596 :修羅場な話 2019/09/22(日) 12:04:05 ID:5G.d6.L2
「男の子は勉強さえできりゃいい」という教育方針の伯父夫婦。
望み通り、従兄は勉強はできるがそれ以外何もできない男に成長した。
趣味はソシャゲとアフィサイトを読むこと。友達無し、休日の予定なし。話題は「今月はいくら課金した」と、ネットで読んだ話の繰り返しのみ。
新卒で就職するも「みんな声がでかくてイヤ」を理由に二ヶ月で辞め、その後二回就職したがやはり長続きせず、現在無職。
掃除洗濯はむろんできないし、そもそも「自分で身の回りのことをしなくてはならない」という発想がない。
かろうじてできるのはカップラーメンにお湯を注ぐこととインスタントコーヒーを淹れること。驚いたことにレンチンすらしたことないらしい。伯母がやるから。
燃えるゴミと燃えないゴミを分けて捨てることも、缶切りどころかパッカンを開けることすらできない。
ゴミはいっしょくたに捨てとけばあとで伯母が分別するし、パッカンは切り口が鋭利で怖いからという理由。
伯父夫婦は「家事なんかお嫁さんをもらえば解決」と思っていたらしいが、見合いさせても全滅。そもそも女としゃべれない。
アフィサイトを真に受けて「女=ま~ん」と思っているから三分で嫌われる。
伯父がうちの親父に「息子の育て方を間違えたかもしれない」と愚痴っているのを聞いてスレタイ。
しかも俺を養子に欲しがっているらしくもっとスレタイ。
親父がきっぱり断ってたが。
家族でテレビを観ていた時に、従兄が「焼香」という言葉と作法を知らないことに気づき、伯父は「あれ、こいつヤバいんじゃね?」と初めてビビったらしい。遅い。
親父に「兄貴たちもいつまでも元気じゃないんだから、ヒロ(従兄)ちゃんを一人で暮らしていけるようにしとけ」と言われオロオロしていた。
帰り際「どうしてうちの子はマー(俺)くんと違ってああなのかな…」と言われたが、育てたように育っただけだと思う。