470 :修羅場な話 2015/09/30(水) 09:45:32 ID:1Ff
心の片隅に引っかかってイライラする
当番制でまわってくる自治会の役員をしている
俺は今年32歳で妻は29歳
妻は病気で耳を悪くしてから低気圧の日はアマージュを飲んで横になっていることが多い
だから役員は俺がメインで出るか、妻と二人で出る
同じ役員で少し離れた場所にすむ28歳のAさんがいる
離婚して出戻りしたと噂のAさんは見た目も派手で10代の格好をしている
自治会清掃の日もパソツが見えそうなミニスカできていた
自治会のラジオ体操も高いピンヒールできていた
俺はその人から軽く言い寄られてた
役員繋がりで役員全員と連絡先を交換したら、頻繁に電話がかかってきた
自治会のあとは個人的な食事に誘われることもあった
週末の予定も聞かれた
俺は結婚しているのでと断ったが、Aさんは「既婚者にも息抜きは必要」としつこかった
妻の前でも平気でやられた
土曜日、また自治会の集まりがあったので妻と参加した
Aさんは俺の腕に自分の腕を絡ませて「今からまた食事いきません?」と誘ってきた
また、というがAさんとは個人的に食事に行ったことはない
行ったのは自治会の打ち上げ的なものだけ
Aさんは明らかに妻を挑発していた
妻はそれを見て、俺が断るよりも先にAさんを挑発した
「自分より年上の女のお古を漁らなきゃならないほど、そんなに切羽詰まってるの?
こんな中古に必タヒになれるなんて、若いのかしら」
“こんな中古”と言われて内心動揺を隠せなかった
Aさんに「酷い、あんな人が奥さんなんて可哀想」と言われて、そのまま2人でお茶をしてきた
家に帰っても妻からも謝罪がなかった
月曜日から弁当も準備してない
「今低気圧でずっと頭痛してるから」と弁当だけに限らず夜の相手も拒否される
そんな日曜からずっと低気圧が続いているなんてことはおかしい
俺を侮辱したこと、弁当を作らないこと
それが心に引っかかってイライラする
妻への愛情が引いていく気配がする