2015年10月03日
733: おさかなくわえた名無しさん 2012/05/29(火) 19:40:04.90 ID:kZh0hkey
>>727
理性的で頼もしい母△
それに比べてA一家ときたら揃いも揃って…w

便乗して30年くらい前の母ちゃんの武勇伝。

当時うちの母は独身で、会社勤めをしていた。
その会社で社員旅行があり、
ある温泉街の旅館で一泊したそうだ。
その夜は宴会があったのだが、母は宴会を欠席して部屋に居た。
なぜなら母の同僚の女性が体調不良(虫歯)で寝込んでしまったのだ。
歯が痛むのは辛かろう、一人で居るのは切なかろうと
母は同僚に付き添っていた。

そして事件は起こった。
実はその旅館にはもう一組団体客が宿泊していた。
それは…修学旅行の小学生。
その小学生のうち一部分のクソガキどもが、
母たちの部屋にピンポンダッシュならぬノックダッシュを仕掛けたのだ。
扉をノック→母が扉開ける→逃げる複数の足音と男子の笑い声。
これが2回繰り返された時、母はキレた。

室内、扉の前で待機する母。
愚かにも3回目のノックダッシュを仕掛けるクソガキ。
扉をノックされた瞬間、扉を開ける母!
一瞬の驚きの後、逃げるクソガキども!!
「その中のトロくさいのを一人」捕まえた母は、
トロくさいクソガキを引きずって教師の部屋へと案内させた。

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(106)



         
2015年10月03日
305: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/09/17(木) 21:13:04
もう気団じゃなくなっているが、どこに書いてよいのか判らないので報告。
リーマンショックよりちょっと前の話。

俺は東南アジア方面に5年ほど単身赴任していた。
結婚後10年で小梨の嫁は日本暮らし。

帰国後、社に戻り、上司から書類を預かり、久々に自宅へ帰宅。
満面の笑顔で俺を出迎える妻。
俺は書類を渡し、一言。
「さあ、書類を読んで離婚の話をしようか。」



さらに1年前にさかのぼる。
上司から俺の赴任先へ国際電話がかかってきた。
この方、単なる上司ではなく、大学時代から仲良くしていた先輩でもあり、また上司妻は嫁の同僚でもある。
「実は、お前の嫁さんが浮気しているようだ。
相手は嫁さんの同僚らしい。
お前に聞かせるか迷ったが、耳に入れとくことにした。
まだ赴任期間は1年あるが、俺にできることなら協力してやる。
どうする?」
との事。
最初は俺を担いでいるのかとも思ったが、昔からの付き合いで嘘をつくような方じゃない事は判っている。
詳しく話を聞くと、上司妻の会社で嫁と男同僚同僚(以下A)が怪しい、と噂になっているらしい。
例えば、いつも昼食は一緒、二人で残業を合わせ最後まで二人とも残っている、飲み会の終わりには必ず二人で消える、等等。

バイアスがかかっているのかもしれないが、「そりゃ黒だろう。」てな話ばかり。

かといって、上司も仕事があるわけだし、上司嫁に迷惑をかけるわけにもいかない。
上手い話で、大学時代、上司や俺とよくつるんでいた先輩が探偵やっていたので、その方に依頼することにした。
申し訳ないが、海外にいることもあり、帰国したら料金一括返済でお願いした。
後は上司嫁が協力してくれ、会社の状況を逐一探偵先輩に連絡してくれることに。



         
2015年10月03日
218: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/24(月) 00:06:03
先生待ちのとこ邪魔するぜw

俺…35歳 
嫁子…27歳

元嫁…33歳
元嫁夫…元嫁の再婚相手 
○子、○男…7歳、4歳 離婚時幼かったため引き取れず、元嫁の所で生活
△男…元嫁と元嫁夫の間の子供

結婚して子供も生まれて幸せだったが、
段々元嫁の様子がおかしくなってくる。
何というかベタだけど携帯をトイレにまで持ち込んだり、
夜中コソコソメールしてたりって感じ。
で、ちょっと締めたらゲロッた。
中々良い体してたし、チヤホヤされるのも楽しかったらしい。
ちょっと「アタシって悪い女…ウットリ」って感じで腹たった。
もちろん離婚切り出したんだけど、
元嫁は不倫相手と再婚する気満々であっさりOK。

最後の最後まで親権養育権で争ったが、途中で挫折。
上も下もかわいくてかわいくてしょうがなかった俺はかなり荒れたが、
とにかくこいつらに苦労だけはさせまいと、養育費月10万、必ず振り込んだ。

その後、風のうわさで元嫁が不倫相手とは違う男と再婚した事を知る。
そして自分も再婚。
今嫁はしっかり者で、きちんとした女、子供を思うと切なくなる時もあったが幸せ。


