188 :修羅場な話 2009/03/27(金) 11:47:03 0
トメは本当にあからさまに私の事を無視してた。
たとえば談笑中、私がトメに話しかけても無視、
夫が「嫁子が話しかけてるよ」と言っても「そお?」とニコニコ、
ああ聞こえなかったんだ、と思ってまた話すと無視…
二人きりにでもなったら一つも会話なし。
食事は出る物の、お茶やお菓子は無し、食事中も完全無視。
夫やウトが何回も怒ったけど「お母さんそんなの知らない」と知らん顔。
私も最初はグズグズと泣いていたが、いい加減嫌になって
夫とウトの了解を得て、トメを完全に無視する事にした。
家に来た時もウトには「いらっしゃい」と笑顔であいさつしてスリッパを一つ出し、
お茶もお菓子もウトの分だけ、そして「あれ?」って顔をしてるトメを皆で放置して談笑。
段々と焦り始めるトメ、何とか会話に入ろうとするが
トメ「そういえばお婆ちゃんがね…」
夫「この前接待ゴルフ行った時にさ~」私たち「うんうん」トメ「………」
トメ「お昼お寿司でも取りましょうか!」私「○○においしいお蕎麦屋さんがあるんですよー!」
夫「ああ、あそこうまいよな。自家製の豆腐がさ~」ウト「いいな、行くか!」トメ「………」
トメは数時間後には泣きだし、「何なのよ!!みんなして!そんなに私いじめて楽しいの!?」
夫「豆腐うまかったな~」私「買ってきて良かった~、夜も食べようか。ウトさんもぜひ」
ウト「おお、悪いね嫁子さん」
トメ泣いて出て行ってしまいました。
後はウトにお任せしておく事に。
その日の夜はウトがみっちりと〆上げたらしく、逆切れトメに離婚を言い渡され、
ウトは「長年連れ添った女房がこんなに嫌な女だったとは…」と
離婚に承知すると、泣き落しで謝罪したらしい。
次の日からトメ電がめちゃくちゃ入りまくるも、無視しておいて
凸も無視して2日目、トメからタラバガニが届いた。
受け取り辞退でお返し。
今日は何かハムかなんかの詰め合わせみたい。辞退したけど。
さらに「またみんなで仲良くしましょう」というハガキが届いたが、
今まで「みんな」で仲良くした事なんてないので無視。
とりあえず今落としどころが分からずちょっと困ってる。
だってトメに無視されるあの嫌な空気を吸わなくていいんで快適すぎて…