2019年12月12日

835 :修羅場な話 2015/09/18(金) 10:15:30 ID:vzLNykKf.net
武勇伝とは違いますが、
あと、掲示板に書き込みとかほとんどやったことないので粗相があったらすみません

ちょうど一年前くらいにバイト先で強盗にあいました。
コンビニではなく、カラオケ店です。

夜中はボチボチお客さんもいるので2~3人で仕事するのですが
朝方は暇なときは1人でも回せるくらいに静かです。

その日も静かだったのでその日一緒に働いてたおっちゃんともう一人を早めに帰しました。
1時間ばかり三人で談笑して朝7時くらいにその二人が帰った。その10分後位に表で窓の割れる音が
田舎なのでDQNがイタズラに窓を割ったのかと思い、音のした方の裏口から外に様子を見に。
あたりに人気はなく、店舗裏は田んぼなので見晴らしがいいがだれもおらず
表の道路から逃げたのかと思い表へ
走って逃げてる人影も見えず。
とりあえず110番と店長に連絡をと思い表から店内へ。


         
2019年12月12日

1 :修羅場な話 2019/08/22(木) 11:31:07 ID:jXil32y90.net
ちょい長いんだけど

俺「露/出が高ければ、より被害に合いやすいだろう。
その事を理解した上でそのような格好で外出をすれば、この限りにおいては、被害における一定の責任が認められるだろう。

女「好きな格好をして良い。襲う側が全面的に悪い」

この一点張り。しまいには化石人間扱いされたんだが これどう思う?

         
2019年12月12日

585 :修羅場な話 2015/04/07(火) 14:57:30 ID:dUFzAyEK.net
知らない女と結婚してたのが修羅場かな

俺が知らないうちに結婚してて、俺が知らないうちに刑事事件になって
知らないうちに結婚自体なかったことになってたらしい

         
2019年12月12日

627 :修羅場な話 2008/04/10(木) 08:39:05 ID:GRd2A0uh0
うちの地元に「○っちゃテレビ」という地元ケーブルテレビの放送局があるんだが、
たまに「地元警察署からのお知らせ」というのを流すんだ。
どこそこの婆さんが山に山菜を採りに行って行方不明になった云々とか。
で、先月も山へ散歩に出かけた婆さんが行方知れずになって「お知らせ」が出たんだよ。

まぁ結論をいうと、大怪我は負ったものの無事に保護されたわけなんだが。
ただ、この「大怪我」が問題でね。左のふくらはぎの一部が抉れてたらしい。
婆さんの話を要約すると
「小さな影が突然走ってきてぶつかった。尻餅をついたときには、影は消えていた。
 左足が酷く痛いので見てみると、肉が削られていた。痛みと出血の恐怖で動けなくなった」
という事らしい。持っていた手ぬぐいで傷口を押さえ、暗い山の中でガクブルしてたんだとか。
発見が早かったんで手遅れにならずにすんだそうで、その点は不幸中の幸い。

警察は野犬に噛まれたんだろうと判断したんだけど、治療にあたった消防の人が
「これは動物が噛み付いて出来たような傷じゃない」と反論したんだけど「じゃあ何だよ?」と問われて答えられず、結局「野犬の仕業」に。
何十年か前にも山の中で似たような事が起きていたそうだけど「関連性.はなし」ということで警察は無視。
地元の年寄りの何人かが「みょうけん様かなあ」と言ってたが、それがなんなのかは不明。
(山の中にはみょうけん様がいる、ぐらいしか話が伝わってないそうだ)

すぐ近くの山の中に、人を襲うような何かがいると考えると少し背中が寒くなった。

         
2019年12月12日



861: 名無しさん@HOME 2014/05/08(木) 14:59:41.68
義兄嫁、普通の人だと思ってたのにうへーって思った 

子供が同じ小学校で義兄家は高学年、うちは低学年で通ってて、今日は参観日だったんだけど、 
自転車置き場でいきなり義兄嫁に声かけられて、自転車借りてくよー鍵貸してって、貸すのが決定してる感じで言われた 

