84: おさかなくわえた名無しさん 2006/06/26(月) 23:00:27 ID:bUyYzYGt
大学落ちてすぐくらいの時。 
家の都合上、予備校にも通わせてもらえなくて、 
いろんなことにイライラしながら道を歩いてた。 

か細い悲鳴が聞こえた気がして、 近くの裏路地のぞき込んだら、 
女の子がワンボックスカーに無理やり連れ込まれる場面に遭遇した。 

それを見てなんか切れちゃったらしい。 
道端に転がってたコンクリートブロックを車めがけて投げた。 
工事中標識の黄黒の看板を投げた。 
車から出てきたアホどもにボッコボコになぐられながら、車をけり続けた。 

そのときの俺は、いわゆる人生終わったから何でもやってやる、 
みたいな感覚で、かなり高揚してた。 
なぐられても痛くなかった。 
なぐられた手に噛みついて、そのまま車のガラスに突進したりした。 

我にかえったら警察署で、女の人が泣きながら感謝?してくれてた。 
上記の内容はほとんど覚えてなくて、 
警官がこうだったらしいよ、と教えてくれたんだけど。 
俺は肋骨二本と前歯三本、両拳骨折の被害。 

ボコボコになった車から足がついて、奴らは捕まった。 

タヒぬ気になれば、なんでもできるとか思ったよ 

長文すまぬ