781 :修羅場な話 2007/07/12(木) 10:18:50 ID:wxU5nN7E
小学校にあがる前のこと、母と一緒に電車で病院に行った
向かいの座席を見ると、端の方に白い杖をついた男の人が座っていた
母に「おじーちゃんじゃないのに杖を持ってるよ」と言うと、
「目の不自由な人なんだ」、「変だって言っちゃダメだ」と耳打ちされた

そうかと思い、あとは外の景色を見たり、吊革の揺れ方を見ていた
母は居眠りを始めてしまったので、自分は
「早く降りる駅が来ないか」と静かに座っていた

次の駅で三人の女子高生が乗ってきた
三人は盲目の男忄生と少し間をあけて座席に座り、
大きな声で話を始めた

しばらくして女子高生が膝の上に乗せていたカバンを
座席の横に置こうとしたら、そのカバンが軽く男忄生にぶつかった
女子高生はハッとして男忄生の方を見たが、逆に男忄生の方が
「すみません」と、何度も頭をさげて申し訳なさそうに謝っていた

それを見た三人は顔を見合わせ、なにかコソコソと話し
一人は男忄生の隣に密着するように座り、あとの二人は
男忄生の前の吊革を持って立ちふさがった

そして三人はワザと男忄生の身体にぶつかり始めた
女子高生がぶつかるたびに、男忄生は「すみません」を繰り返し、
その身体を小さくしていた身体を小さくしながら何度も謝る
男忄生を見て、三人はずっとニヤニヤしていた

すると酔っ払いっぽいおじさんが「なにしんとんじゃぁああ!」と一喝し、
女子高生の一人をひっぱたいた
逆切れして食って掛かる残りの2人の髪の毛を掴んで引きずり倒し
説教をはじめたと思ったらゲロを吐いた。
吐瀉物まみれの女子高生を残し、おっさんは車掌さんに連れて行かれた