165 :1/4
5年前の2月ごろから夕食後に睡魔に襲われてうっかり寝てしまうことが増えた俺(当時31)。
最初はこたつでうとうとなんていう可愛げのあるものだったけど、
段々と寝る時間が増えてしまって、2、3時間ぐらい平気で寝てしまっていた。
よほど疲れているのかなと思ったけど、にしても週1から2回は多すぎるので医者に行って見てもらうと嫁(当時28)に言ったら「気にしすぎよ」と言われたから、
まあそんなもんかと思いながら過ごしていた。

そんな生活が続いた一年半続いた3年前の夏に、嫁の飯が恐ろしくマズく感じた。
苦味とも渋みとも違う変な味がして、
「今日のメシマズくねえか?」って聞いたら
「いつもと同じだけど…」と言われたから、
どこか悪いんじゃないかと医者に行こうと決意。
その直後に強烈な睡魔に襲われてベッドに入って寝ようとしたら、
嫁から「寝る前に風呂入ってよね!」と言われたけど、とてもそれどころじゃなかった。
この時、夜の8時ぐらいだからいつも通りなら11時には起きるだろうと思ったんだけど、
目が覚めたら外が明るい、というか眩しいので時計を見たら翌日の昼の11時。