528 :修羅場な話 2014/08/29(金) 04:52:55 0.net
離婚済みですが「元」は省きます。

結婚したらウトメもコトメも嫁いびりオンパレード、別居なのに1日3回罵詈雑言電話がくる。
夫に相談したら「寂しいんだよ、我慢してやって」と言われたけど、そこから「お前が至らないのが悪いになるまでわずか半年だった。
夫は今思えば典型的モラハラ男で外面は完璧だったので、あれよあれよと言う間に私は自己評価ドン底のエネmeになった。
宗教並みに夫のことを世界で一番素晴らしい人だと思ってた。
夫の浮氣が発覚したときは流石に泣いて訴えたけど、ウトメとコトメと夫、夫の友人2人の6人がかりで「お前が悪い」と丸2日眠らせてもらえず飲まず食わずで説教された。浮氣相手も一緒にいてヘラヘラしなが見てた。
その日からちょっと記憶が曖昧なんだけど、ある日突然中学の同級生(A)が訪ねてきた。
Aが美人だったので夫は上機嫌で家に上げて、一緒にお酒飲んだりして、Aが「私さんをお借りしてもいいですか?」と夫に言うと、夫は快く送り出してくれた。
何故かそのままAの行きつけのホストクラブへ。

長かったので分けます。