302:恋人は名無しさん2011/05/13(金) 21:55:53.51ID:KPf+1HQdO
もう完全に笑い話に出来るようになった昔の話。
元彼がある日のデートに母親と元彼の幼なじみの女の子、
そしてその両親を連れてきた。
そのデート場所は自分が初めて元彼の両親に
「彼女と付き合っている」と紹介してくれた、
ある意味思い出深いステーキ屋だった

そこで元彼母親から知らされたのは元彼が幼なじみの女の子を
妊娠させたので別れて欲しい。
そして金輪際元彼に連絡取るような真似をしないで欲しいという事だった
ついさっきまで普通のデートだと思っていたので頭真っ白になったし、
事態の把握が出来なかった。
とにかくまだぺたんこのお腹を嬉しそうに触る幼なじみと
その両親を見ていた。
訳が解らずにボーっと話を聞いていたらどうやら幼なじみが
同棲していた彼氏に浮気されて傷付いて実家に帰った時に
元彼が親身に励ましてくれたそうだ。

その話は少し聞いていたし、幼なじみと飲みに行って
相談に乗っていたのも知っていた
それがいつの間にか男女の関係になり、子供が出来たと言う事だった
26歳になって、結婚も考えていた。何も言い返せなかった。
涙も出なかった
ただ、少し体勢を変える仕草をすると
元彼母親や幼なじみ家族が幼なじみを守る仕草をするのがじわじわキツかった