         
2015年10月03日
727: おさかなくわえた名無しさん 2012/05/29(火) 13:26:50.69 ID:x1bXqKip
私が小学生の頃、母の武勇伝です
携帯からなので改行おかしかったらごめんなさい
母は父方の自営業手伝いで忙しかったが、推薦でやむなくPTA会長に
嫌だったが、やるからには仕事をしっかりこなす母
子供ながら母さん大変そうだなと思ってた
そのPTAに立候補で役員になったAママ
こいつが草加でめんどくさいやつだったらしく、
会合の度に「ためになるお話があって…」と
聖●新聞やら●作先生著者やらのコピーを配り布教活動
母ははじめは困惑し何も言えなかったが、
Aママ布教活動のせいで話し合いが長引くこと多々
ただでさえ忙しい合間ぬって参加してるので段々怒りが込み上げてきたらしい
ちなみに先生は空気だったそうな
ある日の会合で
Aママがいつも通り布教タイムに入ろうとしたら、
母「Aママさんが何を信じようと信教の自由があるのでかまいませんが、
ここはPTAです。こども達のために父兄が集まって活動する場所です。
ここで宗教のお話をするのは筋違いですよ。
私が会長のうちはそういった話題を持ち込むことを禁止します。いいですね、みなさん?」
集まった父兄からは拍手の嵐
顔を真っ赤にしてAママは椅子に座った、この間も先生はエアー

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(106)


         
2015年10月03日
685: おさかなくわえた名無しさん 2012/05/25(金) 06:25:10.67 ID:IB4TlBH5
地下鉄内、幼稚園児の男の子が靴を脱ぎ窓方向に正座状態で。
子「地下鉄なのに外を見るぜ〜、どうだ、チャイルドだろ〜。」
母「もう良いからちゃんと座って!」

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(106)


         
2015年10月03日
158: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/03(金) 16:39:28
恋愛ネタじゃないが、投下。

俺は身長が2メートル強。
しかも重症なヘルニア持ちで、腰をとっさに屈める事が出来ない。
このため、子供が2歳になってからは、犬みたい、と評判が悪い子供用ハーネスを使っていた。
(リード、とも言う。リュックサックみたいな形状で、親が持つ取っ手付紐が付いている)

当然、周囲からは評判が悪い。
『子供をペット扱いしている。』
なんて、散々言われた。

まぁ、ほとんどが陰口だったんだが、中には面と向かって言ってくる人も。
それが、お隣のA子さん。
町会の取りまとめ役を進んで引き受けたりもするいわゆる学級委員タイプ。
『ハーネスは子供の成長によくない。』
『腰が痛い、なんていうのは、単なる言い訳』
『子供への愛情が不足しているから、そんなものを付けさせる。』
なんて、言いたい放題。
直接俺や嫁に言うだけじゃなく、周りにも言いふらす。

その影響が出てきて、他の連中まで俺たちを白い目で見始めたころ。
商店街近くの交差点で、A子さん家族と会ったんだ。
夫婦に、4歳の子供。
自分の子供を見ずに、俺たちへ注意し始めるA子さん。
旦那もしたり顔で、A子さんと一緒に俺たちを注意するだけで、子供を見ていなかったらしい。

しかし、俺の子供とA子さんの子供が赤信号を飛び出してしまった。
俺たちの子供はハーネスを付けていた為、咄嗟に引っ張って大丈夫だった。
しかし、A子さんの子供は、折り悪く走ってきた車に轢かれてしまったんだ。
結果、重症で入院する事に。

事故処理終了して、数日後。
家にいきなり警察が来た。
俺の子供がA子さんの子供を突き飛ばした傷害致傷、って事になってた。
で、警察署へ連れて行かれ、事情聴取。
状況を説明し、警察は納得したが、納得できないのはA子さん。
周りにうわさを流す等シャレにならなくなってきたので、弁護士に相談、民事訴訟を起こす事に。


         
2015年10月02日
89: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/03/04(水) 19:12:46
短期の単身赴任先でおいたをした友人が、
物の見事に一部始終を嫁に目撃されていたらしく、
奴隷並の従属生活に突入して3年。
タバコも止め、酒も週に発泡酒を3本まで。
許可なく外出できず、携帯も常にGPSで監視。
反省しすぎてちょっと気が触れそうにまでなってた。
内心「当然の報い」と思いつつ、少し気の毒だった。

そんな友人が最近、飲み会に参加出来るようになった。
なんでも、素直に従属し続ける旦那に対して、
どうも嫁さんが調子に乗ったらしく、セッ●スフレンドを作ったらしい。
友人は少ない小遣いを貯め、興信所に依頼し、
立場が逆転するほどの証拠を手に入れたそうな。

