137: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2012/08/22(水) 21:08:22.04 ID:9DFskwUm
昔の話 

ある日、家の庭で水道管が劣化していたのか水が染み出ていた 
父が庭を掘って水道管を確認すると、家に繋がってる水道管に、有るはずが無い水道管が繋がっていた 
ちなみに、家の隣には親戚の牛舎があり、繋がっているとすればそこしかない 


小さい牛舎だったが、牛の洗浄、牛舎の洗浄、牛の飲み水、洗車…… 
水道を止め忘れて流れっぱなしなんて事もあった 
そう思うと、今まで、というかいつから、それまで気付かないなんて家を建てた当初から? 
どれだけの料金分使われたんだろうとゾっとした 

普通ならここで怒鳴り込みに行くなりするのだろうが、 
丁度こちらの引越しが決まっており、引っ越す時に水道を止めれば済む話だという両親の考え、 
親戚との関係(あいつには何を言ってもダメだという感じ)もあったので、話し合いすら無かった 

そして、引越し前、母が役場に水道の使用中止の手続きに行った 
しかし帰ってきた母は浮かない顔 
話を聞くと、役場の職員に親戚から話が通っていて、こちらは手続きをしなくて良いと言われたそうだ 
何故こんな話が通ったかというと、元PTA会長だったせいか顔が広く、コネもあるから 
普段から思っていたが、私は改めて権力怖いと思った