2020年12月の修羅場一覧

         
2020年12月31日

566 :修羅場な話 2009/08/25(火) 19:35:08 ID:alBtEGoV
ミニ話を。

先週末、ママ友達5人で集まってお洒落なカフェでお茶を飲んだ。
その中にいつもちょっと言動や行動がおかしい、図々しいAさんがいた。
お洒落なカフェだけあって、コーヒーカップや灰皿も素敵で
いつもホームセンターで食器などを揃える私にさえ、いい物なのがよく分かった。

そしてAさんは、お茶が終わったあと、皆様のご想像通り自分のカバンに
いそいそとコーヒーカップを仕舞いだした。
ドン引きする私と他のママたち。そんな私たちに気づかないのかAさんは
「これで家族分コーヒーカップが揃うわぁw」
「ここに来るたびに、1セットづつ持ち帰ってやっと揃うのw」
とご満悦。(多分、舅姑のぞいた4セットめだと思う。)

他のママも私も顔を見合わせてどーする?という雰囲気。
そこで、ちょっとだけ閃いた事を試すことに。
「あ、そうなんだ、いいカップだもんね、私も欲しいなぁ」
と、適当に話を流しておいて、暫く微妙な雰囲気は続いたものの
他のママも何も言えず、お茶は終わりお会計になった。

お会計の際、Aママはいつも自分が払っとくから後でちょーだいと言って
払ってくれるのだが、今日も目論見通り自分からそうすると言った。
(これは、店の外でみんなが自分の代金をAさんに渡す時、
端数のお釣はいらないよ~、っていうのを期待してるっぽい
100円にも満たない金額なのに、毎回そうしたがる。)


         
2020年12月31日

131 :修羅場な話 2017/07/13(木) 12:52:34 ID:Jojjeha5.net
私はインディアンジュエリーの収集が趣味で、彼氏が婚約指輪の代わりにずっと欲しかった巨匠のバングルをくれた。
本来コレクションとして飾って身につけない様な値段のものだが、婚約指輪の代わりなんだからとそれはそれは大事に扱って着けていた。
電車で座っていた時のこと、目の前に立っていた男忄生が「それって◯◯◯のバングル?」と聞いてきた。
何か嫌な予感がして、「あぁ、はぁ…まぁ」みたいな受け答えをした。
そして電車が次の駅に着いた途端、目の前の男忄生が私のバングルを着けた腕を猛烈に引っ張ってきた!
「え、ちょ、やめてください!」「うるせぇ寄越せ!」とガンガン腕を引っ張ってくる。
でもその巨匠のバングルは女忄生や子供向けに作られているものが多く、手首周り13センチの私の腕でガッチリピッタリの代物で、そう簡単に外れるものではない。
バングルの開いている部分が2センチしかないので、きちんと手順を踏まないと外れるわけがない。
周りは「何だ!?癡漢か、誘拐か!?」みたいな変な空気に。
サラリーマンのおじさまが「君、何をしているんだ!」と強い口調で問い詰めると舌打ちをして電車を降りようとした。
が、結構長い時間引っ張り合っていたので降りようとした瞬間ドアが閉まった。
強盗未遂?の男忄生が降りるまで心臓がバクバクしっぱなしだった。
婚約指輪の代わりのものを強奪されそうになったという私のプチ修羅場でした。

