900:おさかなくわえた名無しさん2017/10/22(日) 01:04:46.77 ID:b14gR2SL
離婚後ほぼ音信不通だった父が私の勤め先である某総合病院に患者として運ばれてきたこと。
突然、救急外来の看護師から「お父さんがが来ている」と内線。
この時点でプチパニックだが、名前・生年月日が一致するので確認に走ると、間違いなくうちのバカ親父。
まだ親族誰も到着していないので、諸検査の同意、持病etcわかる範囲でと聞かれるが、
名字も違うのに何故?と頭の中は?だらけ。
その後通報&付き添ってくれた父の友人から状況を確認して、疑問が晴れることに。
友人、彼女経由で教えてもらい父の母(祖母)に連絡。

祖母「都合がすぐにはつかないが、その病院には〇〇の娘(私)が働いている。
職種はXXで名前は△△なので探してもらえないか(ちょw)」
友人、そのまま看護師に伝え、またまた顔見知りだった救外看護師がもしかして?
と連絡くれたというのが事の顛末。
この後、祖母の代わりにやって来たおばと再会&父の彼女に初対面。
彼女が私とほとんど歳変わらなかったというのも個人的修羅場。
もちろんこの事母には話してない。