恋愛の記事一覧

         
2021年09月14日

542 :修羅場な話 2021/08/12(木) 04:40:09 0.net
職場では、仕事の話はもちろん雑談も結構してる
同年代既同士で向こうが上司
LINEは普段そんなしていないけど、相手のメンタルが弱ってる時に、LINEがくる
私生活でかなり悩んでる事を打ち明けてきたり、深い話をしてきたり
別にアドバイス求めてくるわけではない、ただ弱音吐いてくるだけなんだけど、それって、男忄生心理としてはどうなの?
恋愛感情があるからなのか、ただ話しやすい相手ってだけなのか


         
2021年06月19日

907 :修羅場な話 2020/11/18(水) 01:48:05 ID:I0.mo.L1
夫が姉ちゃんの恋人にキュンキュンしてて思い出した兄のシンデレラストーリー(男忄生バージョンはどう表現したらいいのかな?)

兄は身内からこそ阿部寛似と言われていたけど他人から見ると有田哲平似
身長は170cm台前半だけど体重は50kg弱だと以前言っていた(兄の「お前俺より重いんじゃね?」みたいな発言から体重の話になった)
つまりガリッガリの有田哲平(目がギョロッとしてる)
その上服装に無頓着で良い年して龍が描かれたTシャツを着ちゃうような人だった(しかもクタクタに伸びてても気にせず着るタイプ)
「私ちゃんのお兄さんって彼女いないの?私ちゃんのお兄さんだったらかっこいいだろうから紹介してー?」
て言ってきた人に親戚の集まりに写り込んでる兄を見せたことが何回かあるけど毎回すぐに話題が変わるほど気持ち悪かった

兄の気持ち悪さが伝わったと思うので本題

数年前に実家の片付けをしていたら兄の卒アルが出てきた
小学生の兄は丸顔でそれなりに可愛かった(子供は皆可愛いってだけ)
次に見たのが中学生で兄の名前のところに小麦色の林遣都が写っていた
当時テニス部だった兄は小麦色に焼けていて頬も丁度良い痩け具合で目もパッチリ二重で鼻もシュッとしていて今の兄と同一人物とは思えなかった
驚いて高校の卒アルを見たら頬が痩けて少し面長になり眼鏡をかけている今より少しマシな兄が写っていた(林遣都要素皆無)

そういえば機械音痴なのに何故か工業高校の機械科へ進学した兄は高校でもテニス部に入ったけど先輩と上手くいかなくてすぐに辞めて帰宅部に
コミュ力が低い兄は友達もいなくてストレスから痩せたことは容易に想像できる

それはさておき林遣都似の兄が面白すぎて中学の卒アルだけパシャリ
職場の仲良しグループにネタとして兄画像を投下したところ1人が兄に食いついたw
A子は今の兄も知ってる上で勢い良く食いついてきたからA子を実家へ招いた(兄はこどおじ)
流石に浮浪者みたいな格好で会わせるのは恥ずかしかったから近くのデパートへ行ってマネキンが着ていた服を一式購入して兄に着せた
(この時点で意外と兄ってかっこいい部類かもって思ったことは未だに誰にも言ってない)
多少マシになった兄を見たA子は
「画像よりも素敵?」
てテンションアップして兄とLINEを交換
その後A子から積極的にアプローチして付き合い始めた

色白ヒョロガリガリ浮浪者風だった兄がA子と付き合い始めて半年ほどでちょっぴりイケメン風に変わって
1年経つ頃にはちょっぴり面長な林遣都になっていた

兄はコミュ力が低い(良く言えば口下手だ)けど私が大失敗したタヒぬほど不味い料理でさえ文句を言いながら完食するほど優しい人だからA子は幸せそうだった
兄は兄で自分に自信がついたのか長年フリーターだったのに就活を始めて契約社員として雇用された会社で今は正社員として働いている

