163: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/22(木) 14:45:08.53

私の、というか両親の修羅場。
当時、小学一年生だった私はスーパーファミコンが欲しくて欲しくてたまらなかった。 
持っている友人の家に遊びに行ってマ○オを羨ましく眺めていた。 

いくらせがんでも買ってもらえなかったので、お手伝いでもらえる10円を貯めたり 
テストで必ず100点をとったりと自分にとっては血の滲むような努力をしていた。 

そんな努力の日々、クリスマスの時期がきた。 
サンタを信じていた私は、もちろんスーパーファミコンをもらえるように願っていた。 
サンタさんへの手紙も、親に推敲してもらいながら書いて、親に預けていた。