2015年06月03日
361: 愛と死の名無しさん 2011/12/20(火) 12:26:05.88
今から30年近く前の話。
見合い結婚の新郎新婦だったが、当日挙式の時間になっても新婦&新婦家族がこなかった。
ようやくやって来た新婦両親は真っ青で憔悴しきった様子。
新婦が脳味噌にホテイアオイが群生したような置手紙を残しトンズラこいたという。
曰く「義理もあり、新郎さんに不服もなかったので一度は結婚を決意した」
「でも、式間近になって、私は運命の愛に出会ってしまった」
「私は、女として、この真実の愛に生きたい」
「新郎さん、きっとあなたにも運命の人が別にいるはずです。その人を幸せにしてあげてください」
新郎呆然、怒りに震える新郎親族、続々集まる招待客、途方にくれる式場スタッフ&受付係。
どうするどうなるのカオス状態。その時新郎が言った。

「…今日は僕の30歳の誕生日なんです。誕生パーティをしましょう」

そのまま招待客にはお席についてもらい、高砂席のど真ん中に新郎着席。
「今日は僕の誕生パーティにようこそw…って、こういうのやってみたかったんだよなあwww」
うすうす事情を察しながらも、新郎の決死のノリにあわせる優しい招待客たち。
さすがに余興・スピーチはそのままとは行かなかったが、余興でバイオリン演奏を頼まれていた新婦友人が、
所属のアマ管弦楽団のメンバーに連絡を取ったところ、手の空いてた何人かが来てくれてプチ演奏会。
和やか…とまではさすがに行かなかったが、「お誕生会」はなんとか終了した…という。

ホテイアオイ新婦は一年たたないうちに「真実の愛」とやらに捨てられて、実家にリターン。
真実の愛の結晶が腹にいたため、父親が軟化して家には入れてもらえたらしいが、その後は不明。
一方、「もう女の人とは縁の無い人生でいいわw」と仕事一筋に打ち込んで行った新郎は、数年後
雪道で立ち往生していた女性のチェーン装着を手伝ったのが縁でその女性と結婚し、
二年後に私の父親となりましたw


引用元: http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1323571043/



         
2015年06月03日
426: 愛と死の名無しさん 2011/12/21(水) 12:36:29.47
妹の披露宴にて
田舎ということもあり会場は町の公民館、受付は発起人(結婚式の手伝いしてくれる人)にお願い
受付が終わったらみんな自分の持ち場に戻ることが多いから、受付はからっぽ
そんな状況で出席者も300人超え、たぶん部外者が入っても「親類の人か」でスルー

で、自分がトイレに行くのに席を立ったら、会場入り口に小汚いババアがいるのを発見
母だった
母は母が原因で(書くと長くなるので割愛)家を追い出されて、ひとり暮らしをしている(と思う)
たぶん可愛い娘の晴れ姿を見たかったんだろうと思うが
白髪ばっかの髪に、セシールで買ったような安っぽいワンピースですごく場違い
地元の人は母が家を追い出された事情を知っているので
席を立つと「あそこに○○さんの母さんいる…」「えwなんでいるの?」とヒソヒソしてるのがたまに聞こえてきた

母がいると知った父が倒れそうになったこと以外は何事もなくお開きになったが
もうおめえあぼんしたことになってんだから空気嫁やと思った>母




引用元: http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1323571043/

 


         
2015年06月02日
453: 愛と死の名無しさん 2011/12/22(木) 18:27:45.92
流れを読まず長文ネタ投下

何年か前の会社同僚(男)の結婚式の話

ブーケトスで新婦友人がガッチリ前列を固める中
うちの課長(女性・未婚・30代後半)、最前列に躍り出て
バスケのディフェンスのように手を上げた。
新婦が投げる直前、両頬を平手でパチンと叩いて
「ッシャー!!来い!」と気合の声まで上げる始末

ギャラリーからはドッと笑い声。

苦笑いしつつも新婦がブーケを投げると
別の同僚女性(未婚・20代・美人)が課長の前にぱっと飛び出て
鮮やかにブーケをインターセプト
取ったブーケを高く掲げて
「やったー。今年こそ彼氏作るぞー」と大声で喜んだ。

