708: 名無しさん@おーぷん 2018/07/27(金)12:24:21 ID:260
義実家に行きたくありません。
義兄嫁が人形大好きですが、その人形は私が大嫌いなタイプの人形です。
母の話では、私は二歳の頃にはリカちゃん人形ですら怯えてひきつけを起こすほど人形恐怖症で、中学生くらいまではマネキンが怖くて服の売り場に近づけませんでした。
原因もわからないため、治療法も無いようです。
人形に詳しくありませんので正確に伝わるかわかりませんが、義兄嫁の人形はチャッキーのようなアニメ顔のアメリカ系の人形で、目がとても大きく、
さらに全部の人形に傷跡があります。
ある人形は口が裂けていたり、眼帯をしていたり、顔に縫い目があります。
目の周りも黒くメイクされていて、シ人かお化けのようで、それらの人形はゴスロリの服を着せられています。
人形が好きな人には不快な意見だとはわかっていますが、気持ち悪くて仕方ないのです。

義兄嫁は義実家へその人形を専用のケースに入れて運んできます。毎回そうしているそうです。
人形は家族なんだそうで、リビングに並んで座らせます。
義実家のルールで食事は全員でとるのですが、結婚後の初顔合わせだったにもかかわらず、
耐えきれず、食事中にトイレに逃げ込んで戻してしまいました。
30分以上トイレで苦しみながら吐く私を見て、夫は「ここまで酷いのか」と理解してくれて、
その時はそのまま私を連れて帰ってくれました。
今思い出しながら書いても気持ち悪くて仕方ありません。
義兄嫁の人形好きは高校時代からだそうで、義実家公認で、義実家にある義兄たちの結婚式の写真にはこの人形が一緒に写っています。
義両親には女の子がいないため、「女の子は人形が好きなもの。嫌いな次男嫁(私)がおかしい」という考えです。
今年は夫の弟の十七回忌があります。
もちろん義兄嫁も人形を連れて来るそうです。
前回の事があるので、今回より長時間あの人形たちがそばにいると思うと、本当に恐ろしくてたまりませんし、
また戻してトイレで動けなくなったらと思うと…。
夫は「妻はお盆休みなんて無い仕事だし、夏は繁忙期だと伝えてるから、直前に体調不良になったことにして家で待ってるか」と言ってくれるのですが
今後一生それで通用するとは思えないし、私の筋金入りの人形恐怖症も収まるとは思えません。
かといって自分の娘とまで言う義兄嫁の人形が吐くほど怖いなんて言ったら、義兄嫁にとってこれほど不愉快なことも無いと思います。
どうしたらいいでしょうか…。