597 :修羅場な話 2020/10/12(月) 12:41:01 ID:An.0m.L1
もう20年も前のことだけど。
夫の精子が奇形率が高く健康な精子が少ないうえに運動率も悪く、
一通りの検査のあといきなりICSI(顕微授精)を勧められた。
結婚した時私は27歳で、夫は29歳。
今時なら“27歳は若くない、子供が欲しいならさっさと検査だけでも受けろ”って流れっぽいから
批判もあるかも知れないが、せめて一年は夫婦ふたりでと希望したのは私の方。
と言うのも、私たちは四国と東京の遠距離恋愛で2年付き合っての結婚で
夫が勤める東京へ私が仕事を辞めて引っ越したと言う状況で
周りに全く知り合いも親戚もいなかったので、せめて田舎者が都会の生活に慣れるまで
一年間は夫婦二人だけで暮らしたいと思ったから。
夫は出張も残業も多い仕事で、出社も退社も時間が不規則な中で
私は100%家事をしながらパート勤めをしていた。
そして一年経って子供をと思ったらなかなか出来なくて、更に一年が経って検査を受けたら
夫に原因が見つかり、上に書いたように高度不妊治療が始まった。
初めてICSIを受けた時、18個採卵できたので期待したんだけど1個も受精しなかった。
すごくショックだったけど終わったことをああだこうだ言っても仕方ないので
次うまくいきますようにと祈りながら数ヶ月後に2回目を受けたら5つしか採卵できなくて
再び受精ゼロ。
3回目、4回目と、1回目にあんなに採卵できたのが嘘みたいにやっぱり5つずつしか取れず受精もしなかった。
この時に子供を持つのは無理かも知れないと覚悟みたいなものができ始めた。
そしてパートしながら遠方の病院に治療に通うのがしんどいのもあって、夫に「諦めた方がいいのかも」って言ったら
「都会の生活に慣れるためとか甘っちょろいこと言ってないで、身体が若いうちにやっとけばよかったんだ」
って言われたんだ。
ちょうど30歳になったばかりだった。
えー、私の身体が老いてるせいにするんだ・・・って思った。
そりゃあ妊娠するには若い方がいいんだろうけど、誰も知り合いがいなくて環境もずいぶん変わった中で
仕事が忙しい夫になるべく負担掛けないように、私なりに頑張ってきたのに
そんな言い方されるんだ・・・って思ってショックだった。
でも4回やって全く受精しない状況で希望を持てなくなって、それでも苦しい思いをして治療に通うのが辛くて
(私は腹水が溜まりやすかったから、注射よりもそれが苦しかった)
今年一杯やってダメだったら不妊治療を終わりにしたいと言ったら、せめて35まで頼む!とか言われて
だったら今すぐ終わりにしたい、35までなんて無理です、って言ってどうにか了解をもらった。
そしたら5回目のICSIでひとつだけ受精して、子宮に戻したらまさかの妊娠。
やめてと言うのに夫が義父母に速攻で報告した。
と言うのも、この時初めて聞かされたんだけど、先に結婚した夫の従兄がふたりいて
ふたりとも不妊で子供がいないらしい。
夫は一人っ子で、義父母がそのことをすごく気にして、私の前で言わないだけで
ずいぶん気をもんでたらしいんだ。
だから嬉しい知らせを早く伝えて何が悪いって。