課長は「ああああ!!!今年もダメなのかあああ!!」
と派手なリアクションで悔しがってた

ギャラリーは大爆笑だったが、新婦友人数人は
ふて腐れた表情
冷ややかに目立っていた二人を睨んでいた。

披露宴を待つ待合室みたいな所に行く途中
ちょうど俺たちの横を新婦友人が通り過ぎるときに
「空気読めない女って、マジ痛いよねー」とか
「さっきのオバサン何あれ?きっつー」とか
聞こえよがしの大声で二人を罵ってた。

454: 453 2011/12/22(木) 18:28:56.20
披露宴でも、その新婦友人たちはこっちを見てクスクス、ヒソヒソ
凄い感じ悪かったが、同僚の結婚式なんで
半分仕事のつもりで参加した俺らは完全スルー
それなりに楽しくやってた。

一連の行動を面白く思ってない人は他にもいて
新婦も、俺たちが高砂に上がったときは仏頂面だった
こっちがお祝いの言葉を言っても無言
時折、物凄い表情でインターセプト女を睨み付けてた。

後から新郎に聞いた話だが、新婦は
どうも同僚のインターセプト女が
新郎に横恋慕していると勘違いしているらしかった。

ちなみにインターセプト女は
キー局女子アナの登竜門と言われる某有名私大のミスコンで
フォトジェニック賞だか何だかを貰ったことのある子で
社内でも美人で有名な人

確かに圧倒的オーラを感じるな美人なんだが
帰国子女なんで、考え方がかなりアメリカナイズされてて
「セクハラされて訴えないなんて単なるバカ」
などと公言する恐ろしい女

実際、言い訳のしようがない証拠押さえた上で
社内のセクハラ対策委員会に訴え出て
エロ上司とエロ同期二人を島流しにしてるから
みんな、恐ろしくて手が出せなかった。

455: 愛と死の名無しさん 2011/12/22(木) 18:30:58.02
おそらく美人であるがゆえに、新婦も心配になったんだと思う。
新郎は、インターセプト女とは、一度もそんな雰囲気になったことがないので
勘違いだと主張したが
結局、新婦の連日の突き上げに負けて、
後日インターセプト女(長いので以下、美人子)に
「いやあ。びっくりしちゃったよ。
盛り上げてくれてありがとう。
ところで美人子さん、今彼氏募集中なんだ?」
みたいな感じで、その真意について遠回しに探りを入れた。

ところが美人子の回答は
「ああ。あれ実は、新婦友人に腹立っちゃって
それで課長にパスカット役を買って出たんです」
という予想外のものだった。

以下、美人子が新郎に話した内容
式が始まる前、待合室のようなところで待っているとき
ちょうど美人子たちの傍に新婦友人たちがいたらしいんだけど
その中の一人だけは彼氏がいない子らしく
新婦友人達は、その子に向かって
「今日はブーケ取れるようにサポートしてあげるからねw
よかったねー。これで少しは彼氏できる確率上がるよ?w
まあ、焼け石に水かもしれないけどねーw」とか
「レベル低いなら低レベルなりに頑張らないとーw
このままじゃ最底辺になっちゃうよーw」とか
「まあ、女としては終わってても、運さえあれば何とかなるってw
男のレベルにさえこだわらなければねーw」
とか言いたい放題だったそう。

しかも、どれも真剣に心配するような言い方じゃなくて
薄ら笑い浮かべながら、露骨に嘲笑するような言い方だったらしい。

456: 453 2011/12/22(木) 18:32:42.58
すまん。ageてた。
それから名前欄抜けたけど>>455は俺な

タゲられた彼氏いない新婦友人は、
最初は、必死に愛想笑いして流してたけど
ついには我慢できず泣き出してしまったらしい。

彼氏持ち新婦友人達はそれでもなお
「やだあ。何泣いてんの?w」とか
「ほらあ。化粧崩れちゃうよ?w
自分からこれ以上ブスにしちゃダメじゃん?w」とか
みんなでケラケラ笑い囃しながらいじめ続けてたらしい

