461: 1/2 2008/06/19(木) 20:18:18
以前同居していた時、しょっちゅう服や物がなくなって、 
良く考えると紛失する時はコトメが来た時にだけ。 
夫には相談したけど、さすがに証拠もなく泥棒扱いはダメだという結論になって、 
コトメが家に来る時はかなり警戒していた。 
とはいえコトメの実家だし、いつでも入り込める状況なので、 
さすがに私たちが家に居ない時には防ぎようがなかった。 
一応本当に大事な貴金属は実家に保管し、 

安物の普段使うアクセなどだけを持っていて、その写真も撮っておいた。 
そして家に帰るとコトメが来ており、慌ててジュエリーボックスを確認すると二つ無い。 
写真で何回もチェックしたけど、気のせいじゃない。 
「もーー嫌だああ!!」って叫んで、リビングに駆け込み、 
コトメのカバンひっくり返したら出てきた。 
嫁子の気が狂った!と驚愕するウトメと、泣きながらカバンをひったくるコトメ、 
泥棒泥棒!と泣き叫ぶ私でまさに修羅場に。 

夫に電話して状況を話し、そのまま無理やりコトメのアパートへ連行した。 
そして「止めてよーー!!」って叫ぶコトメと取っ組み合いしながら 
家じゅうの収納をひっかきまわし、自分の服やカバンやアクセを回収した。 
ウトがコトメをぶん殴り、トメは大泣き、駆け付けた夫は 
「俺は嫁子がお前の事が怪しいって言った時、かばったんだぞ!信じたのに」と情けない顔。 
コトメが「嫁子さんに殴られたんだよ!」とか、 
「無理やり取った物は証拠品に出来ないんだからね!訴えても無駄なんだから!」 
とか、何か頓珍漢な事言ってウトメと夫を悲しませてた。 

結局謝罪もないまま、私たちは別居する事に。 
一応コトメにとって実家だし、ウトメにとっては実娘だしって事で。 
そして冠婚葬祭時はしょうがないとしても、私から夫実家へのコンタクトは取らない、 
コトメも私たちの新居には近寄らない、 
コトメの話を私にしない、と言う事で話がまとまった。