290 :本当にあった怖い名無し2013/06/28(金) 05:38:54ID:SAWZiHAc0
復讐かどうかは分からないが深夜に書き逃げ
フェイクあり
俺は中学校の時に名前に動物の漢字が入っていることで今でいうDQNにいじめられていた。
申田→申→サル 猪刈→猪→豚 みたいなくだらないもので、主に大声で罵倒、たまに机に動物名の落書き。
ただ部活の友人達とは良好な関係であったため、いじめみたいな下らんことには無視を貫いていた。
ただ、中3の秋に事件が起きた。
ある日の校内放送で「○○が町に現れたので、下校の際は集団で帰ってください。」との放送があった。
ちなみに○○は俺の名前に入っている動物名。
俺の町、田舎であるくせにこういう動物には不慣れ。というわけで生徒たちは恐怖と興奮深々の半々であった。
ただ何を考えたのか、DQN集団は〇〇狩りだということで下校時に一人で帰る俺を襲ってきた。
(俺の家は町から外れているため途中から友達と別れ一人で帰ることになる)
街灯もないところで不意打ちされたらそりゃ動けなくなるさ。
気付いたら病院のベットの上、おかんが心配して泣きながら俺に何があったかを聞く
親父は犯人に対して怒り狂ってたが俺は
あー背中痛いなー、右腕折れたら勉強しづらいなー、先生(お医者様)この腕どれくらいかかりますかねー
とか考えてた。
そりゃ受験前だもの、推薦入試だって受けてたし。
親父たちが軟化して親父の自力で犯人特定したが、制裁は俺が止めさせた。
徹底して無視してやろうと思っていたからだ。
そのころの俺は厨二病()というやつで無抵抗主義のカンジーのマネをしていた。