333: 可愛い奥様 2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:g2Dw2di20
中高と虐められて、とくに高校時代は担任教師も 
一緒になって虐めてくれたよ(癖の強い子ばかりのクラスだったので 
私を生け贄にすることで纏めていた感じ) 
だけど大学→社会人になるにつれて、某一芸の才能が大きくなって 
その道で食べていけるようになり、どういう訳だか大金持ちの御曹司で 
難関国立卒の真面目な男性に好かれてとんとん拍子に結婚。

大きな家に住めて、一芸でのサロン的な活動を好きにさせて貰って 
お金の苦労も一切ない、生まれた子ども達も夫似で優秀で優しい。 
幸せ過ぎて過去の事など思い出しもしなかったが 
たまたま高校時代に私を虐めていた連中の代表格のA子と 
相手が私を拒否できない様な立場で再会。 
如何にも尾羽うち枯らした風情のA子を見てつい悪心が起きて 
うちに呼んで、態と正門から入れて(正客なので使用人が取り次ぐ) 
応接間に通して(商談仕様なので一般人ならビビるくらい豪奢) 
天然の振りしてねっとりと高校時代の虐めの話や、 
今の生活の幸せさ、子ども達の優秀さを見せびらかしてやった。 

A子はそれから暫くしてお子さんと心中したよ。 
後から聞いたら、お子さんに重い身体と知的の障害があって 
それが原因で結婚も失敗。 
養育費も貰えない状況でもお子さんを一生懸命育てていて 
リハビリ等も頑張っていたそうだ。 

過去の事などもう忘れていたくらいだし 
再会した時に、A子の気まずそうな顔を見て 
ほんのちょっとだけ仕返しをしてやりたかっただけで 
もしお子さんの事を知っていたら、あんな酷い事をしなかったよ。 

A子の心中は、私が何かをしなくても何時かは起きていたかもしれないけど 
間違いなく、私が最後の一押しをしてしまったと思う。