391: 1 2008/07/22(火) 00:08:28
自分語りなんで、気に入らない人は勘弁。 

8年前、当時20歳の大学生だった妻と結婚した。俺は当時28歳。 
普通に卒業してから、と思っていたが、
妻はちょっとばかり苦労人で保護者的な人とうまくいっておらず 
「早くうちとけた気持ちになれる家族が欲しい」
という希望だったので。 
1年たって、会社の健康診断→精密検査で、
俺が白血病の一種にかかっていることが発覚した。 
かなり衝撃をうけたが、悩んだ後で妻に正直に打ち明けた。 
場合によっては離婚も視野にいれていた。 

「絶対、(離婚は)いやです。
結婚して大学で珍しがられてるのに、
そのうえあっと言う間の離婚なんてできません」 
「しかし、俺と一緒にいても
この先の長期的な展望は描けんのだけど?」 
「○○さん(=俺)・・・・・タヒぬんですか?」 

 「すぐにはタヒなんw 薬で抑えて、
一応普通の生活はできるし、薬で治った例もある」 
「ならいいじゃないですか」 
「よくはない。悪化する可能性だって
同じくらいあるそうだ。先は全然分からない」 

「可能性で別れる話はしないで下さいよ・・・
わたしをキズモノにしたくせにw」 
なんだか、妻には余裕があるように見えた。 

俺の白血球は異常な数値で高め安定し、
たまに倦怠感や眩暈はしたが、体重が増えたり 
病人とは自分でも思えない良好な体調を維持した。 
その間に妻は卒業して、OLになっていた。