186 :修羅場な話 2019/11/09(土) 15:05:01 ID:qjG
元彼は穏やかな人で滅多に他人と喧嘩しない人だった。
何か意見があるときも「××を▲▲に直してくれる?俺はそっちが好きなんだ。わがまま言ってごめんね」とか言うし、
あとからちゃんと「▲▲にしてくれてありがとうね」って言ってくれる優しくて真面目な忄生格。
同僚だった元彼の優しさに惚れ込んで付き合ったんだけど、実は俺様拗らせて頭おかしくなってるバカだった。

例えば、炊き込みご飯が苦手、白米にしてくれる?→本当は炊き込みご飯大好き
例えば、ブロッコリーが好き、シチューにブロッコリーをいれてほしい→本当はブロッコリー嫌い
あとどっちでもいいことで私と意見が被ると「ごめんね、俺は××の方が~」って譲らせ、あとから「言うことを聞かせてやった」と悦に入ってたらしい。
で、譲らせたはいいけど大好きな炊き込みご飯が食べられず、またシチューの日に嫌いなブロッコリーをよそわれて、突然「いい加減にしてくれよ!」ってキレた。
こっちは好き嫌い聞いた上で料理だしてたからびっくりした。「美味しい、ありがとう」って言ってくれてたし。

「美味しそうに炊き込みご飯を目の前で食べられて辛かった、俺も食べたかった」
「シチューのたびにブロッコリーを食べさせられて辛かった」
「紅茶が好きって思ってるみたいだけど、俺はコーヒー派で~」

ってさも私が意地悪していたかのように今までのことをバーッと捲し立てられた。
同時にすーっと血が下がって恋心がガラガラ崩れた。

私と別れた後、新恋人にも同じことをした?のか2ヶ月でフラれ、
「こんな優しい同僚をフるなんて(私)はおかしい」だったのが
「短期間に二人連続ってやばくない?」って周囲の評価が変わったらしい。
もう会社やめてるけど仲良かったパートさんから聞いてスッキリした。