正義感の強い美人子は横で聞いていて腹が立ち
新婦友人達に一言言ってやろうかとも思ったらしいが
同僚である新郎の挙式直前ということもあり
角が立つ抗議はあきらめ、
代わりに自分がブーケトスでブーケを取って
いじめ計画を潰してやろうと思ったらしい。
それで課長にインターセプト役を申し出た
というのが真相らしい。

ちなみに課長だけど、あの人は元々そういうキャラの人。
立場上、頻繁に結婚式に呼ばれるんだけど
30代半ば辺りからはもう開き直っちゃって
ブーケトスでは猛烈な積極姿勢を見せるようになった。

でもそれは、あくまでパフォーマンスだけで
新婦が課長めがけてブーケを投げたとしても
本人は決してブーケを取ったりせず
毎回、最終的には若い子にブーケを取らせてる。

457: 453 2011/12/22(木) 18:34:07.01
取るふりだけして取らなくて、それでブーケ落とすのも迷惑なので
課長は毎回、自分の後ろにいる子やインターセプト役の子に
自分はスルーするから、ブーケは必ず取るようにこっそり言うんで
こっそり指示された人たち経由で噂が社内に広まってて
今じゃ社内誰もが知ってる課長の自虐ネタ。

話を戻すけど、驚いた新郎は
当時、美人子の近くにいた同僚にも話を聞いたんだけど、みんな口を揃えて、
酷い言葉の集中砲火で盛り上がってたんで、聞いてて腹が立った
との回答だった。

新郎は、新婦に
美人子がインターセプトした理由を話したところ
新婦は物凄く動揺し、自分の友人がいじめに遭っている話だというのに
そのことには全く関心を示さず、早々に話題を変えたらしい。

新郎は、口にこそ出さなかったが
親友のいじめ問題が発覚したのに
何そのそっけない態度は?
と大いに疑問に思ったそうだ。

新婦は、いじめ問題には興味がなさそうだったのに、
翌日、新郎が仕事から帰ると
既に手際よくいじめ問題の調査を終えていた。

新婦によれば、全ては新婦友人Aの企んだことで
他の新婦友人が派遣社員にしかなれない中
いじめられっ子の友人だけは正社員としてバリバリ働き
海外出張などにも行くようになったことに嫉妬し
いじめを画策したとのことで
他の新婦友人にもいじめ参加を強要したとのことだった。

458: 453 2011/12/22(木) 18:35:06.15
全くいじめを把握してないところから始めたら
一人に事情聴くだけでも1、2時間は電話で話し込む必要があるだろうし
一日で全員から聴取を終えて全容を解明するなんて絶対おかしい。
新婦は自分に何かを隠している。
新郎はそう思ったらしい。

ところで、新婦友人の彼氏や旦那は
新郎の紹介だったり、ダブルデートして仲良くなったりで、
みんな新郎と友人関係。
首謀者である新婦友人Aの彼氏は、
新郎の紹介によって付き合い始めたもので
新郎とは仕事関連の繋がりの人だった

新婦の態度に疑問を感じていた上
「もしかしたらトンデモ女を紹介してしまったかも
それで仕事に影響したら洒落にならん」
という心配もあった仕事人間の新郎は
新婦には内緒で首謀者の彼氏に相談。

話を聞いて驚いたA彼氏はさっそく調査
結果、いじめは事実だと分かって
新婦友人Aは、彼氏から捨てられた。

ハイスペック彼氏から捨てられた新婦友人Aはブチキレ
新婦友人の彼氏・旦那たちに
今まで隠してたことの暴露を始めた。

459: 453 2011/12/22(木) 18:35:50.39
新郎のところにも電話があって
新郎は知らないと思うが新婦は過去、
自分が知っているだけで2回中絶したことがあること
しかも新郎と付き合ってる最中にも1回中絶してること
そのときの浮気相手の連絡先など
事細かに教えてくれた。

新婦友人Aは、とりわけ新婦に対して怒り心頭で
実際、ブーケトス使ったいじめを主導したのは新婦で、
新婦友人Aは、空気を読んで仕方なく話に乗っただけなのに
なんで、いつの間に自分が首謀者になっているのか?
新婦さえ嘘付かなければ、自分は捨てられなかった
と電話口で泣き喚いていたそうだ。

いじめならギリギリ何とか許せたし
結婚前の一度や二度の浮気も
結婚したばかりだから、とりあえずは再構築を考えたかもしれないけど
自分と付き合ってる最中に
自分には内緒で他の男の子供の堕胎したってのは、どう考えても無理。
新婦友人Aの言い分が事実なら離婚以外ありえない

そう考えた新郎は、
弁護士探しつつ、まずは事実確認
浮気相手とのコンタクトを図ろうとした。

浮気男に面会延期を繰り返されたんで
面会は延び延びになったため
新郎は、面会前には弁護士を見つけることが出来た。
面会当日、新郎は弁護士とその助手と一緒に凸した。

460: 愛と死の名無しさん 2011/12/22(木) 18:36:54.89
しえん?

461: 453 2011/12/22(木) 18:37:52.34
弁護士によれば、新婦友人Aの話が事実なら、 
堕胎や浮気は婚約より随分前だったから 
浮気相手から慰謝料取るのは少し難しいとのこと。 
弁護士とも相談した結果、 
新郎の希望が事実関係の解明が第一ということもあり 
浮気男との面会では、慰謝料回収より情報収集に主眼を置くことに。 

「事実を正直に話してくれれば法的措置は取りません。 
ですが、こちらで把握している事実とあなたの供述が違うなら 
遠慮なく断固とした法的措置をとらせて頂きます」 
と弁護士が浮気相手に通告してから事情聴取したところ 

浮気相手はあっさりゲロった。 
意外なことに、浮気や堕胎は婚約より随分前ではなく 
堕胎は婚約のほんの1ヶ月前。 
浮気は婚約の1ヶ月後まで続いていたという。 

堕胎の時期や浮気の期間についての新婦友人Aの説明は 
新婦友人Aの勘違いか、新婦への最後の思いやりだったようだ。 

浮気相手は、幽霊などまるで信じてなかったが、 
血まみれの赤ん坊に苦しそうな声で泣きすがられる夢や 
赤ん坊が物凄い力で自分の腕にしがみ付き 
深い憎悪の目で自分をにらむ夢を、 
堕胎手術の数日後から、ほぼ毎晩見るようになり 
かなり精神的に参っているとのことだった。 

慰謝料については新郎から免責されているというのに浮気男は 
これであの夢から逃れられるなら安いものだから 
自分の罪滅ぼしのために 
是非、慰謝料を払わせてほしいと 
いくらかの慰謝料を新郎に払ったらしい。

462: 453 2011/12/22(木) 18:40:33.15
結局、新郎新婦は離婚になった 
過去の悪行暴露のじゅうたん爆撃を受けた新婦友人達も、 
子供がいる一組を除いて 
全員離婚やら別れるやらで捨てられた。 

再構築となった子供がいる一組は、 
出会い系で遊んでた過去を暴露されたらしく 
再発防止の監視のため義理両親との同居となり 
かなり窮屈な生活を送っているらしい。 

美人子は、まさか新婦がいじめの首謀者だとは思ってもいなくて 
自分の一言が原因で新婚夫婦を破綻させてしまったと落ち込んでたけど 
新郎に夕食をご馳走され、 
子供が出来てこの先一生、あの化け物と暮らさざるを得なくなる前に 
新婦の本性を早めに知れてよかったということを 
新郎がお礼を交えて説明したので 
それ以降、あまりこのことを口にしなくなった。 

あ、念のため、新郎と美人子がどうにかなるってことはないと思う。 
美人子は、日本人より価値観の合うアメリカ人が好みで 
今もハーフの彼と付き合ってる。 
美人子自身クオーターだし、お似合いだと思う。 

ブーケトスのとき「今年こそ彼氏作る」発言してたのは 
いじめられてた子に対して 
安心しろ。他にも仲間いるんだぞって 
励ますつもりでついた嘘だとのこと。 

ブーケトスのおかげで2組のカップルが別れ、 
新郎新婦含め3組の夫婦が離婚した。 

ブーケトスって、怖いと思った。


463: 453 2011/12/22(木) 18:41:06.26
終わりです。

>>460支援ありがとう


引用元: http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1323571043/


         
2015年06月02日
756: 愛と死の名無しさん 2011/12/26(月) 21:59:15.84
地味でプチだが、私が不幸だった式(長文スマン

又従姉妹の式に呼ばれた。
親戚としては遠いけど小さい頃によく遊んだイトコだったので、喜んで参加した。
実は結婚式出席が初めてで、周りがどうしてるかとかはよく分かってなかったので
祝儀は相場と言われてる3万+おねえちゃん大好き!の上乗せで5万包んでいった。


式後半、新婦(イトコ)の母親がなんか睨んでる。
親戚も渋い感じの顔でチラチラ見てる。

何か粗相をしたかとドキドキしてたら、新婦母&親戚2~3人にそっと式場外へ
連れ出され、説教された。
曰く、近い親戚でもないのにこんなに包んではいけない
他の親戚の立場がなくなってしまう
金持ちなのを自慢しているのか 等々

もちろんうちは全然金持ちじゃない。
単に私が初めての結婚式で、イトコを祝いたくて上乗せしただけ。
(4万は駄目だったので5万)
そんなにおかしい額ではないと思っていたので聞き返したら、
私の祝儀は親戚中で一番高かったそうだ……。

そういう地域なのかは知らないけど、余分に包むと駄目なの??と複雑だった。
式終わるまで親戚のヒソヒソは続いたし。

後日、イトコはありがとうねって言ってくれたけど、本当に喜んでくれたのかな~と
思ってしまった。
新婦母も親戚も普段全く関わらない人達なので、どう思われようといいんですが、
当時はかなりへこみました。

引用元: http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1323571043/


         
2015年06月02日
90: おさかなくわえた名無しさん 2009/02/27(金) 10:23:43 ID:cfViXYd/
プチ話を投下してみる。
以前とある地方都市にいた時、同じ転勤族で仲良くなったI。私より10歳ほど上のしっかり者
という印象で最初はそんなに変だとは思わなかったが、お互い地元が偶然同じということが
分かってからは根掘り葉掘りと私の実家の住所・出身校・挙句の果て私が行っていた塾がどこか
まで聞き出すようになった。
ちょうどI娘の受験も重なっていた時期だから、それで過敏になっているのかとも思ったが
根掘り葉掘り~が旦那の職場、出身校にまでエスカレート。

「うちの娘が生まれたころはボロ寒い社宅住まいで辛かったわ~それに比べてお宅は~」
→会社が違えば社宅も違うだろう。だいたい家に呼んだこともないのになぜその妄想?
「そうそう。そういえばうちの主人、お宅のご主人の職場で働いてみたいらしいのよ~やりがいありそう~」
→30代ぺーぺーの夫にそんな人事権あるわけない。

Iとは距離を置いたほうがいいかもと思った矢先、Iほか1名(仮にAさんとする)と私の3人、A宅でランチをすることに。
その地方都市はワイン産地として有名で地元ワインをいただいた。話の流れでワインって保存が難しいみたいという話になり、
私は初任給で昔ワインセラーを買ったことを話した。
ワイン入れてるの?わざわざセラーだなんてどんなのを入れてるの??と聞かれたので、冷蔵庫や冷暗所で保存するには
心配な、フランスのちょっとお高いの(を十数年後の記念日用に)といいかけた途端

「私が飲みに行ってあげる。」
「…( ゚Д゚)」
「そのセラーご実家に置いてるんでしょ?あの辺の地理詳しいから大丈夫よあはは。」
「いやだからそれは記念日用に」
「おいしいかどうか試してあげる。」

91: おさかなくわえた名無しさん 2009/02/27(金) 10:25:04 ID:cfViXYd/
Iの目が真剣だったので、縁切りを決意。ちなみにその日Iは遅刻したうえ早く帰って行った。支払はせずドロン。
転勤が終わりIも私も地元に戻った。Iからは何度となく粘着メールが。
「○(私)さんは同じ地元だし勝手に親近感を持っていました。」
「うちは家計が大変な中でやりくりをして、△△(地元では治安のよくないことで有名)に一戸建て借りました☆」
「また前みたいにランチでワインしたいね、今度遊びに行ってもいいですか?」
ずーっと無視していたが、べたべたメールがうざいので
「△△にお住まいなんですね。デリカシーのないあなたにはお似合いです。」
という内容を破れたオブラートに包んで送ったら、返事が来なくなった。よかった。

103: おさかなくわえた名無しさん 2009/02/27(金) 13:44:08 ID:cfViXYd/
90です。

Iが粘着するのって、どうも他人をこき下ろすネタを探したいだけっぽいんだ。
たとえば出身校を聞いた揚句
「うちの家系は代々女子は□□中って決めてあるからw」←私の出身校に対して
「アーあそこの学生変わった人が多いよね~w」←私と夫の出身大学に対して

なので、たぶん
「あら~有名な銘柄かもしれないけど大したことないわね~w」
で済まされる可能性大です。

乙もらえてすっきりしたよ。
名無しに戻りますノシ

引用元: http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1235546599/


         
2015年06月02日
646: 愛と死の名無しさん 2011/06/23(木) 02:29:43.96
携帯からなんで読みづらかったらごめん。


新婦のお母様には脳出血の後遺症があり言葉がうまく喋れず、半身麻痺のため片手が使えない&杖or車椅子。
そのため、式や披露宴は洋式だけど料理は箸で食べれる和食だった結婚式。
結婚後は新婦ご両親との同居が円満に決まっており、両家の仲も良さそうで、和やかなムードで披露宴は進んでいた。
しかし、新郎上司のスピーチがそのムードを台無しにしてしまった。最初こそ普通だったのだが、だんだん
「新郎君はこれからの高齢化社会において尊敬されるべき人物!
他人のオムツを代えるなんてなかなかできない、しかも介護要員にされるために新婦両親と同居だなんてなんという覚悟だ!
わが社の大事な社員なんだからこき使うのは勘弁して下さいよ新婦母さん!まあ言ってもわからないかもしれませんがねワハハ!」
みたいな、新郎ageをしながらも新婦のお母様を貶める発言を連発。
会場はドン引き、新婦&新郎家一同は怒りに震えていたが、新郎上司は気づいていない。
本気でいい話をしているつもりだったらしい。

647: 646つづき 2011/06/23(木) 02:30:54.21
キレたのは新郎だった。
静かに席を立ち、司会からマイクを借りて上司のスピーチを遮るように、
新婦のお母様がリハビリにとても熱心で努力を続けていること、その努力の甲斐あって身の回りことはある程度できることなどを語り、
「僕の方こそお義母さんを尊敬しています。失礼な事を言うのはやめて頂きたい」と上司を一喝。
上司は顔を真っ赤にして何か言おうとしたが、新郎に対する拍手喝采に不利を悟ったのか、もごもごと新婦のお母様への謝罪を口にし、居心地悪げに席へ戻っていった。

その後はなんとか無事に披露宴もお開きに。
最後のお見送りで拙い言葉ながらも「ありがとうごさいました」と泣き笑いで挨拶をしている新婦のお母様は、同じように件の新郎上司にも声をかけていた。
新婦のお母様は長い言葉はなかなか理解できないそうで、あのスピーチの詳細をよくわかってなかったらしい。
正直わからないでよかったと新婦が言っていて、なんだかやるせない気持ちになってしまった。

新郎新婦一家はその後とても幸せそうで、結婚式に変なケチがついたのが本当に悔やまれる。

引用元: http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1307424674/


         
2015年06月02日
659: 愛と死の名無しさん 2011/06/23(木) 23:40:32.56
自分だけ不幸な話。

20代前半の頃、新婦(23)の友人として式→披露宴に呼ばれた。
初めて参加する友人の結婚式のため、気合いを入れて精一杯オシャレしようと幼なじみの経営する美容室に行き、肩くらいまでの髪をおしとやかな可愛らしい髪型にしてもらうように注文。

ウキウキして気分が良くなって、途中で寝てしまったんだが…
起きたら「林家パー子」みたいな髪型にされましたorz(しかも幼なじみ母は大絶賛なので何も言えず)

そのまま友人の式に参加したけど、新婦・新婦父は爆笑。
「来てくれてありがとうw」と笑いながら言われたが、新婦が笑ってくれるから、こっちも笑顔になれた。
が、新郎(33)に「ご無沙汰してます。このたびはおめでとうございます。これからは新婦ちゃんを大事にしてくださいね。」とそのままの笑顔で挨拶したが、ガン無視。目も合わさない。

たしかに変な髪型で出席してしまったので失礼かもしれないが、新郎の態度にガッカリした。
新婦は目と体で『ゴメンネ』とやってくれていた。


結局その新郎新婦は入籍前にDVで別れてしまったが、あの時の写真やビデオが処分されたのと、新郎の態度を思い出して安心してしまった。
他人の不幸なのに安心して申し訳ない。


引用元: http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1307424674/


         
2015年06月01日
958: コピペ1 2011/07/02(土) 01:48:28.78
256 :おさかなくわえた名無しさん:2011/06/13(月) 22:35:38.53 ID:D0DnNn+x
6~7才の時、大好きだったおじが結婚するのが嫌で嫌で。
今度おばになるおじの結婚相手の女の人にやきもちを焼きまくっていた。私の両親が結婚式にどうしても行けず嫌々ながら親戚に引きずられるように結婚式に行った。
私は親がいない事をいい事に、披露宴で困らせてやろうと真面目なシーンとした結婚式の誓いの言葉では、隠し持っていたクラッカーをパンパンならしたり、「あきる。うざい!早く終わらせろ!」とグチった。
披露宴では「この料理まっずい!このジュースまっずい!」と食べては吐き出すの繰り返し。
大きい声で「○○ちゃん(おじ)のお嫁さん、綺麗だね!当たり前だよね!普段超ブサイクなのに、あんな厚化粧に綺麗なドレスじゃ綺麗になって当たり前だよね!メイクした人の技術すごいね!あんなブサイクな女がここまでなるとは!」と、言ったり
小さいながらエロティックな事はすべて知り尽してた私は、大きな声で「静かなコハンの森の影から♪○○ちゃん(おじ)とお嫁さんの声がする♪いやーん!ばか~ん♪そこはだめよ♪」と定番の替歌を歌ったり

959: コピペ2 2011/07/02(土) 01:49:31.03
257 :おさかなくわえた名無しさん:2011/06/13(月) 22:36:28.36 ID:D0DnNn+x
お嫁さんの両親の前で「結婚式終わったら、2人は新婚旅行待てずに、すぐにお○んちん、お○んこに入れちゃったりー!きゃー!初夜じゃなく初夕~!」とか叫んだり、
料理の太いウインナーを手にし、「○○ちゃん(おじの嫁)は多分こういう太いウインナー大好きだよね!下の口からこっそり食べてるもんね!」と叫んだり、
ばたばた走り回っては、ここではもう言えないようなエロネタを叫んでた。
お嫁さんのドレスの中に入り込み「脚太い!しかもドレスの中めちゃ臭い!おえー!」とか言って出てきたり。
誰だったか、あまりに怒った大人が私の胸をかかえてお尻をたたいた時、「警察呼ぶぞ!お尻触られた!きゃー!痴漢だ痴漢!ロリコンがいるよ!お尻触られた!胸触ってる!」と叫んだ。
途中で私は会場を追い出され、会場の人に預けられた。その後すきを見て外に1人で4時間くらいも出歩き、さらに迷惑かけた。
現在私は25歳になった。あれ以来親戚とは会ってない。というか縁を切られた。6~7才だったのに縁を切られた。
おじとも会ってない。いくらおじが好きだったとはいえ我ながらすごい事をしてしまったなぁ。今じゃとてもできない。

960: コピペ3 2011/07/02(土) 01:50:44.00
258 :おさかなくわえた名無しさん:2011/06/13(月) 22:37:16.59 ID:D0DnNn+x
Hな事は全く隠さずに何でも教えてくれた父の影響でエロ漫画もすでに読んでいて、初めてAV見たのが4才くらいの時という恐ろしい子供だったもんで。専門用語も知ってた。
他には料理を床にわざとぶちまけたり、服脱いで下着姿になってテーブルの上でポーズとったり、めちゃくちゃにしてた。
その結婚式以来、親戚には嫌われて、祖父母には私だけ家に行くの拒否され、孫とは認めないとまで言われ、いまだ会ってないし、親戚の結婚式という物に行ったのが25年の人生でそれが最初で最後だった。
それからは両親と妹は呼ばれても、私だけはずっと呼ばれた事はない。今はまさかそんな事はしないんだけどね

引用元: http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1307424674/


         
2015年06月01日
508: 愛と死の名無しさん 2011/06/19(日) 00:12:43.42
俺が不幸だった話。
文才ないから箇条書きで書く。

・幼小中高大院とずっと同じ学校で親友だった新郎が先日結婚式を上げた。
・新婦は俺が大学の時に告白してこっぴどく振った女。
・俺は振られてからずっと引きずっていた。
・新郎にスピーチを頼まれ、内心はともかく
きちんとスピーチした。
・スピーチ内容は小学校から新郎とやってるスポーツとか思い出話など。
・スピーチ終了して席に戻ろうとすると新郎が待ったコール。
・新郎「僕やっぱり(俺)が好き!ごめん新婦ちゃん」
・一同( ゚д゚ )ポカーン
・新婦ファビョる。「やっぱり(俺)が新郎君を寝取ったのねこのホモ野郎」などなど
・招待客みんな俺をみる。こっちみんな。
・新郎新婦がそれぞれ喚く。
・俺血圧のあがりすぎで倒れ入院行き
・ファビョった新婦が訴えるといきまいているらしい。
・新郎は病室に泊まり込んで看病しようとしたらしいがシャットアウトした。


友達や関係者から続々とWktkメール、もしくは、ホモきもいCO宣言メールが届いてるorz


引用: http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1307424674/


         
2015年06月01日
934: 実話 2011/06/06(月) 23:15:10.41
俺の友達の話もしよう。
奴は日本でも1・2を争う有名私大を出て、
名前を聞けば誰でも知っている有名メーカーに就職した。
根が真面目な男だから童貞では無かったがそんなに女性経験があるほうではなかった。
 
ある日、そんな彼が彼女が出来たという。
『いや~すごいよ!いきなりくわえて上に乗ってきたりするんだよ!
ピル飲んでるらしいから全部中だし!気持ちイイよ~w』
私はそのような好色女は本来、彼の好みではなかったと知っていたのでちょっと心配になった。
半年後、『結婚します!』と彼から連絡があり結婚式に招待され
そこで初めてその女の実物を見た。
顔はブスだがムチムチの肉体で好色無比なオーラが出ていた。
何故か彼女の元職場の同僚男が大量に来ていてやたら親しげで皆ニヤニヤしていた。
どうも彼女は男の多い職場にいたようでそこでチヤホヤされていたらしい。 
それから二年。
彼と話す機会があった。
聞けばなかなか子供が出来ないという。
医者に相談したら彼女に中絶暦があるからだと言われたらしい。 
彼は泣いて後悔していたね。
安易に気持ち良さに負け、知らずとは言え妥協して事故中古女と結婚してしまったことを。

引用元: http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1305891405/


最新記事
カテゴリー