         
2021年03月23日

299 :修羅場な話 2015/07/26(日) 02:49:00 ID:???
どなたも居らっしゃられないようなので失礼します。

夫とは2回の交際を経て結婚しました
夫は8歳年上、専門学校で同じ学年になり交際を始めました
当時私は普通の高校出て進学、夫は社会人経験を経て入学にという人
食べることが好きな夫はデートのたびに「この店が美味しい」「この辺だったらこの店」と
色々な美味しいお店に連れて行ってくれたのですが、そこはカップルが行くような店ではなく
奥様方やご年配の方、中年のおじさん方が行くようなお店でお値段もそれなり
会計も割り勘にしようと言う私に「店選んだのは俺だし」「年下におごるのも楽しみの1つ」と言って旦那が持ち、流石に悪いからと言うと「今度ケーキでも奢ってくれればいい」と言うばかり
映画代や買い物は私にも出させてくれるのに食事に関しては譲らない夫を当時の私はおじさん臭いと思っていました
あるデートの日同い年の子たちが流行りのカフェやレストランに行ったという話をしているを羨ましく思っていた私は夫に「たまにはお洒落なお店に行きたい」とついこぼしてしましました
すると彼は少し考えた後駅近くの雑居ビルへと私を連れて行きました
狭いエレベーターに乗せられ嫌な予感を感じていた私ですが、着いたのはアンティーク調の喫茶店
確かにお洒落なお店です。ですが私が望んでいたのは年頃のカップルの憩いの場というか、落ち着いたお店ではなくキラキラしたお店
さらに珈琲1杯1000円、ケーキセット1500円に価値観の差を激しく覚え、翌日別れました

その後私は友達の紹介で知り合った同い年の男忄生と付き合い始めました
同い年の彼はなんというか歳相応の無計画な人、デートのたびに「どこいく?」「この後どうする?」「何か食べる?」といった感じ
初めは初々しさというか新鮮さもあり、私がしたかったのはこういうデートと楽しんでいましたが
時間が経ってくると毎回行きあたりばったりな上、夫に連れ行ってもらったお店は割り勘でと言っても「高い」と結局マックやサイゼリヤで済ませることも多々
流行りのお店は混んでて席が開くまで待たされたり、一度目は美味しいと思ったのに二度目、三度目となるとあまり美味しいとは思えず彼とのデート自体が楽しくなくなっていきました
今思うと夫とのデートで席を待つことなんてほとんど無かったです。「ちょっと早いけど」とか「欲しい本あるから少し本屋に寄っていい?」などと混んでる時間を避けたりしてくれました
私の感覚がズレていたのでしょう、友達に相談しても曖昧な返事ばかりされましたし
結局その彼とも別れ、日に日に夫への未練や思いが募りましたが、自分から振っておいて復縁を言い出すなんて浅ましく図々しいと思い毎日悩んでいました

そんなある日学校が終わってから夫に「行きたい店があるんだけど男一人じゃ恥ずかしいから付き合って欲しい」とあんみつ屋に誘われ、行くことになりました
他愛無い世間話をしながら二人であんみつを食べていると「甘いもの食べると心がすっきりするんだよね」と言われ
私の心に気づいていると言うより見透かされていることがわかった私は、自分の考えをすべて打ち明け、もう一度付き合って欲しいと夫にお願いしました
すると夫は「あんみつ奢ってくれたらいいよ」と少し照れながら答えてくれました
その後交際を続け学校を卒業し、一年の同棲を経て結婚
最初に別れる切欠となった喫茶店にはその後何度も二人で行き、プロポーズもそのお店でされました
同棲を始めてからわかったのですが、夫は普段から高いお店に行くわけではなく、デートの時だけ選んでくれていたました
夫曰く「ちょっとは見栄張りたいし、喜んでくれるなら安い」とのこと

久しぶりにその喫茶店に寄ったので、家に帰って夫の写真にその時の思い出を話しました
もうすぐ四回目のお盆、涙と一緒に色んなものが溢れてくるので書かせていただきました
お目汚し失礼しました

         
2021年02月13日

268 :修羅場な話 2013/02/03(日) 09:12:46 ID:3tkZ87nA
10歳上の担当の美容師さんを好きになってしまったみたいだ…
見た目怖そうな人だったから最初はビビりまくってたけど、すごく礼儀正しくておっとりした感じが伝わってくる(接客だからだろうけど)

毎日通学するときに相手も同じ道使うから毎朝ちょっとだけお話(といっても2~3分)できて最近幸せ
途中まではただのいい人だと思ってたけど、この間カラオケに行った(複数)ときからすごく惹かれてる
友達と一緒に送ってもらってるときに、後部座席に乗ってて友達が先に降りたときにそのまま座ってたら横座って?ってさみしそうに見つめられてタヒにそうだった
プライベートだからなのか、いつもと声のトーン違ってときめいてしまった

でもメアドは知ってるけど用事のあるときしかメールできないしその話題だけで終了
次のお誘いも自分がすごく年下でしかも客だから気を使わせそうで何に誘ったらいいのかわからない…
お客さんの中なら一番仲良しだと思うよ!って

         
2020年12月28日

236 :修羅場な話 2013/10/10(木) 22:20:07
嫁(高3)「誰でもいいから、部活に入って……」
俺(高2)「何処でもいいから、部活入らないとなー」
嫁・俺「え?」

需要と供給が一致したというか、
元野球部(廃部)の俺が、実質嫁しかいない手芸部(廃部寸前)に入部

         
2020年11月19日

153 :修羅場な話 2009/05/05(火) 23:00:55 0
うちのコトメちゃん(旦那妹)は私たちの結婚式で見ただけで私弟と相思相愛になって
いつかは私を迎えに来てくれるの☆ドリームを咲かせちゃってたらしい。
私は嫌われてたからいつも嫌がらせされたり無視されたりしてて全然気づかなかった。
義実家で世間話として「弟のとこももうすぐ2人目が生まれるんですよ~」と言ったら
コトメちゃんマジ気絶した。ビビッタ。

         
2020年10月29日

1 :修羅場な話 2019/11/19(火) 01:29:18 ID:dL68aLhoM.net
嫁「泣いて暮らしちゃだめ……だよ?」

嫁「あなたには……幸せになってほしい……私のぶんまで」

嫁「だから私より良い人見つけて…恋をして……結婚して、幸せになるの」

嫁「……わかった?えへへ」

嫁「……っ」ポロッ

嫁「…ひっ、ひぐ、やだ」

嫁「やだよぉ……○○くんは私だけのものだもん……」

嫁「だれかのものになるなんてやだよぉ……」

嫁「ずっと一緒にいたい……ずっとずっと……私のもの」

嫁「あなたと一緒に一一一一

医者「残念ですが…」フルフル


ってなったら再婚できる?

         
2020年09月15日

232 :修羅場な話 2013/11/28(木) 23:10:52 0.net
昨日の未亡人暦20年トメ

家庭の事情でデイサービスに行くことになった。
気が進まない様子なので
もしかしたら素敵なロマンスグレーがいるかもしれないじゃん?ホームではナイスガイの爺さんが取り合いらしいじゃん?
いい出会いがあるかもしれないじゃん?と吹き込んだ。
「いやあ、もうそういうのはええわよ」と手をブンブンして話を打ち切ってきた。

今日のトメ
新しい口紅を買ってきた。

         
2020年09月14日

787 :修羅場な話 2015/06/09(火) 19:58:20 .net
嫁とは、20年かけて二度の恋愛期間を経て結婚した。

一度めは、俺が20歳、嫁が22歳の頃。付き合い始めそのまま同棲へ。そして妊娠。俺は結婚して出産を懇願したが、
嫁は頑なにノー。結局、中絶したのだが、それで関係がギクシャクし別れた。俺も若かったね。嫁の気持ちを
受容できなかった。それでも嫁のことは大好きだった。嫁は、2年後に他の男と結婚した。俺も何人かの女性と
付き合ったが結婚には至らず。相変わらず心の真ん中には嫁。とはいってももう人妻。現実的には興味なし。
どこで何してるのかも不明。俺は独身のまま、30代半ばに。

大手企業勤務だったので、収入はいい方かと。趣味のクルマとバイクに没頭。趣味の為に凝ったガレージを持つ南欧風の
小洒落た戸建を建てた。ガレージには、スポーツカーとSSバイク、ツーリングバイクが鎮座。リビングと寝室から、
ガレージがショウルームのように見える。気楽な独身貴族の生活を謳歌していた。

ある日、facebookに友達申請が。嫁からだった。躊躇したが連絡をとってみた。嫁は、結婚して10年ちょいで離婚。
当時は関東地方のとある街で派遣労働で独り住まい。離婚の仔細は詳しく聞いていない。関係ないし。
嫁にこっちに遊びに来ないかと誘ってみたらOKの返事。空港で久しぶりの再会。ガレージや家を見て、「生活感が
まったくない、気ままな暮らしをしてるのね(笑)」。嫁は数日滞在、もう若くないので男女の関係は無し。
昔のように家事に勤しむ嫁を見て、「よりを戻すのもいいかな」と思った。

3カ月に一回くらいの頻度で嫁に遊びに来てもらう生活。「なんか家政婦みたいね」って言われたが、家事もそつなくこなすし、
嫁にも不満はなさそうだ。しばらくして、嫁に一緒に住まないかと提案。「結婚までは・・・考えさせて」と言われたが
派遣契約が切れるタイミングで同居。この年齢になると老後も考えないといけないので入籍し、10年くらいで今に至る。
郊外の森林に囲まれた南欧風の家でオヤジとオバンのスローライフな生活。週末は、スポーツカーに嫁を乗せてぶっ飛ばし
ストレス発散。若いころのような仲とはいかないが、年を取ってからの恋愛ってこんな感じなのかな。

         
2020年09月11日

40 :修羅場な話 2015/01/15(木) 21:01:09 .net
映画を見終わったばかりの映画館で。一席開けて座っていた嫁に。
「面白かったですね。あのお茶でも飲みませんか?」
「ええっ。あ、いいですけど・・・」

本日のスカッと動画!
最新記事
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー