2015年08月30日
264: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/05(日) 00:21:19.49 ID:ev08wKM2
書いて良い?まぁ勝手に書くけど…

寒い時期になると思い出す武勇伝になるのか微妙だが…個人的にはスーっとした話

大学生ん時の冬…ゼミ仲間男女数人で宅飲み(鍋)してたんだ、当時俺が好きだった娘(クォーターで滝川クリステル似)も来てた
その頃の俺はクリステルと仲良くも悪くもない普通のゼミ仲間って感じだったんだけど何とか仲良くなるキッカケが欲しかったんだ
運良くクリステルの隣に座る事に成功した俺は高鳴る胸を抑えながら必至に盛り上げ役に徹した
普段大人しい部類の俺が無茶はしゃぎしたため場は盛り上がりまくり酒の力もあってくだらないギャグでもドッカンドッカンウケまくった
クリステルもお腹抱えて笑いながら『俺くんってこんな面白かったんだね』とか言ってて心の中でガッツポ!

しかし!どんな面白い空間でも一瞬『間』が空く時があるやん?何か『フッ』と息継ぎする瞬間みたいな…
笑いが残りながら『あぁ〜面白い〜フゥ〜』みたいなヤツよ…

そんな空気の『間』にそれは突然聞こえてきた…俺の右隣…クリステルの座る席から『ボバフっ!』という爆音が振動と共に…
凍る空気…美人で才女のクリステルに向けられる周りからの疑惑の視線…これはイカんと思った俺は即座に尻から爆音を放った『ブリっ!ボボぼぼべっ!』

俺『悪ぃm(__)m連発しちまったwww』
『なんだよお前かよ!www』『クセぇよ馬鹿ちん!責任持って全部吸えwww』と視線を集めクリステルに周りの意識が向かないようにした…

その時…クリステルが照れながら口を開いた…

クリステル『もぉ〜俺くん臭いよぉ〜///』
うぉい∑(゚Д゚)と内心思ったが『ゴメンねぇ( ´ ▽ ` )ノ』と最後まで笑顔を貫き犯人は俺と周りを欺く事ができた!

後日クリステルに呼び出され謝罪と感謝をされ付き合う事に…なんやかんやあってクリステルは俺と同じ苗字を名乗りベッドで寝っ屁もカマす良い嫁になった…

胸がっつ〜より腹がスーっとした話

P.S.尻から爆音を放った時に具も少し出てた事を嫁には秘密にしている

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(122)



         
2015年08月30日
604: 1/2 2013/12/16(月) 18:15:05.51 ID:a5APmALK
うちの会社にとにかく酒癖の悪い先輩がいる。
酒の席で酔いが回るととにかく人をディスりまくりで座右の銘が「酒の上だから」
しかもやった事を覚えていない(自称)というタチの悪い酒。
ある時、俺の同期かつ同級生の奴がロックオンされた。
同期は大人しい奴で少し軽く見られていた所もあって、格好の餌食だったのだろう。
やれお前は物も碌に言えないに始まり、その他諸々聞くに堪えなかった。
俺が隣だったので少したしなめたが、「酒のry」で聞く耳持ちゃしない。
更にヒートアップした先輩は、同期の後ろ襟をつかんでガックンガックンやり始めた。

俺と一部の人間しか知らなかったが、同期はある格闘術2段、しかも実際は昇段を
していないだけで5段クラスまでなら互角に戦えるやつ。
鍛えてるようには外見上全く見えないし、普段の言動からじゃ絶対に判別不能。
学生時分もまず人と争っている所なんか見た事もない。
同期の幼馴染曰く、「泣いたら負け、ルールなら誰でも勝てる。ただ、最後まで
立ってた方の勝ちでやれば、その辺の奴にアイツが負ける所は想像できん」との事。

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(121)


         
2015年08月30日
497: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/15(日) 00:53:43.34 ID:0wbhCnK3
病院で受付してた時の話。長文と乱文でごめん。

休日になると各病院持ち回りで休日当番医って言うのをやってる。
その日も当番医で、 自分と先輩が一緒に受付。
この先輩、古株でミスは他人のせい、対応悪い、大きな声で患者の悪口とか平気で言う。
なので、他の職員も先輩の事が好きではなかった。

午後になって、ぐったりしてる男の子を連れた男性が来て、40℃近く熱があるから診て欲しいとの事。

先輩が窓口対応したんだけど、
めんどくさそうに、来るなら先に電話しろ、次の日にかかりつけ医行ったら?みたいな内容を話してた。

男性は 子供が高熱で苦しんでいる。
かかりつけ医は休みで、調べたら、この病院が当番医で開いていた。
電話しなくて申し訳無かった。しかし、当番医なのに、診てくれないのか?
ダメなら院長先生に○○が来た事を伝えて欲しい って言ってた。

先輩、はいはいって態度で、待合室で待つ様に男性に言う。

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(121)


最新記事