520 :名無しさん@HOME 2004/03/26(金) 11:52:00
3人目を妊娠。 
それがわかった途端、「産む気なのか?」と電話をしてきたウト。 
「堕ろせとおっしゃるのですか?」と聞くと、「そんなことはワシには言えない」と言う。 
ムカついたので「今、子供がそばにいますので」と電話を切った。 
その週末のこと。その日は娘の運動会。 
「足が痛いからいかない」と言っていたはずのウトトメがいきなりやってくる。 
ウチに来るなり、旦那にむかって「お前らは何を考えてるんだ。一家心中する気なんかッ!」と怒鳴りつけた。 
(ウチは自営業。確かに経済的な余裕はあまりありません) 
その後、運動会の会場でもウトの説教は延々とむ続く。 
辟易した旦那が「娘を見に来たんだからやめてくれ」と言うと、 
「今まで話したことはなかったが、うちも昔、そういうことがあった。 
ワシは母ちゃんに土下座して、おろしてもらった」と さ も 辛そうに告白。 
それを聞いた旦那が「だから、俺にも子供を杀殳せと言うのか?」と言い返すと、「欲しくて作った子供じゃないのなら、そうしてもいいだろう」と言い放ちました。 
トメは私の肩を抱き「女は辛いよねぇ」と涙ぐんでました。 
もう、アホかと。 
その日の夕方、再び電話があり「嫁子さんの通帳に金を振り込んでおいたから、(堕胎を)頼む」と言われましたよ。 
こんなウト、杀殳してもいいですよね。