70 :修羅場な話 2017/01/13(金) 07:14:05 ID:/1hw+Cja0.net
妻が弁護士(女忄生)モラ八ラとDⅤを理由に離婚を言ってきた
弁護士曰く「悪いと思うなら慰謝料払って離婚しろ」とどこかで聞いたことのある事を言った
私は「事実ではないし、悪いと思っていないので離婚は良いが慰謝料は払いません」
弁護士「では裁判になります。そうなるとあなたの地位や名誉が(ry・・・」
私「私は事実ではないと説明してるだけです。それは脅しですか?脅してお金請求しているから恐喝ですねw」
私の挑発に乗った若くてヤヤ美人の女忄生弁護士は
弁護士「私は方に基づいて言っているだけ!そこまで恍けるならお前なんか裁判で金むしり取ってやる」
私「そうですか、完全に恐喝になってますねwこの会話はお互い録音していること忘れているんですか?
では裁判で話し合いましょう。あ、それとこれ」
私は私が雇った弁護士の名刺を見せてやった
私「弁護士さん、あなたは聞いていないと思いますが妻は不イ侖しています。ご存知ですか?」
弁護士「そんなのでっち上げでしょ?それこそあなたの立場が・・・(ry」
私「嘘はやめてください。それとこれ」
私は妻とその弁護士のメールのやり取りを見せた
そこには妻の浮氣は伏せてバレる前に離婚して3年経てば無効になるとやり取りがあった
私「今日はお引き取りください。私の弁護士から連絡行くと思いますが〇月〇日に話し合いしましょう」
妻弁護士は真っ青になって帰っていった
ついでに妻も真っ青になっていた
私「お前大した女だなwお前のやっていること詐欺だって知っている?話し合いが楽しみだw」
と一言言って私名義の携帯取り上げて義実家に帰らした