義兄嫁の横には月齢低そうな赤ちゃんを抱っこひもで抱いて、機嫌悪い2〜3歳の子の手を引いた割と年配のママさんがいて 
義兄嫁がそのママさんに 私の自転車!! を 勝手に貸す約束して待っていたらしい 
幼児が眠くてぐずってるからかわいそうでしょって言われても、義兄嫁の自転車じゃなく私のを勝手に貸す約束すんな 

うちの自転車はヤマハの電動の子乗せ自転車で後輪にでかでか名前が書いてあったから発見しやすかったと思うが、貸す約束なんてしてないし
赤ちゃんと幼児載せてなれない電動で転ばれたら怖いから断って、振り切って、そのまま自転車乗って帰った

帰ったら義兄嫁からメールが来てて、あの年配ママはスポーツ少年団のボスママさんだそう
だからどうした(うちの子は少年団に入って無し)としか返事のしようがないので無視してるけど、なんかメールの数が増えてる・・・



         
2019年12月12日



1: 名無しさん@おーぷん 2019/03/06(水)15:51:40 ID:Xku
ワイ「ハーゲンダッツ勝手に食ったことなのに(全部知ってるぞ吐け)」
嫁「3年前からワイ君の友達と‥すまんな」
ワイ「‥」



         
2019年12月11日

119 :修羅場な話 2015/09/08(火) 19:11:59 ID:G9J
ペットの犬以下と罵られて育った
軽トラの荷台に乗せられて山に捨てられたこともあった
(連れ戻しに来たが「何故戻ってこない」と蹴られた)
殴る蹴るはほとんどなかったがよくハエ叩きでビシビシとやられた
まあ他にも色々・・
ちなみに兄もいてそっちは長男教に染まってしまってよく殴られた
それでも兄の暴力よりあいつらの虐待の方が辛かったな・・

なんとか高校出て就職して転勤理由に引っ越してそっから転職→引っ越し
これで逃げ切れたと思ってた・・
そしたらどうやったのか戻ってこいと連絡があった
あいつらの手のひらだったんだな、居場所も仕事も把握されてた
すぐ昔のこと思い出して怖くてせっかく就いた仕事も辞めて実家に戻ってしまった

実家に戻ると「お前が家を継げ」と言われた
兄は仮面浪人だったがその後もあいつらの要求するレベルの大学に行けず、
挫折して引きこもりになってしまったって
それ聞いてザマァとも思わなかった、同情もしなかったけど
ただ兄も自分と同じ、あいつらの犠牲者なんだなと思った

けど自分の待遇が長男格になった訳じゃなかった
長男は兄で失格。次男の自分は最初からゴミ、今でもゴミだけど失格者よりマシ?ってだけ
要するにあいつらと兄の面倒を見つつ仕事をしてさらに家業(農業)やれってことだった
そんな無茶な要求にも怖くて逆らえなかった

         
2019年12月11日



1: 風吹けば名無し 2019/03/19(火) 21:13:21.59 ID:2EjklwVAr
私は22歳。彼氏は25歳。彼氏は社会人二年目です。

婚約指輪をもらいました。
TIFFANYの婚約指輪で0.24カラットです。

ダイヤが小さくてショックで泣いてしまいました

私は結婚式もこだわらないため喫茶店とかカフェで簡単な式でいいよねって彼と話してたし結婚旅行も得にこだわらないし、こだわったのは婚約指輪だけだったんです。
それに二人共子供苦手なので将来的に子供を産むつもりもありません

