、夫より夫の従姉を愛してる事

年行ってから出来た末っ子で、親も姉や兄も私に興味がなくて放置子だった
勉強なんてしてないし学校も気が向かなきゃ行かないので中卒
ある日家に帰ったら両親が引っ越してたのでそこから暫くホームレスしてた事もある
でもその1ヶ月後くらいに2つ年上の女性.に出会って、世界が変わった
それが、今の夫の従姉にあたる人

バイト先の惣菜屋の常連さんだった人で、いつもキラッキラしてる綺麗な人だった
世間話で「家がなくなってホームレスなんですよ」とか言ったと思う
うちにおいでよと言われて、バイト上がりに連れて行かれたのは綺麗なマンション
最初はこそこからバイト先に通ってたけど、生活費要らないからと言われてバイトを辞めた
勉強もろくにできない私に勉強を教えて高卒認定試験受けさせてくれて
大学にも通わせてもらったし、資格もとらせて貰った
その間は彼女のマンションで一緒に暮らして私がメインで家事をして添い寝するだけ
なのに、それだけの事をしてくれた
詳しくは言えないけど大金持ちの家の娘で、若い彼女自身も資産があるような人だった
更に彼女は同性.愛者だったんだよね。惣菜屋の常連だったのは私が目当てとも言われたし

大学卒業後は住み込みの家政婦って名目でマンションで暮らし続けてた
旅行にも連れて行ってもらったし、本当に何もかも面倒を見てもらった。
肉体関係なんて特になくて夜は本当に添い寝だけだったのは何でなのか分からない
彼女には多分複数セ○レみたいなのがいたみたいだけど。

そんな暮らしをしていたある日、彼女が癌になった。気付いた時には末期。
でも彼女、私の事ばかり心配してたんだよ
辛うじて彼女のおかげで学歴は出来たけどまともに働いた事なんてない私の心配
「自分の我儘で20代全部捧げさせてしまった」と言って。
寧ろ彼女に出会わなきゃ私なんか今頃その辺で野垂れタヒんでるのにね。
彼女がタヒぬ前に「私と好みがそっくりな従弟がいるから、紹介する」と言い出し、
会ってみると彼女の見舞いによく訪れてた男性.で、その人が私の夫になった
何から何までタヒんだ彼女の言う通りに話が進み、結婚してしまったんだよね

好みが似てるって言うのは、夫の事を知る度に理解した
女の好みが似てるし、食事の好みや好きな本や好きな映画、好みが本当に似てる
彼女が生きてるみたいだなと思う事もあるくらい彼女に影響を受けて生きてきたのが夫みたい
彼女に出会ってから今日までずっと、何かの映画の世界にいるみたいで実感がなくて
よくまとまらないけど、何も知らない夫には黙ってると決めてる

夫からすると、長年尊敬する従姉の家政婦をしていた女が
自分好みの顔をしていて、自分好みの声(声フェチらしい)をしていて、
好きな映画や好きな本も同じで話が合って、好みの味付けの料理を作ってくれて
自分の親ともそれなりに上手くやってくれてるって事になるみたい。
そういうの全部まとめて「僕は君と出会えて幸せ! 残念だったのは従姉ちゃんを結婚式に呼べなかった事」って言われたし。

でも私、夫といて幸せだと思うけど、タヒぬ時思い出すのは夫じゃないと思う
夫は可愛いけどなんだか彼女が用意した彼女のコピーみたいだなって思ってる
そんな自分が嫌になるけど妊娠中のマタニティブルーだと自分に言い聞かせて、
夫と子が幸せに暮らせるように頑張るから、たまに彼女を思い出す事は許して欲しい。

         
2019年12月18日

159 :修羅場な話 2007/12/29(土) 21:15:08
流れぶった切りだが言ってみたレポ。
俺28、嫁27、学年はいっしょ。結婚一年目。

付き合い開始時代(四年前)のラブい新鮮味が無くなってきて
更に生活が忙しくて家族感覚が増したせいで
異性.としての好き感覚を忘れてきたので、イッパツ言ってみた。

朝飯中にいきなり目を見て
『なあ、愛してるよ』っつったら、キョトンとして
『?? 知っとうよ?』って返された。

何かドラマチックじゃなくてすまん、けど
当たり前にその気持ちを持っててくれてジーンと来て嬉しかった。
逆に薄れてたのが申し訳なくなったから手を握って『ごめん、ありがとう』って言った。
帰ったら夕飯カレー(最大好物、嫁はカレー嫌い)だった(゚∀゚)

         
2019年12月15日

469 :修羅場な話 2019/03/02(土) 11:37:53 ID:B7p
告白されて付きあった先輩に、好きな食べ物を聞かれて「もずく」と答えたら交際一日目で振られたこと。
今は笑い話だけど、当時は高校生だったし初めて告白してくれた相手だったからショックだった。
その後、男性.に好きな食べ物を聞かれたら「アイスクリーム」と答えることにした(何となく女の子っぽい気がした)
でも結局、居酒屋で知り合ったホッケともずくが好きな今の夫と付き合って結婚した。
中学生の娘が憧れの先輩に「好物は昆布の佃煮」と言ったらしく「引かれたかも」と悩んでいたので思い出した。
「昆布の佃煮で押し通していいよ。そのうち同じ佃煮好きの男性.が現れるよ」と言っておいたけど無責任なアドバイスだったかな。
十代のうちはやっぱり「ケーキ」とか言っておくのが無難だろうか

最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー