2016年03月の修羅場一覧

         
2016年03月31日
579: 愛とタヒの名無しさん 2007/09/28(金) 01:31:18
私が中学生の頃の話だけど。 

親戚のお姉さんの結婚式で、出し物の合間に、酔った新郎父が花嫁に対して 
「好みの外見の女だ。息子の彼女でなければ不倫したかった」 
的なことを言って周囲をドン引きさせてた。 
新郎側の親戚たち(だったと思う)がなんとか黙らせて花嫁に対する無礼はおさまったものの、 
ブーケトスで前に出た花嫁友人の未婚女性の中から好みのタイプを選んで席に呼び出し、 
お酌をさせる・セクハラをするなどやりたい放題。 
その女性はタイミングを見計らって逃げたけど、次に呼ばれたのが当時17歳だった私の姉。 
「態度次第では家での花嫁の立場が悪くなりかねないから、何をされても我慢しろ」 
と新郎が姉に言ったらしい。 
姉は花嫁とかなり親しかったので、新郎父に胸を触られたり失礼なことを言われてもずっと我慢してた。 

その後新郎父が姉に援助交際を迫ろうとしたり、いろいろあって、 
実の姉妹よりも仲がよかった姉と花嫁は今では本当に疎遠になってしまった。 
年賀状に毎年「ごめんなさい」って書いてある。 
以上。みんながいやな思いをした結婚式の話。



         
2016年03月31日
373: 愛とタヒの名無しさん 2007/09/25(火) 20:10:15
アポなしで子供を連れてきた友人がいたよ。 
当然預けてくるだろうと思っていた私たちもおどろいたけど、式場側が大慌てで子供椅子を用意して席を作っているのを見て、 
「まさか主催者に何も言ってないの!?」 
と言ったら、 
「預けてくるつもりだったけど~、こないだ○ちゃん(私)が従姉妹だかの結婚式に○子ちゃんと一緒に行った時の写真見せて 
くれたじゃん。ドレスとかうちも着せてあげたくなったから~。」 
と。 
私はちゃんと招待されたから連れて行ったのであって、アポなしでつれてくるところじゃないよとみんなで説得し、家族に迎えに 
来て貰えないかと話したけど「そんなの無理~、それよりほら、このドレス可愛いでしょー、あと二着買ってあるんだ~」とか 
娘ちゃん自慢になってしまった。 
友人が「だったら二人分ご祝儀包んだ?食器持って来てくれてるから、多分食事の用意してくれてると思うよ?」と聞いたけど、 
「えー、別に頼んでないし~」 
娘さんはすでに5歳だから取り分けて食べるなんて年齢でもないし、ホテル側も娘さん用の食事やジュースも持ってきた。 

式が始まってからしばらくして花嫁のお色直し中、新郎側の余興の時にふいっといなくなり、なんだろうと思ったら娘さんの 
お召し替え。 
お色直しが済んで再入場の花嫁の後ろから!!スポットライトの残りを浴びながら!! 
当たり前だが他の列席者は「誰あれ?なに?( ゚Д゚) ( ゚Д゚ ) 」状態。 
その上友人、司会のお姉さんのところに走り、 
「新婦のお友達の娘ちゃん、○○ちゃんもお色直しです。ドレスはピンク色から花嫁と同じ白いドレスに。まるで小さな 
花嫁さんです。」 
と言うアナウンスまでさせようとして、やんわりと断られていた。(ちなみにアナウンスの文句は本人が考えた物をメモにして 
渡して読ませようとしていた) 



         
2016年03月31日
217: 愛とタヒの名無しさん 2007/10/25(木) 18:30:21
これね 

479 名前: 愛とタヒの名無しさん [sage] 投稿日: 2006/12/22(金) 12:20:40 
以前出席した披露宴では「花嫁からの手紙」が両親への怨みつらみだった。 
「お父さんからはしょっちゅう殴られた」 
「お母さんはお父さんをとめようとしてくれなかった」 
「お父さんは本当のお父さんじゃないから、私のこと可愛くなかったんだよね」 
「お母さんからは『あんたさえいなければ、うちは幸せなのに』と何度も言われた」 
「私は結婚し、あなたたちのもとからいなくなります。 
 これで家は幸せですよね。さようなら。」 

我々は新婦同僚として出席していたのだが、 
新婦の手紙を聞くまで、新婦が母親の連れ子だったことは知らなかった人が 
大半だったので、会場はすこしざわついてた。 
新婦の手紙の内容によると、どうやら 
幼いとき新婦母が前夫と離婚(姉は前夫のもとに残る)→ 
新婦が小学生のとき、現在の夫と再婚→ 
妹二人が生まれた頃から、父親の暴力が始まる→ 
母親は『上の子と一緒に、前夫のところにおいてくればよかった』と愚痴る→ 
新婦は家では居場所がなかった 
ということだったらしい。 

...そういうことは、家でやってきてくれ。 
その後の花束贈呈は普通に行われたが、招待客の表情は微妙。 
よく「いい披露宴だったね」という言葉をきくが 
そのときは「なんつーか...後味の悪い披露宴だったね」と、 
帰りの電車の中で囁きあってた。


         
2016年03月31日
409: 愛とタヒの名無しさん 2007/08/30(木) 15:54:06
新婦の仕事仲間として昔出席した結婚式。 
新婦は二十代前半、新郎は四十代半ばの年の差カップル。 
新郎はその年にしてはかなり若く見え、これまで仕事一筋だったが新婦に出会って 
はじめて結婚する気になったという話だった。 
披露宴の途中までは順調に進んでいたのだが、新婦友人のスピーチのあとに 
新婦の友達(と皆思った)が一人後ろのほうから出てきて、飛び入りで 
スピーチさせて欲しいと言い出した。 
司会は困惑していたけど、酔っ払ったオッサンたちが「いいじゃないか」と言って 
マイクを渡してしまった。 
するとその人 
「はじめまして○子さん(新婦)、お久しぶりですお父さん。15年ぶりですね。 
養育費も面会も無しでしたが私はここまで育ちました。○子さん、これからは 
義理の娘になりますのでよろしくお願いします。実子に養育費も払わない男が夫で 
これから苦労されると思いますが、末永くお幸せに」 
と一気にしゃべってツカツカ歩いて会場の外に。 
場内は凍りつき、その人が出て行ったとたんに騒然。新郎新婦真っ青。 
途中で気づいて止めなかった司会が新郎親たちに吊るし上げされるし、 
新婦親族は新郎に詰め寄るしで散々だった。私は楽しかったけど。 
結局、披露宴は途中でお開きに。結婚もとりやめ。 
あとで新婦が愚痴ってたところによると、新郎は若い頃恋人をはらませたが 
結婚せず、認知だけして子供が幼稚園児くらいのときまで同棲していたそうだ。 
その後、面倒になって二人とも捨て、独身貴族として楽しく暮らしていたらしい。


         
2016年03月31日
484: おさかなくわえた名無しさん 2009/05/17(日) 10:47:14 ID:RMdasszA
私が通っている産婦人科は産科と婦人科の受付は分かれていて 
会計窓口は一緒、出入り口、トイレも一緒。 
そして婦人科は毎週水曜日と金曜日は不妊治療専門の先生が診る事になっている。 
ある日会計窓口で受付に大声でクレームを言っている女性がいた。 
話を要約すると 

不妊患者はお腹の大きな妊婦を見るのは精神的に辛くなるので、不妊検診の日は産院を休診日にしろ。 
二人目不妊は不妊じゃないので受け付けるな。その人たちがいなければ混雑もなり1人目不妊が診療を受けやすくなる 
休診が無理なら産科の入口・トイレ・会計窓口も別にしてこちらに妊婦の姿が見えないようにして欲しい 
できれば子供や赤ちゃんの声が聞こえないように壁も作れ 

これが良く聞く不妊様かと思った。 
不妊だからってこんなずうずうしい要求が通ると本気で信じているのかな? 

最新記事