それを持って親族の集まりで得意のプレゼン。
「あなただって浮気したでしょ!」との怒号も
「どこに証拠が?言いがかりはよしてくれ」で封殺したとの事。

ということで、主導権奪回に成功した友人は、
先ほど経理の独女と一緒に帰って行った。
さて、嫁さんに電話してやるか。


         
2015年10月02日
665: おさかなくわえた名無しさん 2012/05/22(火) 15:18:33.32 ID:rPo09vLn
以前電車に乗った際に見た話。
ドア横の席に母親と小学生くらいの子供、ドア脇〜親子の前と囲むような形で制服姿の
高校生男女が立った。(頼りなさ系男子3名がドア脇、元気いっぱい女子2名が席の前)

ところがこの女子、口も悪かったが、男子達を叩くわ蹴るわ。
一応仲良しっぽく、ふざけてらしいが「オメー何言ってんだよ!」と親子前の立ち位置から
足を延ばしてドア横の男子達にケリを入れだした。
最初は「まーこういう付き合いが楽しい時期もあるしなぁ」と生温かく見ていたが
あまりに何度もだし、声も大きいしうるさいなぁと思っていると、親子連れのお母さんが
「やめなさい!行儀悪い!!」と一喝し、蹴りに入った女子高生の足をぺしっと叩いてた。
お母さんあちゃ〜やっちまった〜みたいな顔で顔真っ赤。高校生達ポカーン。

でもそのお母さんが降り際、気まずそうな女子達に「さっきはごめんね、
でもせっかく可愛いのにもったいないよ」と言って降りてた。

私も同じ駅で降りたけど、近くを歩いてたらその親子連れの会話が聞こえてきた。
子「おかーさんかっこいー」母「かっこいいじゃないよ!、あー恥ずかしかった。
もーいつもあんたたちがお母さんを叱らせるからこういうことに」子「なんでだよ!」
みたいな会話してたのが面白かった。

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(106)


         
2015年10月02日
696: 名無しの心子知らず 2013/10/09(水) 11:08:24.81 ID:o0Lozoh7
相談させてください。
中1の娘が学校に行きたくないと言い出しました。

9月から社会で新聞を作る課題があり、
提出日の前日は仕上げを遅くまでしていた。
そして当日、教師から提出日が決まっていたら
予め不備がないか、自主的に教師に伺いを立てるのが常識だ。
誤りがあるものは、提出を受け付けないと跳ね返されたらしい。
受け付けてもらえたのは1クラスにつき5名以下で
今、それが廊下に掲示されているらしい。

娘が新聞に対して、真剣に取り組んでいたのは知っている。
受け付けてもらえなかった新聞は捨ててしまったとのこと。
見出しが1箇所だけ比喩的表現になっていて
新聞に不適切ということで、その表現を意味不明とまで言われたらしい。
このことが原因で学校に行きたくないようだ。

この教師が厳しいことは前から知っていた。
気をつけ、礼を軍隊みたいにピッタリ合わせないと授業が始まらない。
発表に対して、ダメ出しばかりで滅多に褒めない等。
私自身、教師の方針が間違っていると思う。
少なくとも、間違いがあるものを受け付けないことは
授業中に周知すべきことで、1月かけて作り上げたものを
ミスだけ指摘して、評価することを放棄するのはおかしい。
今日は、どうしても辛くなったら早退しても良いと言って学校に行かせた。

担任には相談してみようと考えていますが、
娘には無理してでも学校へ行くように言って、問題ないでしょうか?
学校に行きたくないと言ったのは今回が初めてです。
強制させることで万が一不登校になったらという心配があります。
ご意見をお願いします。


         
2015年10月02日
587: おさかなくわえた名無しさん 2012/05/16(水) 01:37:29.91 ID:HvUQlSq1
以前、電車内ではしゃいでいた厨房?12〜3才くらいの集団に遭遇。
俺の隣のおばさんにガンガンぶつかってたが気にせずじゃれてた。
俺は小児科勤めなこともあって子どもがじゃれてるのを見るのは好きだが、
さすがに帰りのラッシュでこれは迷惑だしおばさんも可哀想だったので、
なるべく怖い口調で叱った
ちなみに俺の外見は優等生・学級委員タイプの30代女
「いい加減にしなさい!人にぶつかって迷惑なのが分からないの!」
ガキども、一瞬しーん。車内もしーん(でもたぶんGJ思われてた)
おばさん、俺の一言に励まされたのか
「そうよ、子どもだからってダメよ」とかのっかってきた
そしたらガキ1名、ふてくされた顔で「おれたち、子どもじゃありません!」
かわえええええええええ!ガキかわええええ!
「子どもじゃない」とか思春期入りたてのガキしかいわねーよ!
必死でにやけるの押さえつつ、なるべく怖い怖い顔で
「だったらもっとちゃんとしなさい!」
ガキども、再びしーん。

降りる駅まであと5分てとこだったけど、ずっと怖い顔維持し続けるの大変だったw
子ども好きだからこそ叱ることもあるんよ
あれで子どもら反省してるといいな

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(106)


最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー