9: 1/2 2009/03/30(月) 07:08:05 0
お茶請け代わりに昔話。 
私自身のDQ返しではなく、義弟がしてくれたDQ返しなのですが 
思い出す事件が起きたので。 

長男教マンセーの義実家。 
マンセーするだけで特に被害も無いので、たまには娘の顔を見せに行ってた。

それで当時義実家にお邪魔したら、
義兄のアホ息子(12歳)がうちの娘(6歳)に
ボディーブローかまして泣かせやがった。 
頭にきてそのアホ息子に説教したら、アホ息子はウトメの後ろに逃げ込みやがる。 
ウトメがアホ息子を叱るかと思えば 
「男の子はこのくらい元気な方がよい!」「なあに?娘ちゃんが悪いんじゃないの?」 
「ちょっと腹を触られたくらいで大げさな」「これだから女は」
「馬鹿が跡取りに逆らうな」 
とか信じられないような発言がポコポコ飛び出した。 
あげく、人を罵るのに興奮してきたのかアホ息子の
「もっとやれ〜」という声に従ったのか、 こちらの頭まで叩き始めた。 

それでもう頭が真っ白になっちゃって娘を抱きしめて
「この子を守らなきゃ!」ってずっと思って固まってた。 
そしたら、それまでコタツで猫とじゃれてた義弟が立ち上がって
ウトのみぞおちに手加減無しのストレートを叩き込んだ。 
吹っ飛んで「っぇげ..げっげっげっげっ」とか壊れた玩具のようになるウト。
床でのた打ち回って跳ねてた。 
義弟は、呆然として動かないアホ息子の頭にアイアンクローをかけると 
「おい小僧、あそこで跳ねてるカスをどう思うよ?あぁ!!?」とか
DQNまっしぐらな説教を始めた。 
20分くらいアイアンクローで説教されたアホ息子はその後、私と娘に謝罪してきた。
よっぽど怖かったらしくズボンが濡れてた 

その後、義弟に感謝をして庭仕事をしていた夫を引っ張って脱出した。 
義実家から出るときにまだウトは「げっげっげっげっ」っていいながら吐いてた。 
トムは部屋の隅っこでガタガタ震えながらお経を唱えてた。