231 :名無しさん@おーぷん
結婚が失敗だった。結婚してから旦那の理想の女性.像が母ちゃんだって知ったわ。
結婚前は共働き生活費折半家事は半々って約束だったんだけど、
実際籍入れてみたら自分からは何もやらない、
やっておいてとお願いすれば動いてくれたけど、
「洗濯物干したよ」「ありがとう」ってやり取りだけだとすっごい不満そうにふて腐れる。
「ありがとう!旦那君は優しいねぇできる人だねぇ私すっごい助かったわぁ!」って煽てて褒めて
いい気分に乗せてあげないと駄目。
そのうち「お前はあれやれこれやればっかり言って感謝もしない!」って言い出して
頼んでも何もしてくれなくなった。
その上生活費も入れてくれなくなって、大喧嘩した時に出た台詞が
「お前は不満ばっかりだな!母さんならやってくれた!母さんを見習え!」だった。
母子家庭なのはもちろん知ってた。
母子家庭の母ちゃんなら大黒柱になって生活費全額稼いで来るだろうし
基本家事育児は全部自分でやって、子供が手伝ってくれれば大袈裟に褒めもするだろうけど、
私は母ちゃんじゃないんだよ。
ご両親の離婚の原因は根掘り葉掘り聞いたりしなかったけど、
家庭にお金を入れないで暴言を吐くような人だったって話だけは聞いてた。
「俺は母さんを大事にして、父さんとは違う温かい家庭を築きたいんだ」って言われて
丸ごと信じてたよ。
義母さんが泣いて「これじゃやってる事あの人と同じじゃない」って言ってくれたんだけど、
旦那は「父親が母親に抱いた不満は不当な物だったから生活費を入れないとかはおかしい、
だけど俺が嫁に抱く不満は正当な物だから生活費を渡さないのはおかしな事じゃない」って思ってるみたい。
こういう思考回路って治る物じゃないから早めに離婚しようって思ってるんだけど、
泣いてる義母さんが不憫すぎて切り出せない。