217: 恋人は名無しさん 2009/09/05(土) 15:28:53 ID:mqeMkfsZ0
塾の話で思い出す、中学時代の修羅場。
フェイクは入れてある。

中学生の頃、姉がハンクラにハマって、私のマフラーや小物は全部手作りだった。
2月のある日、知らない女子ふたりが話しかけてきた。

バレンタインにプレゼントするからマフラーを作れと言われたので、
「姉が作ってる、私じゃない」と断ったのに、
「お姉さんが作れるなら妹も作れるでしょ、どうしてもダメならお姉さんに頼んで」と返された。
渋ると「ひど〜い、ケチー」と来て、了承するまで離してもらえなかった。
しょうがないんで、聞くだけ聞いてみると返事して帰宅。
姉は「シンプルなのなら3日で編める」と豪語し、翌週には2本のマフラーを編み上げた。
それぞれを紙袋に入れ、ねだり子(仮名)とねだり美(仮名)に渡した。
「やったー、ありがとー」とは言われたが材料費すらもらえない。
「え〜、お姉さんって年上でしょ? 中学生にお金払わせるのおかしくない?」
「あたしたちお金ないし、いいじゃんw」とか言われる始末。

ここまでが前提。