929 :修羅場な話 2012/09/02(日) 03:07:39 0
「お前が好きだよ。
俺は男だからお前のためだけには生きられないけど。
お前に母さんに尽くすよう頼んだのは、お前と母さんと天秤にかけたんじゃないよ。
母さんに尽くす姿を見てお前をより深く愛することができるようになるからだよ。
それに母さんのいう事はお前と違って医学的だしね。
だから、何があっても怒ったりしないでほしい。
泣いて笑ってお礼を言って頑張ってくれたら、もっともっと愛せるから。
怒られたら愛が薄れてしまうよ。
それは一番悲しいだろう?
女としてお前には俺しかいないんだからね」

トメの嫁いびりはすごかった。
私が買ってきたナプキンを毎回捨てる。
「整理が来てもいいって思いが妊娠を妨げる」ってさ。
妊娠させたいって思いは本当なので、暴カは一切しないんだけど。
とにかく二言目には「それが妊娠しなくなる原因よ」
ナスその他夏野菜食べるな電車に乗るな外食するなスカートやぴったりしたパソツ履くな…
旦那に言っても「妊娠しないのは事実なんだから、努力するしかないだろ。2年頑張ってダメなら二人で検査を受けよう。お前だけに辛い思いはさせない」と。
現状が辛いと訴えても「金で解決、は自助努力の後だよ」と切り捨てられた。
で、結局「じゃあ一緒に検査を受けよう」と旦那に二年後に切り出したけど、そしたら「努力しても二年妊娠しなかったろ、原因がお前だって明白だな、俺は努力しなかったもん」と謎の理論。
調停にもつれ込んだけど「乜ックスレスは有責になり得ても不妊はなりえない」と知らなかったらしい。
嫁が赴任だから有責!証拠がないのは嫁が病院に行かなかっただけ!とわめいてた。
別れてから数年、存在を忘れてたよ。
結局子供はいないけど、もういいよ。