239: 名無しさん@HOME 2008/01/18(金) 18:11:50

私の大好きなコトメちゃんの話です。 

先日、コトメちゃんが流産しました。流産の影響で子供を産めない身体になったらしく 
トメさん(善意を周りにも強制する困った人)に慰めに行ってやってくれないかと頼まれました。 
仕方ないなぁと思って、コトメちゃんの入院する病院へ行きました。 

3年ぶりにあった喜びを表すために、まずは大袈裟に抱きつきました。 
ええ、コトメちゃんは顔を真っ青にして喜んでくれましたとも! 
一通り慰めの言葉をかけた後、周りに人がいなくなったのを見計らってやっちゃいました☆
私「そういえばコトメちゃんも、こうやって私が流産したとき慰めてくれましたよね。 
しばらく夢に見ちゃうくらい嬉しかったなぁ~」 

コトメ「ごめんなさい…」 
私「ええっと、『前から使えないと思ってたけど、子供もちゃんと産めないんですね』」 
コトメ「…(俯いて泣き出した)」 
私「うんと、『子供もちゃんと産めない女なんて女としての価値もないし、さっさと別れたらどうです? 』」 
私「それから、『そうやって情に訴えて、悲劇のヒロイン気取りですか…  
今後の参考の為にどうなってるのか知りたいし、お腹の中身見せてくれませんかぁ?  
あ、あまりにも居心地悪いから、赤ちゃんも早めに出てきちゃったのかも! 』でしたっけ? 」 
コトメ「うぁあっぁあああ(号泣)」 

優しいコトメちゃんのことだから、当時の私に感情移入して感極まちゃったのかな? 
思い出話はまだまだいっぱいあったんだけど、病人に無理させちゃいけないし、 
ちょうど看護士さんとトメさんが戻ってきたので、最後に一言かけて帰ってきちゃいました。 

私「ふふふ、因果応報っていい言葉ですよね! あ、また来ますね! 」 

帰宅後、旦那とトメさんに何故かすっごく叱られたけど、ちゃんと説明したら土下座して喜んでくれました。 
いいことするって気持ちいいね! 生まれてくる子の為にも、嫌な事は早く忘れて頑張らないと!