852 :修羅場な話 2014/10/31(金) 21:29:00 ID:FJglvNZG.net
ハロウィンなので子どものいるお宅はハロウィンイベントするべく、前もってお菓子を用意していたらしい
参加者はご近所の子どもたちで総勢100人位いたと思う
うちは小さい子がいないのでもちろん不参加で無関係のはずが
「お菓子くれなきゃいたずらするぞー!!」
インターホンをガンガン鳴らされて、扉を複数の子どもがガンガン叩く音がした
私はぎっくり腰で寝たきりだし、娘は夜勤明けで仕事に向けて睡眠をとってた
放置したら帰ってくれるかな?と思ったら、扉ガンガンする子どもに増援が
ガラス張りの扉が壊れるんじゃないかという勢いでガンガン
しかも
「お菓子くれなーい」
「いたずら?」
「くれないならイタズラしていいんだよね」
「窓に石投げたら気づく?」
「じゃあ私庭いくー!」
「私車のりたい!」
とんでもない会話が聞こえて子どもたちの散る音がした
ベッドからやめてー!と叫ぶも、腰に響いて声が出ない
半分諦めかけたところで、部屋の中からそこら一帯に響き渡る怒鳴り声が
「ゴルァァァ!やめんかぁぁぁ!」
ドアのバーン!という音とともに娘の声が子どもたちを追い立てて
「全員でてこいやぁ!並べえええ!」
娘の迫力に子どもたちの動く音がピタリとやんだ
ド迫力のまま子どもたちを集めると、
「トリックオアトリート、お菓子を置いていくかうちのシェパードに噛み杀殳されるか選べ」
子どもたちギャン泣きで逃げ出しハロウィンイベント終了
その後車を確認したら、フロントガラスにばっちり手形足形ついて若干凹んでたorz
娘は写真に全部納めてすぐさま自治会長に話に行ってくれた
さっき帰ってきて、崩された庭のレンガや車の修理費を保護者全員の責任として出してもらえるらしい
娘が帰ってくるのと入れ違いに何件か謝罪にこられたお宅もあったけど・・あんな子どもたちが近所にいるなんてことが判明して恐ろしい