2017年04月29日

145: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/06(木) 18:21:30.98 ID:6qw0BbPx
双子の妹と就職の報告を親父にした時、
実は俺達が亡くなった母の不貞で生まれた子供だと教えられたのが修羅場 

親父は母がガンで亡くなる直前にその事実を聞きだした。 
「成人して働くまでは養ってあげて欲しい」 
という遺言を守っただけと説明してくれた。

俺、妹大泣き状態 
でその後 
「実は今付き合っている彼女と今度結婚するから二度と会わないでもらいたい」 
といわれた。 

親父曰く今度こそ本当の家族を手に入れたいんだと 
母の両親はもういないし実父も慰謝料払った後母の後を追ってしまったそうだ。 

その後急遽妹と住むところを探してなんとかなったけど 
しばらく妹が情緒不安になったりと大変だった。 

今は30後半だけど俺も妹も結婚する気は全くない 
特に親父を恨んでいるわけでもないが血のつながらない 
自分を裏切った女性の子供を育てるのはどんな気持ちだったのかと考えると
なんとなく自分が家庭を持ってはいけないような気分になる。



         
2017年04月29日

377: 恋人は名無しさん 2016/10/07(金) 00:18:43.37 ID:UhWZZZ4h0
彼氏との結婚したら話の大体まとめ 

「年金とかもアテにならない時代だし
できるだけ貯蓄したいから定年まで二馬力だと嬉しい」 
「私も(もし離婚した時に専業主婦だったら再就職厳しいし)
仕事したいから全然OK!」 

「あと子供欲しいなぁ。◯◯◯の会社産休ある?
ないならあるところに再就職してほしいなー、なんてw」 
「え?あ、まぁあるけど...そういや◯◯の会社は早退とか融通利く?」 
「え!?無理!なんで?」 
「子供が熱出した時どうするの?PTAとか会合とか役員とか行事はどうするの?」 
「それは◯◯◯が...なぁ?」 

「私も簡単に休んだり早退はできないよ?
まぁ子供の事は置いといて、ところで◯◯は家事とか得意?」 
「けっこう料理好きw家(実家)でもよくするし」 
「あ、じゃあ私ちょっと苦手だから結婚したら料理は担当してほしいw」 
「え?」 
「◯◯が買い出しと料理してくれるなら食後の洗い物と洗濯は私がするよ。
他の家事はとうやって分担する?他に得意な家事は?」 
「は!?さっきから聞いてたら家事とか育児とか完全に分担する気!?」 

本気で驚く彼氏を見て結婚は無理だと悟ると同時に
結婚率が減っている理由が分かる気がしたorz



         
2017年04月29日

461: 名無しさん@HOME 2016/09/28(水) 21:56:43.60 0
初めてこのスレを知ったのですが、みんな苦労してるんだな…。 

いや、病弱な上に重度知的障害者(療育手帳で判定A)の兄(41)を持つ弟(38)ですが、 
自分こんな人生嫌やと時々ブツクサ言うの、少し恥ずかしく思ったり。 

でも、少し毒を吐かせて…。 
昭和8年生まれの父
(ストイック。なんでも自分でやりたがりでぶっ倒れるまで責任感持って動くが
悪く言えば文句たれ。自分の思ったことを家族にも強要する)、
10歳下の嫁(頭は少し弱いがまぁ、善人) 

で、人生歩んできたけど、兄き、これから先、どうなるんかなぁ。
幸せにはなって欲しいけど、 
兄は父を見本に生きてきたから(それも悪いとこばかり)
まぁ、暴力振るう時もあればワガママ通して聞かない時もある。
(暴力に耐えられるように体格おっきくしたり…したくないのに) 

だいぶん人生犠牲にしたとも思うけど
(多くの週末は兄貴と一緒に出かけたり、好きなとこに連れていったり、
自腹で美味しいの食べさせてあげたり。

自身は大学行きたかったし、学もそれなりにあったはずだけど、 
兄が可愛い父は、兄がこんな境遇なのにとか、
兄は養護高等学校をでてすぐに就職をしたのになにを大学とかアホか。と。 
そりゃ私の考えは人道的じゃなかったかもだけど、 
一度きりの人生だし、好きなように生きてみたかった。

今でも自分自身どう生きればイイのか最近月に1、2度は考えます。 
こんなこと考える自分がクズってのは分かっちゃいるんだけど。 
まぁ、そもそも私が生まれた理由ってのが、笑える話、 
兄がこんなだからもう1人つくっといたらとか
故人の母方のバァさんに言われたかららしいんですけどね。 

そう言う意味じゃ、私の人生、私のものじゃないのね。
お金の苦労は無縁な人生だけど(むしろヤケになってかたまにひどい浪費する時も)、 
たまにはなんか自分で自分の道を決めてみたいわ…。 
ここに書かれている皆様の少しでいいから精神的な強さが欲しい。 

…見直すと、とりとめないと言うかアホな文章だなぁ。
長文で毒吐いてすんません。


最新記事