408: おさかなくわえた名無しさん 2007/11/28(水) 22:01:10 ID:JVqERBWT
ついさっきのこと。 
帰宅途中、地下鉄に乗っていたら急に鍵があるかどうか不安になり、かばんの中を手で探った。 
キーケースっぽい感触があったのでそのまま取り出そうとしたら、いきなり目の前に座っていた 
おばさんが、 

「あのねぇ、あんた、ちょっとやめてくれる? 
 私、心臓が悪いの!わかる? し・ん・ぞ・う!! 
 電源切ってくれないと、私、タヒんじゃうのよ!」 

と叫んだ。

まさか自分のことだとは思わなかったので、そのままキーケースを取り出そうとしたら、 

「あんた!やめてっていってるでしょ! 地下鉄の中では電源を切りなさいよ! 
 あー胸が苦しいぃぃぃ 痛いぃぃぃ(泣き真似) 
 この非常識!人ゴロし!馬鹿女! やめれって言ってるんだよ!!!!」 

と、かばんを探っていた右手を思いっきりたたいてきた。 
弾みでころがったのは、もちろんキーケース。 

「あら、違うならいいのよ。紛らわしいまねしたあんたが悪いんだからね。 
 今日はこれで許してあげるわ」 
と私が落ちたキーケースを拾っている間に、そそくさと降りていったあの人の神経がわからない。