337 :修羅場な話 2008/04/30(水) 09:09:01
前に言った結婚式で、新郎母と新郎姉がそれぞれ遺影を掲げてた。
父親とかならわかるんだけど、それが2歳の子供…
しかも泣きじゃくっていて、たまに号泣。
そしてお酌しに来た新郎母はその事故で亡くなった子供の思い出を延々と語る。
女の子だったんだけど
「いつかウェディングドレスを着て…」とか
「成人式の着物が…」とか。
おまけに飛び入りスピーチで
「新婦さんを見て娘を思い出し…」「女としての幸せが…」と号泣。
さらに「娘の席と陰膳を用意してくれなかった」と新婦側を責める。
グジャグジャと泣きながら話す新郎母姉を、最初は
「かわいそうに…」と思っていたんだけど、
それが延々30分以上。
子供や孫を亡くしたってのは大変な事だし、それはわかるんだけど、
「子供を亡くした事が原因で夫と離婚した」とか、
「あの時ほんの一瞬目を離さなかったら」
「新郎が新婦とデートに行ったから預かってもらえなかった」って何回も何回も言う。
とってもくらーーい気持ちになった。
新郎も新婦も高砂でうんざりがお、そのスピーチのせいで時間が押してお色直し一回省略。
しかも後から聞いたら、その子供のタヒ因、
DQNの夏の風物詩とでもいうか、「パチ〇コ放置タヒ」。
チャイルドシートに座らせておいてタヒんだんだって。
2歳だからせめて普通にしてたら開けられたかもしれないけどね。
そういえば数年前に地元で執行猶予になったパチ〇コタヒがあったなー…って思いだした。
ちなみにパチ〇コしてたのは新郎母と新郎姉、
新郎姉元夫はパチ〇コを辞めるように何度も言っていたそうだ。