966: 愛と死の名無しさん 2010/11/02(火) 18:46:46
水嶋ヒロの話題で思い出した話をちょっとフェイクいれて投下 

学生時代から10年近く付き合ってやっと結婚が決まった友人が
嬉しそうに電話をくれた 
結婚を後押ししたのが、彼の長年の夢だった小説家への道が開けそうだから、
ということらしい 
新郎は学生時代から小説を書いては応募して、落とされていて、 
社会人になっても夢を諦められずに、会社員をしながら応募し続けて 
30歳までに小説家になれなければ諦めると公言していた。 

そして、30歳目前の29歳である賞をもらい、
よし!結婚しよう!ということになったらしい
 「受賞も結婚もおめでとう」とお祝いを言い、
その勢いでみんなで集まることになった

私はてっきりそのまま彼は小説家になると思っていたんだけど 
出版社から「仕事は辞めないように」と釘をさされているということを彼女から聞いた 
一つの賞を取ってもその後小説家に実際なれる人は一握りだから、 
仕事を辞めても出版社は責任を取れない、ということらしい。 
彼は仕事を辞めて専念したがっているけど、出版社の担当の人も 
「赤川次郎さんほど有名な人でも数年サラリーマンと
二足の草鞋をつづけていたんだから」と説得して 
仕方なく、もうしばらく会社員を続けることになった…ということ