626 :2012/04/08(日) 11:31:300
会社の先輩(女性.)が珍しく落ち込んでいたので
気になって声をかけたら、元ダンナさんから手紙が届いたとのこと。
あーそれ、ロミオメールって言うんですよと、歴代の傑作をいくつか紹介したら、
「そうかぁ、笑い飛ばせばいいのね!」と、スッキリしてくれた。
で、先輩のところに来た手紙の一部を、ご本人の許可をもらって晒します。

『桜の季節が廻って来たね。街にはピカピカの1年生が溢れています
僕たちの子供も、生きていれば今年小学校入学だったんだね
思えば、赤子が小学生に成長する長い年月を
君は後悔と反省に費やしたのでしょう。僕もそれを受け止めるべきでした
あの子は生まれ変わる日を待っているはずです。また1から始めましょう』
(一部省略・改変あり)