なのに婚約指輪のダイヤが小さくてすごくショックで過呼吸になるくらい号泣してしまい ました

私の母やおばあちゃんは婚約指輪のダイヤ小さいねとかって批判してくるようなタイプの 人です

きっと言われるんだろうなって思うと辛いし



         
2019年12月11日

730 :修羅場な話 2014/09/30(火) 12:23:26 ID:???
夫の元妻が糞トメ化して凸して来た時が衝撃だった。

夫は20代の頃に一度結婚していて、お相手は
物凄く仕事が出来る女性.上司だったそう。
高学歴で美人で出自も良くてサバサバで、
ちょっとだけ付き合ってすぐに
「よし、私達結婚しよう」と言われたそう。
高収入で仕事が出来るおしゃれな若い夫婦の誕生で
ドラマのような生活を送っていたそうだけど、
二人とも余りに仕事人間過ぎて生活が持たず、
やはり女性.上司の側から
「よし、もう分かった。離婚しよう」と言われたと。
3年弱の出来事で、夫は突風のような日々だったと
言っていた。
女性.上司は、私やっぱり結婚向いてなかったわ!
あんたもだけどね!とゲラゲラ笑っていたそうだ。

それから10年経って夫は私と出会って結婚した。
花火が見える新居なので、会社の方や友人を招いた。
そこに招いていないのに元妻さんがやってきた。
旦那は既に転職していたけど、元妻さんは
同じ会社で順調に出世しているから、まあいても
おかしくはないかな?と思って歓迎してた。

その時は普通だったんだけど、その翌週末に
元妻さんがアポ無しでうちにやって来た。
この間のお礼だよー、とお菓子を持って。
勝手に中に上がり込んで来て、家の中をジロジロ見て
「やっぱり!」と言ってアレコレ駄目出しをし始めた。
それがまさに糞トメな言分と振る舞いだった。

・冷蔵庫開けて「食材のバランスがなってないよ」
・リビングで「これ毎日拭き掃除してないでしょ」
・観葉植物に「この種類はだめなんだよねー」
・食器棚見て「お皿はもっと良いものを集めて」
しまいに私のお腹(臨月)をぽんと叩いて
「これから子供産まれるのにそんなんでどうするの!
家具も、こんなんじゃ赤ちゃんに危ないよ。考えてる?」

         
2019年12月11日

154 :修羅場な話 2011/08/17(水) 10:30:57 ID:7WzrXp42
あれはちょうど10年前のことなんですが、当時高校三年生だった私は他校の四人組のDQNに
カツアゲに会いました。
以下、連中をA、B,C,Dと呼称を振り分けます。
私は稽古が厳しいことで有名な空手道場に6年通っていたのですが、ケンカをしたことはありませんでした。
だから、DQNに囲まれたときもすっかりビビってしまい
「ぼ、ぼ、ぼ、僕は空手やってるんだぞ。強いんだぞ」と叫んだら、声が裏返ってしまいました。

そしたら、DQNどもは大爆笑しました。
A「そうか、そうか、空手やってんだ。すごいね~」
明らかに信じてない口調で言います。
A「ローキックってあんだろ? あんなんでホントに人が倒れるわけ?」
私「モロに入れば」
A「じゃあ、さ、オレにローキックしてみろよ。それでオレが倒れたら、許してやるよ」
他の三人もニヤニヤしながら、馬鹿にしたようにこっちを見ています。
私「じゃあ、蹴るから、前の足のほうに体重かけてください」
A「こうか?」
私「そうです。じゃ、蹴ります」

そこで、私は思いっきりローキックを放ちました。
Aは「はおうわ!」みたいな声を出して、そこに倒れました。

そこで、私は思いっきりローキックを放ちました。
Aは「はおうわ!」みたいな声を出して、そこに倒れました。

すると、Bが「テメェ、何しやがった」と叫びました。
いや、何しやがったって、ローキックですよ? Aがしろって言ったからしたんですよ? あなたも聞いてたでしょ?
と、言おうと思ったら、Bが殴りかかってきました。
それが、ものすごいオーバーアクションで振りかぶってきて、まるで野球のピッチングのようでした。
殴られるの嫌だったので、Bの腹に前蹴りを入れました。
ダメージを与える蹴りというよりは、相手を吹き飛ばして、距離をとるための蹴りです。
ところが、その蹴りでBがガックリと膝をつき、食べたものを吐き出しました。

最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー