36 :修羅場な話 2017/04/06(木) 16:49:43 ID:uqF
夫が私の前に婚約していた女がスレタイ。
多少シモ話注意。書き込みなれてない長文でごめんなさい。

彼は40過ぎてから婚活を始めた。
年収が高めだったので、女忄生からの申し込みは多かったけど、
その中でもひときわ美人だったA子が気に入った。
当時彼43歳でかなりお人よし、A子40歳派遣。本人曰く「私は仕事がデキル女」。
彼は子供が欲しくなかったので、A子の年は気にならなかったみたい。
3回くらいホテルでディナーをして、互いに結婚の意思が固まって、
半年間くらいかけて結婚の準備をすることになった。
A子が「お互いもっと深く知りあいましょう」ということで、毎晩スカイプをすることになった。
これが毎日毎日どんなに仕事で忙しい時でも3時間から5時間くらい、
主に彼の過去の女忄生関係について根掘り葉掘り聞き出し、訊問のようだったと彼は言った。
次に、彼は重度の睡眠障碍で長年睡眠薬を飲んでいたのを、
「睡眠薬なんか害でしかないから飲まないで」とA子はいきなり薬を全部捨てた。
いきなり止めると危険な薬もあったので、彼は一週間は酷い離脱症状に苦しんだ。
意識がまるではっきりせず朦朧と会社に行ってたけど、その時の記憶がまるでないそうだ。
A子は「薬なんかよりもっといいサプリがあるのよ」と言って、
A子に連れていかれたのが怪しいセミナー。
彼は一か月分で約15万円分のサプリを買わされた。
そして新居の準備がはじまったけど、彼は既にマンションを持っていたので、
A子は自分の好きなインテリアにしたいといい、家具やカーテン選びが始まった。
毎週末には家具屋やカーテン屋めぐりをしたけど、A子は高級志向でこだわりが強く、
あちこちの店をさんざん回ったので、彼は「いいかげんにしてくれ」と思ったけど言える雰囲気じゃなくて。
結局、ややお高めの家具を揃えることに決め、支払いは当然彼。
A子はなぜか「ベッドは絶対キングサイズ」にこだわり、キングサイズのベッドなんか
どの店も少ないので探すのが大変だったみたい。値段も送料もかかるし。
それと同時期に、A子は彼のマンションに毎週末通って食事を作るようになったけど、
まず2人でデパ地下に行き、A子は有機野菜(例えばほうれん草一束500円くらい)にこだわってて、
他の食材も高級なものを買っていて、支払いは当然彼。