705 :修羅場な話 2013/06/13(木) 15:53:31 ID:oVt1gSsy0
流れを切りますが、ちょっとDQN返しかもしれない復讐
フェイク入れてるので辻褄合わなくても気にしないで下さい
読みにくかったらごめんなさい

小学生のころ住んでいたのは、閉鎖的でいわゆる典型的ムラ社会の田舎
過疎気味で子供も少なく、同じ学年の児童なら家族丸ごと全員知り合いレベルの狭きコミュニティです

私はそこに、父と父方の祖父母と住んでいました。母は幼いころに亡くなりました
その地域に住んでいた子供の中で、父子家庭だったのは私だけでした
片親しかいない私は学年内で目立ち、嫌がらせや軽いいじめの標的にされていました

私へのいじめを主に仕切っていた男子をAとします
Aは小学生のころからかなりガタイがよく、学年のリーダー格な存在でした
更に、Aの口癖は「俺の親戚には893がいる」でした
しかしこれは事実ではありません。祖父母にも確認しましたが、Aの家系に893はいません
もしAの家族に893の繋がりがあったら、狭い田舎で噂にならないはずありませんからね
きっとAはテレビか何かで見た言い回しを気に入って使っていたのでしょう
当然他のみんなもそれが嘘だと知っていました
ただAはそんな嘘をつかなくても腕っ節が強く、態度も威圧的なガキ大将でした
男子はAに逆らって痛い目を見るのを恐れ、私へのいじめに加担したり見て見ぬふりを決め込んでいました

といっても、私に対しては暴力的な振舞いはほとんどありませんでした
Aは口ばかりは達者ですが、かしましい女子に対しては腕力を振るえないヘタレなところがありましたから
陰口を叩いたり、私の方を向いてこれ見よがしに笑ったり、スカートを引っ張ったり・・・
精々が足を引っ掛けて転ばせようとするか、背後からランドセルを叩いて走り去る程度でした
どれも幼稚で見え見えな手口なので、私は大して気にしませんでした
女子は誰も私への嫌がらせを快く思っておらず、みんな味方してくれたので寂しくもありませんでした