         
2020年12月31日

958 :修羅場な話 2020/06/28(日) 10:58:56 ID:37.7u.L2
偶然続いてしまうが俺も結婚話。

今の彼女と結婚予定で、まーコロナがおさまった頃にレストランウエディングでもするかってことになった。
先に入籍して、ウエディングは来年こぢんまりと、みたいな。
それを上司に報告したらすぐ洩れて、まわりのやつらに「二次会に呼んでくれ!」と迫られた。
建築関係で男ばっかだから出会いがないんだよね。
そして「彼女の写真見せて」と言われたんでスマホのデータを見せた。
二次会については俺は「彼女と相談してみてから」と答えた。まあここはまではいい。
その後、後輩が寄って来て「二次会に、俺の友達も呼んでいいですか?十人くらい」とこそっと言われた。
俺は「いやいや合コンじゃないんだからw」とやんわり断ったがしつこい。
「関係ないやつを十人も入れられない」と言うと
「実は関係者です。さっきの写真を見てわかったが、彼女と俺は小中学校と同級生でした」と後輩は言い出した。
「だから同じく同級生だったやつらも二次会に呼びたい。彼女には内緒にして下さい。サプライズです」
そんなこと言われても俺はサプライズ好きじゃないし、後輩の友人なんていうどうでもいいやつを大量に入れたくない。
「一応彼女に聞くが、たぶんムリ」と言って立ち去った。

その後彼女に打診すると、「??」という反応。
後輩の名を出したら「絶対いやだ」と言われた。
俺の会社は建築だけどちょっと特殊で、企画設計の棟と実務の棟に分かれている。
実務の方は溶接や配管の資格を持ってる工員がいて、元ヤンチャやってたような人たちが多い。後輩はそっちの棟の子(俺は設計)。
彼女が言うには後輩は小中学校の時すごいイジメっ子で、イジメってか暴カの域だったらしい。
「わざわざ同級生だった面々を集めて内緒で会場に乗りこみたいなんてイヤな予感しかしない。
後輩くんが来るなら二次会自体やりたくない」と言う。
イジメの内容を聞いて俺もいやな気分になったから、彼女の意見どおり二次会はナシにして
仲いい同僚だけ、後輩に内緒でレストランウエディングに招待でいいじゃんってことにした。

後輩も今は社会人だし、企画設計側の俺を怒らせてもなんの得もないから
仮に二次会やったとしても、そこまでムチャクチャはされないと思う。
でも「二次会に十人入れてください。サプライズです」は意味わからんし、やっぱりいい気分しない。
何がしたかったのか意味不明だし、モヤモヤするが、かといって聞きたくもない。ともかく神経分からん。

         
2020年12月31日

438 :修羅場な話 2015/05/19(火) 09:31:52 ID:mVYD49tu.net
友達と焼肉食べ放題に行くぞ!ってなってた時
好きな子が焼肉いくの?私もいきたーいと言うので連れてった

食事中、サラダの取り分けもせず、肉も焼かず、空の皿をどけようともしない
ただただ食ってるだけってとこにモヤッとしてたんだけど
それ以上に、肉があまり好きじゃなくて、ほとんどの肉が食べれないとぼやきだした
なんで焼肉来たんや…w
まだその時は、好きな子が来てラッキー!とは思ってたんだけど
会計時に
「私肉そんなに食べてないのに満額払うとか…めっちゃ腑に落ちない」
「そもそも私あんまり肉好きじゃないのにさー…」と
ぶーたら言い出してスレタイ
つってもお前ビビンバとかポテトとかデザート系のサイドメニュー食いまくってたじゃんw

         
2020年12月31日

630 :修羅場な話 2014/10/17(金) 09:41:58 ID:eMk2rm3xD
トメさんは口うるさいしアポ無し凸をしたりもするけど、細かい事を言ってくれるのは私が他所で恥ずかしい思いをしないようにするためだし、アポ無し凸も赤さんの夜泣きで眠れてない私を休ませるために来てくれてる事も分かってる。
ただ方法が不器用な人だから(言い方が怒鳴る感じだったり、アポを取らずに来ちゃったりね。)周りから見たらただの嫁イビリババァに見えてしまう。
けど私がいない所でトメ妹さんに「ありゃーいい嫁さんだ。わしが怒鳴っても涙一つ見せねぇ。赤ん坊抱えてしんどいだろうに◯◯(主人)の世話をようやっとる。頑張り過ぎてわしゃ心配じゃて。」って褒めて心配してくれてたってちょくちょく教えてもらってるから全然耐えれる。
そんな厳しいトメさんが大好き。
なのに、トメさんが単純に私の事を大嫌いでいびってると勘違いしてたらしい主人。
出張の準備を私がしたんだけど、靴下が一足足りなかったらしく激おこで実家に家出していった。
メンドクセーと放っておいたらしばらくして私の携帯に主人か電話が。
泣きながら「申し訳ないですが今から家に来てもらえますか?タクシーで構いません。僕の小遣いで払いますので…。」と言うので何事かと義実家へ急行。
玄関の靴脱ぐとこに正座させられてる主人と廊下には杖を装備したトメさんがいた。
とりあえず主人からお金をもらってタクシーに払い、何がどうなったと話を聞いてみた。
トメさんによると、主人が私をボロボロにこき下ろして「あいつは準備すらもまともに出来ないダメ嫁。母さんに嫌われて当然だよなw母さんしごいてやってよw」と愚痴ったらしい。
たぶん主人としては「そうだよね!ほんとあの嫁は!」と同意してもらえると思って言ったんだろうね。
その主人の言葉にトメさん大激怒で熱々のお茶ぶっかけたり杖で思いっきり毆ったらしい。
「赤ん坊の世話だけでも大変なのに、なんで大人の準備をしたらんといけんのか!自分でやりゃー!それに嫁がダメ嫁だぁ?この杖見てみぃ!わしの誕生日に嫁が買ってきてくれたやつじゃ!ダメ嫁なら、んな気遣い出来んわ!お前はわしの杖がボロボロになっとる事気付いてたか!?嫁がダメ嫁ならお前はダメダメダメダメダメダメダメダメ息子じゃ馬廘たれ!」って顔真っ赤にしてなおも杖でポコポコ叩いてた。
トメさん私の前で頭下げながら「あんたに散々厳しい事ゆうたのに我が子の躾すら出来てなんだ!すまんかった!すまんかった!」って泣くから私も泣いてしまった。
主人にはトメさんから一ヶ月の家事炊事が命じられた。
「共働きの癖に全部嫁にやらせおって!嫁がやってたようにやってみぃ!嫁の気遣いがわかるでよ!」
気遣いが出来るようになったのはトメさんが口うるさく言ってくれてたお陰ですよ。

         
2020年12月30日

240 :修羅場な話 2015/05/24(日) 09:45:46 .net
同士達さようなら
一足先に俺は去る
記入済みの離婚届ゲットしたのでサックリ出してくる
いつものように白紙の離婚届振りかざして吠えまくっていたので「名前書いてからよこせよバーカ」と言ったら書きやがった
ドヤ顔でこっちに叩きつけてきたので、
神妙な顔して「ゴメンな。ちょっと考えてくるわ」と言ったら勝ち誇った顔してやんのw
しかも頭に血が上った状態で書いたので未成年の子の氏名欄空白w
親権ゲットだぜ!

このキチガ亻不イ侖していて証拠集め中だったけどもうどうでもいいや
独身間男さんどうぞ持っていって下さいw
今なら持参金付きですわ

今から友達の家に行って証人欄書いてもらったらその足で出してくる
それではごきげんよう

         
2020年12月30日

20 :修羅場な話 2019/03/14(木) 18:03:25 ID:Mj8
復讐のとばっちりを受けたから復讐しかえした話

元実家は両親と3歳上の兄貴の4人家族
家族全員仲が良く、まさに理想的な家族だったんだけど俺が中二の時に事件が起きた。

母親が過去に浮氣をしていたことが発覚。
相手はおそらく母の学生時代の元彼。おそらくと書いたのはいくら探しても連絡先がつかめなかったから。(今でも不明)。

何故浮氣が発覚したのかは最後まで教えてくれなかったけど、とにかく両親が離婚することになった。

んで子供たちはどうするってなった時に父が「DNA鑑定をする」と言い出した。
結果は兄貴は両親の子で俺は父の遺伝子を受け継いでいなかった。

兄貴を産んでしばらくたったあとの同窓会がきっかけだったんだと。
憶測だけど父親は兄貴は自分の子だけど俺は違うってなんとなく気づいてたっぽい。

家を出る時、俺の物は必要最低限のもの以外すべて捨てられていた。

漫画もゲームも服も小学校のアルバムも空手で優勝した時のトロフィーもすべてなくなっていた。

母はしきりに俺に謝ってたが当時はショックが大きすぎて全く耳に入ってこなかった。

離婚後は母はもちろん俺も父や兄貴と一切会うことはなかった。

一連の騒動で母は母実家をはじめ親戚全員から疎遠にされてたし父に対しての慰謝料もあったみたいだしさらには父がいろんなところに吹きまわってくれたせいで生活はとても苦しかったが、不思議とあまり母に対して憎みはそこまでなかった。
憎みとか怒りとかよりも生きていくのに精いっぱいだったしなんとか俺を高校卒業まで世話してくれたし。
社会に出てからは1人暮らしを始め、毎日馬車馬のように働いた。

         
2020年12月30日

135 :修羅場な話 2016/11/02(水) 16:13:46 ID:0vM8F4W7.net
上の子からの10年近くの付き合いだったママ友Y。キャンプに行ったりクリスマスパーティーをしたり家族ぐるみで付き合っていた。
うちが子供二人Yは三人、お互い2番目の子を同じ幼稚園に通わせてる時に、Yがそこの園長と不イ侖を始めた。
始めはドラマみたいと興味もあったけど、デートの時はアリバイ工作をやらされたり、Yの3番目の子を預かったり、
その園長が結構他のママさんも喰っちゃってるみたいで、お茶の時間がほぼその園長に対する愚痴の時間になったり、で心身共きつくなり、徐々に距離を置いていった。
うちの子が卒園してからも二人の関係は続いてるみたいで、Yは「秘密を教えてるんだから協力してよ」としつこく電話して来て、最初は「忙しくて」と断ってたけど、終いには「もう聞きたくない!!」と怒鳴ってしまった。
それから交流はない。
友達の不イ侖相手の、しかもそれが子供の通ってた園長の、ピロートークを延々と聞かされるのは本当にきつかった。
あの事がなかったら、今も家族ぐるみの付き合いをしてたかな~と時々思う。

         
2020年12月30日

18 :修羅場な話 2010/06/01(火) 01:38:04 ID:QpILxyH5
微妙な流れの中解決話を。ちょっとオカルト注意。

我が家には私所有のマグカップが大量にある。
ブランド物だとかコレクションだとかそういうのではなくて、
ただ好きで最初にいくつか持っていたのを見た友人が集めているのだと勘違いして
余ったのやいらないのをくれたりしたのが原因。
なので大量にあるけど別にすごく大事だったりする訳ではない。
むしろ置き場所に困るので少しくらい誰かにあげたりしたいくらいだ。

…という話をした翌日、マグカップがごそっと盗まれた。
窓をこじ開けた形跡があったし、何よりもマグカップの中に一つだけ
友人の形見というすごく大事な物があったので慌ててKに通報した。
すぐKは駆けつけてくれたけど有力な手掛かりは得られず、
何か分かり次第連絡するということになった。

         
2020年12月30日

53 :修羅場な話 2016/02/08(月) 10:07:47 ID:FUcKMqvU0.net
フェイクあり

我が家は義実家と近距離別居
義実家とも仲良くさせていただいて、週に2回ほどどちらかの家でみんなで食事をしています

ある日義実家で夕飯を食べていたら、お義兄さんがとある女忄生を連れてきてきました

ここで少し昔の話になります

まだ私が結婚する前に仕事をしていた頃、やたらと相忄生の悪い同僚がいました
彼女も私も新卒でその会社に入ったのですが、くだらない理由で嫌がらせを受けていました(数回あの世に逝きかけました)
最終的に私にしていたような嫌がらせを他の人にもしていたのがばれて退職していきました

話しは元に戻るんですが、お義兄さんが連れてきた女忄生というのが件の彼女でした

あ、杀殳人未遂の女だ!とつい口走ってしまい事情を知っていた義実家やお義兄さんが彼女の正体を知り、結婚の話をしに来たつもりがただの糾弾会になってしまいました

彼女も私も良い年なんで、彼女にとって最後の結婚のチャンスだったかもしれないのに残念でした…

本日のスカッと動画!
最新記事
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー