685:名無しさん@HOME2015/06/13(土) 01:19:27.87 0.net
フェイク入りですが

妹が1才くらいの頃の話
私は5才くらい
家で親戚の集まりがあって、5~6人の子供たちが広間で走り回ってワイワイ騒いでた

ちなみにすごい田舎なので、家に入ると玄関先が20畳くらいの広間になっててる

私は母親にべったりだったので子供たちには混じらず台所にいた

猟友会に所属してる叔父が、たまたま何かの用で銃を出してたらしく、子供の遊んでる広間に置きっぱなしになってたらしい

らしいっていうのは見てないし、子供だったから詳しい事情はわからない
妹は広間に置いてあったユリカゴで寝てたらしく、母親は台所にいたが、親戚が数人広間に居たのであんまり気にされてなかった

いきなりの爆発音で駆けつけると、妹が銃で撃たれてタヒんでた
走り回ってた従兄弟が、立てかけてあった銃を倒したら暴発して事故が起きた、ってその時は聞いた
これが第一の修羅場

最近、その銃を倒した従兄弟も、もう中年になって病気で亡くなって
その葬儀で、実は倒したんじゃなく、銃を撃ったらしいと聞いた
これが第二の修羅場

亡くなった従兄弟は、病弱で仕事はしてなかったが、細々と絵を描いてた
亡くなる前に、妹の絵を描いて送ってきた
銃を放置していた叔父にも責任の大きい事故とはいえ、直接の原因になったことを後悔し続けてるのかな、なんて同情的に感じてたんだが
今となってはどういう気持ちだったのか、怖い

その絵は今もうちに飾ってある

どういう経緯でどんな風に隠蔽があったかは、正直この話は一族の中でタブーだし、その場に居合わせた人間もかなり亡くなっているため、分からない
なお、どちらにせよ時効成立してるだろうくらい昔の話