301: 名無しさん@おーぷん 2018/02/01(木)00:46:44 ID:tXN
10年ほど前、母がゾンビみたいな子猫を拾ってきて色々と大変だった

ある日大学から帰宅したら台所に大きなケージがあって、
そこから異臭が漂ってて、
小動物の腐乱タヒ体のようなものがタオルにくるまれてそこにいた
よく見るとそれは毛が抜けて皮膚が膿み、
顔も目ヤニや膿だらけでがりがりに痩せこけたゾンビじみた子猫だった

唖然としてたらそばにいた母が「可愛いでしょ?」とニコニコしながら言ってきた
なにこれと聞いたら
買い物に行った帰りに車道に子猫が寝てて、
そのままだと危ないなと思って拾ってみたところ、
病気みたいだったから獣医さんのところに連れて行き、
さらに飼育器具一式を買ってきて連れて帰ったとのこと

飼うのかと聞くと
「しょうがないじゃない!ほっといたらこの子タヒんじゃうわよ絶対!」とのこと
すでにタヒんでるんじゃないの?と思ったけど
よく見ると胸が上下してるし、話声が聞こえたのかわずかに顔を動かして
痙攣しながら口を小さく広げた
(鳴き声を上げようとしたんだと思うけど全然音は出なかった)

それからが大変だった
獣医さんによると寄生虫に寄生され、皮膚病やその他の病気にも感染してる
しかし現状では栄養失調で体力がないために薬を与えると副作用で確実にタヒぬ
皮膚が膿だらけだけど体を濡らすのも厳禁なので洗うこともできない
できることは栄養剤をスポイトで飲ませつつ
体温が下がらないように保温し続けるしかない
なので電気アンカをタオルで巻いてその上に子猫を寝かせて
さらに上物のタオルを布団にして、
温度が下がったり上がりすぎないように温度計を一緒に入れて保温しつつ、
水や栄養剤を飲ませて
下半身にはペーパータオルを巻いてトイレをしたら交換して、
タオルも膿で汚れるから定期的に交換して、
というのをずっと続けることになった

恥ずかしながらそれまでは家事は多少の手伝いはしてたものの
ほぼ母にまかせっきりの一家だったけど
そうなると猫の面倒が見れないということで
俺や兄弟(休日は父も)で家事をやったり猫の世話も手伝ったりした
ずっと母が猫を見てると夜眠れなくて母が体調を崩すだろうからと
夜は若い俺や兄が交代で様子を見たりした